JBLから約2年ぶりとなるワイヤレスイヤホンのアップグレードされたモデルが登場!


 

どうもです!試聴ができるイヤホンヘッドホン専門店e☆イヤホン

PRスタッフの『ひらしー』です!

 

 

今回ご紹介するのは『JBL』から発売されるワイヤレスイヤホン『TUNE 125BT』です。

2017年に発売された『TUNE 110BT』2020年に発売された『TUNE 115BT』のアップグレードモデルとして発売される『TUNE 125BT』ですが、いったいどのような点がパワーアップしたのか、早速見ていきましょう。

 

 

 

『JBL TUNE 125BT』

JBL TUNE125BT

JBL TUNE125BT

 

▼JBL TUNE 125BT e☆イヤホンweb本店価格 ¥3,960-

 

 

 

TUNE 125BTの特徴

・JBLならではのパワフルサウンドを手軽に楽しめる
・前モデルから2倍となった最大約16時間のワイヤレス音楽再生
・2台のデバイスに同時接続可能な、マルチポイント対応
・快適な装着感のコンパクトデザイン。使いやすいケーブルマネジメント
・音量調整・曲の操作・通話が可能なマイク付き3ボタンリモコン搭載

 

 

 

JBLならではのパワフルサウンドを手軽に楽しめる

高品質8.6mm径ダイナミックドライバー搭載

高品質8.6mm径ダイナミックドライバー搭載

 

高品質8.6mm径ダイナミックドライバーを採用。手に取りやす価格帯ながら音質には妥協せず、JBLらしい力強い低音とクリアな高音域を実現したBluetoothワイヤレスイヤホンです。世界中の音楽シーンで活躍しているJBLサウンドを手軽にお楽しみください。

 

 

 

前モデルから2倍となった最大約16時間のワイヤレス音楽再生

約2時間の充電で、最大約16時間のワイヤレス再生が可能となり、前モデルから2倍となる大幅なアップグレードを実現。また、充電ポートはUSB Type-Cとなり、10分の充電で約1時間の再生ができる便利な急速充電機能を装備。通勤や通学での使用も充電切れの心配をすることなくお使いいただけます。

 

 

 

2台のデバイスに同時接続可能な、マルチポイント対応

2台のBluetoothデバイスに同時接続と、スムーズな切り替えが可能な「マルチポイント」に対応。普段、音楽再生をしているスマートホンなどにBluetoothで接続しながら、デスクトップやタブレットなど他のデバイス1台ともペアリングできるため、PCでオンライン会議中に、スマートホンに電話着信があっても聞き逃しや取り逃しを防ぐことができます。

 

 

 

快適な装着感のコンパクトデザイン。使いやすいケーブルマネジメント

バッテリーパックやBluetooth受信機などをケーブルに配置することで、耳元にすっきり収まるコンパクトなハウジングデザインを実現。また、ケーブルは断線しにくく、バッグなどに収納した際にも絡みにくいフラットケーブルを前モデルから継承。さらにイヤホン部にマグネットを内蔵しており、イヤホンを使わないときは、首の前で左右のイヤホンをマグネットで留めることができるため、イヤホンを装着していない時でも、カバンにしまうことなく、首にかけたまま安心して移動が可能。快適なケーブルマネジメントを実現しています。

 

 

 

音量調整・曲の操作・通話が可能なマイク付き3ボタンリモコン搭載

3ボタン搭載リモコンで手元で操作可能

3ボタン搭載リモコンで手元で操作可能

 

ケーブルには、マイク付き3ボタンリモコンを搭載しており、音量調整・曲の操作(再生・一時停止・曲頭戻し・曲送り)・ハンズフリー通話応対が可能。移動中や作業中などでもカバンからスマートホンなどを取り出すことなく、首元のリモコンで簡単に操作ができます。

 

 

 


 

▼JBL TUNE 125BT e☆イヤホンweb本店価格 ¥3,960-

 

今回ご紹介した『JBL TUNE 120BT』はe☆イヤホン全店にてサンプルの展示を予定しております。

ぜひ店頭にてお試しください!

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

Twitterのフォローもよろしくお願いします!

PR部のひらしーがお送りしました。

 

※記事中の商品価格・情報は掲載当時のものです。

ひらしー
日本語ラップ、MCバトル、アニメ、アニソンが好きです。主にワイヤレスイヤホンを使っています。オーディオ初心者なので、色んなことを吸収していきたいと思います! よろしくお願いします!
  

この記事を読んだ人におすすめ