オーディオ上級者も満足できるよう、愛好家の意見を取り入れたファンとの共作イヤホン

 

 

イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンのPRスタッフうらやんです。

 

 

今回の記事でご紹介をさせていただくのは、中国にて2019年に設立され、「ANOU」や「Yume」が好評を博してるIEMブランド「See audio」から新製品です。

 

4基のBAドライバーを搭載したユニバーサルモデル、Bravery(ブレイバリー)のご紹介です。

 

 

See audio Bravery

See audio Bravery e☆イヤホンWEB本店価格 ¥37,550-(税込)

 

11月6日(土)発売予定!!

 

See audio (Hangzhou Xiyin Technology)とは

2019年設立。中国の若手で作られた非常に若いブランド。中国の様々なメーカーから若手エンジニアが結集しカスタムIEMから実績を積み上げてきました。カスタムIEMで既に多くの高評価を獲得しており、今回ユニバーサルモデルで初めて日本市場に参入する事になった。また同時にアニメ好きである彼らはRinkoというキャラクターをブランドイメージとして使用しており、今後もSee audioブランドと共に育成したいと考えております。

 

 

 

4BAドライバー構成

 

Braveryは、低域は2基、高域に1基のKnowles社製BAドライバーが採用されています。中域にはSonion社製のBAドライバーが採用され、合計4BAドライバーが搭載されたユニバーサルモデルのIEMとなっています。

 

 

 

オーディオ上級者でも満足できるサウンド

 

オーディオ上級者でも満足できるミドルクラスのユニバーサルIEMを作りたいという想いから開発されたとのことです。

 

モニター向けの非常に中立的なサウンドというSee audioの立ち位置を維持しながら、SNS等で募ったオーディオ愛好家の意見を尊重してできた、ファンと共作したイヤホンです。

 

 

 

付属品とパッケージ

 

イヤーチップは、AZLAのXELASTECが付属しています。またケーブルは、Hakugei社製のケーブルが採用されています。

 

そしてパッケージは、前モデルの「ANOU」や「Yume」と同様、Rinkoという独自のキャラクターのイラストが描かれた個性的なパッケージとなっています。

 

 

 

同ブランドの人気IEMYume」の詳細はこちら

【6/19発売】カスタムIEMメーカー「See audio」から『Yume』登場!ハイブリッド構成のユニバーサルIEMです!

 

Yumeは、日本限定発売されたanou(3BA構成)と同じ筐体を使いながら、1DD+2BAのハイブリット構成になったユニバーサルIEMとのことです。

 

 

 

スペック一覧

ドライバー: 4BA (3Knowles 1Sonion)
周波数特性: 20Hz-20000Hz
インピーダンス:18Ω 
感度: 110±1db @ 
ケーブル:3.5mm Jack with 0.78 2Pin 6N/OCC(HAKUGEI社製) 
付属品:AZLA XELASTECイヤーチップ、フォームタイプイヤーチップ  

 

 

 

気になったポイント

・好評を得たYumeはハイブリッド構成でしたが、今回のBraveryはあえてBAドライバーのみという構成に立ち返っているので、どんなサウンドになっているのか気になります。

 

・オーディオ愛好家の意見を取り入れたとのことなので、どんな方にも満足できる音質に仕上がってそうです。

 

・イヤーピースの中でも高価なAZLAのXELASTECが付属しているので、お得感があります。

 

 


 

See audio Bravery e☆イヤホンWEB本店価格 ¥37,550-(税込)

 

 

今回ご紹介させて頂いたSee audio「Bravery」は11月6日(土)発売予定です!!

e☆イヤホン全店で試聴機をご用意する予定です。ぜひ一度お試しください。

 

 

以上PR部のうらやんがお送り致しました!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

  

この記事を読んだ人におすすめ