皆様こんにちは!e☆イヤホン海外事業部のすずきです!

 

この度、シンガポールが誇るオーディオケーブルメーカーであるEFFECT AUDIOより、ユニバーサル型イヤホン「AXIOM」が登場!!

コンセプトに掲げる「サスティナビリティとは?」や、製品に込められたEFFECT AUDIOの熱意や拘りをご紹介いたします!

 

 

AXIOM(アキシオム)

 

■スペック
 
ドライバー構成: 2-way ハイブリッド型
ドライバー: (1×12mm マグネシウムダイナミックドライバー、2×BAドライバー)
再生周波数:20 – 16,800 Hz
インピーダンス: 32Ω @ 1 kHz
感度: 112 dB/mW @ 1 KHz
重量(本体のみ): 10.2 g
MU システムモジュール:MMCX /CIEM (2-Pin)
 
*e☆イヤホンでお取り扱いの「Axiom」はケーブルが付属しません。予めご了承ください。
 

 

 

11/20(土)より予約開始!

12月10日(金)より発売!!

 

 

EFFECT AUDIO AXIOM (Universal Fit)  e☆イヤホン価格 \190,300(税込)

 

 

 


 

 

「Axiom」はEffect Audio初の革新的なインイヤーモニターです。

 

単なるオーディオ機器ではなく、ユーザーと共に成長するモデルです。

その独自のMUシステムにより様々な使用用途、音のジャンルを選択可能になり、21世紀のパーソナルオーディオ製品のあるべき姿、持続可能性、多様性、ユーザーエクスペリエンスのすべてを1つの製品で具現化しています。

 

 

■Sustainability

 

その構想の瞬間から持続可能な機能を備えて設計された世界で最初のパーソナルオーディオ製品であり、最小限のパッケージングと付属アクセサリに加え、今後数年間で最大の拡張性を約束するモジュラーユニット(MU)システムを搭載した世界初のインイヤーモニターです。
 
また、全てのAxiomにケーブルが付属するわけではありません。
ケーブルはユーザーの皆様が所有するケーブルを利用することを強くお勧めします。
 
 
*e☆イヤホンでお取り扱いの「Axiom」はケーブルが付属しません。予めご了承ください。
 

 

■Versatility & Comfort

 

全てのAxiomは様々な使用アプリケーション、多様なジャンルの音響コンテンツ、および長時間のリスニング用に最適化されています。
シェルとノズルの形状は広範な社内調査と人間工学的研究の集大成です。
聴き疲れのしにくいナチュラルなサウンドシグネチャ―で、これは、最も用途が広くユーザーフレンドリーなプロダクトを目指し、長年の経験と世界中のオーディオファンからの意見に基づいています。
 
将来的にお気に入りのアクセサリーを使用してサウンドやスタイルをカスタマイズ出来ます。
 

 

■User Experience

 

Axiomの箱を開けた時、ユニークな冒険が始まります。
その瞬間から音を聴くまで、古代極東を思わせる数多くのデザイン要素が多感覚の体験と織り交ぜられ、東洋の神秘を思わせるエキサイティングな体験を提供します。
 

 

スタッフレビュー

 

 

再生環境:Cayin N3Pro

使用ケーブル:EFFECT AUDIO Cleopatra MMCX 2.5mm (*本体には付属しません)

 

一聴して感じるのは高解像度で元気なサウンドです。

特にエージングしていない状態ですが、無理な鳴り方や窮屈な感じはなく、初出しで朗々としたサウンドを鳴らします。

左右の音場はそこそこですが上下に綺麗に伸びる印象で、高音は刺さるか刺さらないかの所まで、低音もレスポンスの良さと量感をうまく両立しています。

楽器やボーカルを“原音のまま”というよりも、リスニング寄りに楽しく聴かせてくれるモデルだと思いました。

特にCleopatraとの組み合わせでは、目が覚めるような鮮烈さと爽やかで透明感のある「澄んだボーカル表現」が魅力的でした!

AXIOMは本体にケーブルが付属していないため、この辺りは手持ちのお気に入りケーブルで組み合わせや音の変化をお楽しみいただける部分かなと思います。

 

 

本体台座を持ち上げると…..。

 

 

また、サウンドには全く関係ない部分ですが、AXIOMのパッケージ内には乾燥剤&芳香剤としてティーバッグが同梱されており、なんとこちらきちんと銘柄があります。「Gryphontea CONTESSA GREY」という香り高いブレンド茶葉が使用しており、パッケージを開けた瞬間ふわっと上品な香りが立ち込めます。

 

*衛生的な観点から飲用目的の使用はご遠慮ください。

 

イヤホンにはあまり用いない「サスティナビリティ」を反映したコンセプトや、将来的な新モジュール開発によるサウンド・スタイル変更の拡張性と、今までにない価値観や楽しみを味わえるイヤホンだなという印象です。

 

 


 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

サウンド・ビルドクオリティともに高い次元にまとめつつ、今までになかったコンセプトを活かした非常にユニークな新製品でした。

リケーブルメーカーでありながら標準でケーブルを付属させないところに「AXIOM」に対するメーカーの心意気を感じます。

秋葉原店に試聴機を展開しておりますので、店頭にお越しの際はぜひチェックしてみてくださいね!

 

以上、e☆イヤホン海外事業部のすずきがお送りしました!

 

e☆イヤホン海外事業部スタッフ。愛機はJH機が多めです。自社商品に密に関わるスタッフとして、自社商品の最新情報や、より深く濃い情報をお届けしてまいります。よろしくお願い致します!
  

この記事を読んだ人におすすめ