ツイッターやってます!

 

皆様こんにちは!

e☆イヤホン海外事業課のすずきです!

 

この度、シンガポールのケーブルメーカーNull Audioから発売のロングセラーモデル「Luneシリーズ」に新コネクターが登場します!これまで、IE900,600,300用ケーブルの選択肢が少なかったですが、よりお手軽にリケーブルをお楽しみいただけるようになります。

Lune MKVII IE-MMCX

 

 

本日1/13(金)より発売!!

 

Lune MKVII (IE-MMCX) ¥19,800

4.4mm/2.5mm/3.5mm

 

Lune MKVII/8Wire (IE-MMCX) ¥35,750

4.4mm/2.5mm/3.5mm

 

※8Wireはお取り寄せ商品です

 

 

 

■特注の銀/レアメタル素材による合金導体・UPOCCキャスト
従来の2倍以上になる「1芯あたり126本」構成にすることで、高解像度で正確なイメージング、自然な余韻の響きまでも表現します。 従来比で、線材全体の断面積を75%増やし抵抗を減らすことで、オーディオ信号の伝達をスムーズにします。 伝送の位相ずれや歪みを最小限に抑えながら、全ての音域で非常にクリアな音質を実現しました。

 

■最大限の強度・柔軟性を備えた外被覆
Lune MKVIIは、軽量かつ黄変しにくい耐久性に優れた強化絶縁スリーブを採用しました。 これにより、タッチノイズの低減化を実現し、さらに、内部に個別のPVD蒸着コーティングを施すことで、導体を酸化から保護します。

 

 

■アルマイト処理を施したシンプルなアルミニウム合金パーツ
Null Audioオリジナルの各種パーツは、高級感のあるシンプルで上品なデザインに仕上げられ、より一層ケーブルの美しさを際立たせます。アルミ素材を使用することで、全体重量の軽量化も実現しています。

 

スタッフレビュー

 

Lune MKVIIはすでに発売して久しいため、本レビューでは4芯と8芯の違いに重点を置いてレビューいたします。

 

■使用感・デザイン

 

しなやかかつ軽量な線材のおかげで、芯数が変わっても取り回しに影響はありませんが、ケーブルの細さという点では取り扱いやすさで4Wireに軍配があがります。8Wireモデルも見た目以上のしなやかさで、ケーブルを巻いたときの素直にまとまる線の柔らかさは、普段使いでもストレスになりません。アルミ製のコネクター&分岐部は軽量ながらしっかりした作りで高級感があります。

 

 

■音質

 

4Wire
銀+レアメタルの合金導体を採用しているのがLuneシリーズの特徴です。銀ベースのためか、一聴して中高音の伸びや響き、煌びやかさを感じます。若干ドライな印象はありますが刺さりはなく、高解像度で細やかなところまで綺麗に鳴らします。また、適度に厚みのある低音のおかげで線の細さは感じません。中低音域のスムーズな繋がりがサウンド全体に滑らかな印象を与えています。

 

8Wire
ぐっと厚みと滑らかさが増し、全体的に解像度が上がります。繊細さと余韻の表現力が向上した中高音と、より深みと広がりのある低音で、全体の音数が増えた印象です。4Wireの特徴をそのままスケールアップしていますが、ドライな印象はなくなり、濃厚で聴き応えのある豪華絢爛なサウンドにシフトしました。

 

 

まとめ

銀ケーブルらしい音のすっきり感や純正ケーブルのような取り回しの良さを求める場合は4Wireを、よりアップグレード感を味わいたい、万能に様々な楽曲ジャンルを楽しみたい場合は8Wireモデルがオススメです。

 

しっかり違いがあるからこそ、目的や利用環境に合わせてお選びいただけるケーブルだと思いました。IEシリーズに使える数少ないケーブル、ぜひ一度お試しください。

 


 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

Luneシリーズは音・品質ともにハイクオリティなケーブルです。純正ケーブルの断線、リケーブルで音の変化を楽しみたい、バランス接続を試してみたいなどなど、さまざまな場面で活躍してくれると思います。ぜひ一度お試しくださいませ!

 

以上、代理店事業課のすずきがお送りしました!

 

 

 

ツイッターやってます!

UE,VE,EMPIREなど、海外オーディオメーカーに関するつぶやき多いです。

フォローよろしくお願いします!

  

この記事を読んだ人におすすめ