高純度無酸素銅を使用したケーブル「06シリーズ」のT2コネクタタイプが登場です!


 

イヤホン・ヘッドホン専門店『e☆イヤホン』PR部のバンブーです!

 

本日はケーブルメーカーonso(オンソ)の「06シリーズ」よりT2コネクタタイプをご紹介します!

 

onso 06シリーズ T2コネクタタイプ 3製品

06シリーズ 3.5ステレオプラグ-T2(L/R)

06シリーズ 3.5ステレオプラグ-T2(L/R)

 

 

▼onso 06シリーズ 3.5ステレオプラグ-T2(L/R)【iect_06_ub3t_120】 ¥27,500‐(税込)

 

 

06シリーズ 2.5 4極プラグ-T2(L/R)

06シリーズ 2.5 4極プラグ-T2(L/R)

 

 

▼06シリーズ 2.5 4極プラグ-T2(L/R)【iect_06_bl2t_120】 ¥27,500‐(税込)

 

 

06シリーズ 4.4 5極プラグ-T2(L/R)

06シリーズ 4.4 5極プラグ-T2(L/R)

 

 

▼06シリーズ 4.4 5極プラグ-T2(L/R)【iect_06_bl4t_120】 ¥27,500‐(税込)

 

 

2021/12/22(水)発売!

 

 

製品情報

estron社製T2コネクタを採用

estron社製T2コネクタを採用

 

onso「06シリーズ」は同社「03シリーズ」の発展型として、導体の増量やジャケット素材の再設定などを行い、深遠な音のひろがりを追求したケーブルです。

 

今回ご紹介する「T2コネクタタイプ」は、estron社製T2コネクタを採用。いわゆる「IPXコネクタ」に対応するモデルです。左右の識別は、ガスケットの色(右側:赤、左側:黒)のほか、左側の成形部分には丸凸があり、指先で触れて識別が可能です。

 

T2コネクタは金メッキ仕上げで、スリーブ部分にはステンレスが採用されています。

 

分岐部

分岐部

 

開発にあたり、導体の断面積は増加したものの、01シリーズにおいて機能面から決定したケーブル外径(φ2.0mm-2平⾏)は厳守。代わりにこれまで使用していたPVCをエラストマーに変更することより、ジャケットの薄肉化で問題となっていた機械的強度面が解消されています。

 

プラグカバー

プラグ部

 
プラグは3.5mm、2.5mm、4.4mmの3種類が展開されています。
プラグ、分岐のスリーブ部分はチタン製(分岐内部アルミ)となっています。
 
 
 
 「すでに完成されている03を発展させる」という命題のもと、3年間におよぶ開発の末に作り出されたという06シリーズ。コネクタの種類が充実することでより多くのイヤホンと組み合わせて使うことができるようになるのが嬉しいですね!

 

 

 

06シリーズ MMCXタイプの記事はこちら

【11/28発売】#onso から「06シリーズ」3製品が登場!

 

06シリーズ 2pinタイプの記事はこちら

【3/28発売】#onso イヤホンケーブル「06シリーズ」の2pin(CIEM) タイプが登場!

 

 

 


 

▼onso 06シリーズ 3.5ステレオプラグ-T2(L/R)【iect_06_ub3t_120】 ¥27,500‐(税込)

 

 

▼06シリーズ 2.5 4極プラグ-T2(L/R)【iect_06_bl2t_120】 ¥27,500‐(税込)

 

 

▼06シリーズ 4.4 5極プラグ-T2(L/R)【iect_06_bl4t_120】 ¥27,500‐(税込)

 

2021/12/22(水)発売!

 

今回ご紹介させていただいたonso 06シリーズ T2コネクタタイプはe☆イヤホン全店にて試聴機をご用意する予定です。ご来店の際はぜひご試聴ください!

 

以上、PR部のバンブーがお送りしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

バンブー
e☆イヤホンPRスタッフのバンブーです!e☆イヤホンに入る前からのオーディオ好き!入社後ずっと買取一筋からPR部へ異動しました。最近はBluetoothレシーバーと電音部とVTuberがマイブームです。
  

この記事を読んだ人におすすめ