どうも!秋葉原店本館3FスタッフのAKIRAです!

 

 

気付けば夏も終わり段々と涼しい日も増えて秋が近づいてきている感じですね。

 

この時期になってくるとヘッドホンの蒸れもだんだん気にならなくなるからか、

自宅でヘッドホンを聴く環境を整えたい、という方の来店も増えてくる印象です。

 

 

というわけで今回は、

自宅のオーディオ環境を検討している方に向けたイベントを開催いたします。

 

コンパクト据え置きDACアンプ体験会

 

開催日時:9/24(土)11:00~20:00

 

場所:e☆イヤホン秋葉原店本館3F据え置きコーナー

 

 

アクセスはこちら☞e☆イヤホン秋葉原店

 

 

ここからは実際にご試聴いただける商品を一部ご紹介します!

商品紹介

 

iFi-Audio(アイファイ・オーディオ)

 

サイズ:117mm(横幅)×100mm(奥行)×30mm(高さ)

A4の紙に乗せて真上から見たイメージ。色付き部分が商品の大きさです。(以下略)

 

まずは定番!

 

自宅でヘッドホン環境を作ろうとお考えの方であれば一度は見たことがあるんじゃないでしょうか。

 

コンパクトなサイズ感バランス接続まで搭載されつつ価格も比較的お手頃になっています。

 

 

ZEN DAC Signature

サイズ:117mm(横幅)×158mm(奥行)×35mm(高さ)

ZEN CAN Signature

サイズ:117mm(横幅)×158mm(奥行)×35mm(高さ)

上下に重ねることもできますが、サイズ比較では横並びにしてみました。

 

ZEN DACよりも音にこだわりたい!という方への提案として、こちらも定番のZEN Signature Setです。

 

DACとヘッドホンアンプが独立しており、配線用にバランス仕様のケーブルが付属しておりかなり本格的。

 

コンパクトなヘッドホンシステムはロマンがありますね!

 

 

 

サイズ:214mm(横幅)×146mm(奥行)×41mm(高さ)

横置き時のサイズ比較です。

 

入力端子が豊富で縦置きもできる強みがあります。

 

また液晶は縦横に自動認識で切り替わります。

 

Bluetooth入力もあるので、配線をスッキリさせることもできます。

 

音質はZENシリーズよりも少しリスニング傾向な印象です。

 

 

 

FiiO(フィーオ)

 

サイズ(突起部含む):120mm(横幅)×146.5mm(奥行)×55mm(高さ)

横置き時のサイズ比較です。

 

USBや光、同軸のほか、RCAのアナログインプットが搭載された入力系統が豊富な商品です。

 

少し厚みがありますが、幅と奥行きは抑えつつ3段階のゲイン調整ができます。

 

シンプルさと機能のバランスが良い使いやすいDACアンプです。

 

 

 

aune audio(アウネオーディオ)

 

 

X1sGT

aune audio

40,900

サイズ:145mm(横幅)×171mm(奥行)×45mm(高さ)

少し奥行きがあります。電源が付くとボリュームの根本が赤く光るギミックが格好良いです。

 

ZENシリーズ以外にも4.4mmバランスが使えるお手頃なDACアンプがコチラです。

 

音質に関してアタック感や厚みの持たせ方がノリの良さにつながっていて、聴いていて楽しい音作りだと思います。

 

ZEN DACともぜひ聴き比べていただきたい商品です!

 

 

 

Audioengin(オーディオエンジン)

 

 

 

 

 

サイズ:95mm(横幅)×89mm(奥行)×25mm(高さ)

かなりコンパクトです。高さも低いので、ちょっとしたすき間にも置けそうです。

 

サイズがかなり小さいので、比較的環境を選ばすに置けるんじゃないでしょうか。

 

音質は立ち上がりのハッキリとしたクールな傾向です。

 

小さくても意外としっかりと鳴らしてくれます。

 

 

 

SHANLING(シャンリン)

 

 

EM5

SHANLING

105,600

 

 

サイズ:188mm(横幅)×238mm(奥行)×55mm(高さ)

大きいですがプレイヤー内臓なので、実質これだけで環境を構築できます。配線も電源ケーブルだけでOK!

 

一気にサイズ感が大きくなりましたが、この商品はウォークマンのようなオーディオプレイヤーが内臓されています。

 

これだけで操作が簡潔できるほか、スマートフォンからアプリを使って遠隔で操作なんかもできちゃいます。

 

EM5はできることが多く非常に便利なので、ぜひ一度実機に触れてみて欲しいです!

 

 

 

RME(アールエムイー)

 

 

 

サイズ:215mm(横幅)×150mm(奥行)×52mm(高さ)


コンパクトながら歪みが少なく詳細に設定可能なイコライジングやデジタルフィルターなどの豊富な機能が魅力。

 

ADI-2 DAC FSはオーディオインターフェイスを手がけているRMEが忠実にモニターできるニュートラルな音質と解像度はそのままに、より再生に機能を特化させた商品です。

 

面白いのはヘッドホン用の6.3mm標準出力のほかに、高感度なイヤホンでも使える3.5mmステレオミニ出力が搭載されています。

 

ヘッドホンユーザーだけでなく、イヤホンユーザーにも試していただきたい商品です。

 

 

 

MYTEK Digital(マイテックデジタル)

 

サイズ:140mm(横幅)×225mm(奥行)×44mm(高さ)

コンパクトなのに中身の1/4くらい大きな電源部があったり、コンデンサーなどもみっちり詰まっているようです。

 

ニューヨークに本拠を置く高級オーディオ機器メーカーMYTEKが、コンパクトなサイズ感でありながら音質にも妥協せずに作った小型高性能DACアンプです。

 

フラッグシップ機では約80万円ほどのDACアンプを扱っていたこともあり、LIBERTY DAC IIにもその技術が盛り込まれているようです。

 

「音質にできるだけこだわりたいけど、大きいのは机には置けそうにない・・・。」という方にこそ聴いていただきたい商品です。

 

 

 

※記載したサイズはメーカー公表値を参考にしています。

 

 

このようなラインナップとなっております!

 

サイズに関して、配線部分の余裕も必要なので実際は後方に少し広めに見積もる方が良いかと思います。

 

それでもA4サイズとの比較で、なんとなく自宅の机にどんな感じで置けるかな〜とイメージできたのではないでしょうか?

 

ぜひ、このイベントにもご参加いただいて肝心の音質も確かめてもらえればと思います!

 

愛用のヘッドホンやイヤホンの持ち込みも大歓迎!

 

音源はスマートフォンやDAP、USBメモリやCDからでも再生することができますので、ご希望の際はスタッフにお声かけください!

※機器の仕様によっては対応できないこともございます。事前に確認したい場合は、窓口よりお問い合わせくださいませ。

 

据置コーナーのご利用案内は、下記ブログもご参考ください!

【#推しコーナー】秋葉原店本館3階より据え置きコーナーをご紹介!

 

 

 

以上、秋葉原店のAKIRAからでした!

 

AKIRA
AKIBA(アキバ)のAKIRA(アキラ)です!アトリエシリーズのサントラとか好みます。割と節操なく色んな音楽聴く方なので、なんか面白い音楽あったら教えて欲しいです!気軽にお声がけください~!
  

この記事を読んだ人におすすめ