お手頃価格ながら高性能なノイキャン&外音取り込み機能付きで、高い通話品質のTWS


 

 

 

どうも!こんにちは!

イヤホン・ヘッドホン専門店『e☆イヤホン』のまるちゃんでございます!

 

 

最近色んなメーカーが完全ワイヤレスイヤホンを発売しておりますが、そんな中で着実に人気をあげているメーカー「EarFun 」の新モデルを本日ご紹介します!

 

 

EarFun Free Pro 2

▼EarFun EarFun Free Pro 2 e☆イヤWEB本店価格 ¥8,560-(税込み)

 

 

本日、12/3発売!!

 

 

VGP 2022金賞を受賞し、好評を博した前モデル「EarFun Free Pro」のサウンドシグネチャーを継承、強化されたANCパフォーマンスと優れた金属質感デザインを備えた完全ワイヤレスイヤホンが本日発売します!

 

どれではどんな特徴のイヤホンなのかご紹介してまいります。

 

注目のポイント

①最大40dBまで騒音低減QuietSmart™ 2.0 ハイブリッドノイズキャンセリング機能を搭載!

②外音取り込み機能搭載

③音ズレを最小80msにまで低減できる、低遅延モード搭載

IPX5規格の耐水性

 

ここまでの機能が入って8千円台だなんてとても驚きです!

続いて詳しく特徴をご紹介してまいります。

 

 

 

主な特徴

次世代のテクノロジー

高度なAIROHAノイズキャンセルオーディオSoCは、強力な騒音低減パフォーマンスと超低消費電力を最新のBluetooth 5.2と組み合わせて、安定した接続と新しいワイヤレス体験を実現しているとのことです。

 

 

 

VGP2022にて開発賞も取得した
独自技術のアクティブノイズキャンセリング

 

独自のアルゴリズムや風切り音対策を盛り込んだ、自社独自技術のQuietSmart™2.0ANCテクノロジーは、VGP2022にて「開発賞」を受賞されました。

 

最大40dBのQuietSmart™2.0ANC技術により、新しいFree Pro 2は、周囲のノイズを低減してくれるとのことです。

 

 

 

外音取込モード付き

 

 外音取込モードに切り替えて、環境内の会話やその他の重要な音を聞く事も可能です。

 

 

 

どこでも通話をクリアに


AIを利用したノイズリダクションアルゴリズムと3つのENCノイズリダクションマイクと計6基のマイクのENCテクノロジーにより、通話中に正確に調整された音声分離を実現します。

 

 

 

イヤホンだけで簡単操作

 

イヤホン側で音量調節、曲の再生・停止・スキップなどの操作を簡単に行えます。

 

 

 

良い音楽を待たずに

 

イヤホン単体で約6時間再生(ANCオフ)、約5時間(ANCオン)、ケースと併用して最大約30時間再生(ANCオフ)が可能です。

 

また急速充電に対応しており、10分の充電で約2時間の音楽再生が可能です。

 

 

 

スペック一覧

ドライバー:6mm径ダイナミックドライバー
電池持続時間:最大約6時間(イヤホン)/最大約30時間(ケース充電込み)
防水規格:IPX5
Bluetooth規格:5.2
対応コーデック:AAC、SBC
周波数特性:20Hz~20kHz
付属品:イヤーピース、充電ケーブル

 

 


 

▼EarFun EarFun Free Pro 2 e☆イヤWEB本店価格 ¥8,560-(税込み)

 

 

本日、12/3発売!

全店舗で試聴機をご用意させていただきます。

 

 

以上!EarFun Free Pro 2 のご紹介でございました。

 

こだわられた独自のアクティブノイズキャンセリング機能が搭載されていて、さらに外音取り込み機能、ゲーミングモード搭載されていて、完全ワイヤレスイヤホンに必要とされるものがつまっていて、1万円を切る価格っていうのは、これはもうほしくなりますね!!

気になる方はぜひe☆イヤホンでおためしください。

 

以上!まるちゃんでした!

※記事中の商品価格・情報は掲載当時のものです。

 

まるちゃん
どうも!PR部のまるちゃんです!(*´ω`*) YouTubeチャンネル【eステ】にて毎週生配信。水曜日担当MC。 劇団歴7年、お笑い芸人を目指し漫才コンビを組みライブしていた日々、そして今は街鳴りというバンドでギターボーカルをしています。 愛機はAstell&Kern KANN、Astell&Kern KANN ALPHA、Westone ES60、NUARL N6PROです。音楽は幅広く好きです。憧れの人は明石家さんまさん、ダチョウ俱楽部です。好きなバンドは、Hamp Back、KANA-BOON Twitter:https://twitter.com/eear_maruchan
  

この記事を読んだ人におすすめ