おやっとさー

 

e☆イヤホン梅田EST店のあしたかだよ〜

 

今回はOEAudioより、「MMCX & 2Pin用変換アダプター」と共に新たに発売した自作用カスタマイズパーツMulti-Plugをご紹介します!!

実際に使ってみたら想像以上に便利だったのでプラグ選びにお悩みの方は必見です!!!

 

 

それでは、Let’s Go〜〜〜!!!

 

 

 

 

OEAudio Multi-Plugとは

 

 

【Multi-Plug】とは、

名前のとおり”プラグをマルチに付け替えられる”自作用カスタマイズパーツです。付け替えられるプラグは 3.5mm 4.4mm 2.5mmの3種類です。付け替えに工具はいらずプラグのカバーを回すことでカンタンにプラグパーツの取り外しができます。

 

 

 

もうお気づきかと思いますが、

 

このプラグめちゃくちゃ便利なんです・・・・・!!!

 

 

”プラグの種類といえばプレイヤー選びやイヤホン・ヘッドホン選びと切っても切り離せない存在・・・”

”リケーブル製品にいたっては「このケーブルであのプラグででてくれたら〜」と、もどかしい事も多々・・・”

”バランスでも聴きたいけどスマホでも聴きたい・・・”

 

 

そんな悩みから開放してくれるのが、

このMulti-Plugなんです!!!(言い切った!)

 

 

では一体、どのようにして使うのか見ていきましょ〜

 

 

プラグの交換

 

 

プラグの交換は3ステップで行えます。

 

①はじめにプラグのカバーを回して外します。

 

②次にプラグとインナーシェル(ケーブル側の銀色パーツ)を持ってプラグを抜きます。

 

③最後に反対の手順でプラグを取り付けプラグカバーを締めれば付け替え完了!!

 

 

※プラグを取り付ける際、プラグ側に凹Multi-Plug Female(メス)側に凸がありますので向きに注意ください!

 

使ってみた感想

実際にfinalのブラックケーブルにMulti-Plugを取り付け、純正のプラグとMulti-Plugとで聴き比べをしてみました。

 

 

まずスマートフォンに繋いで聴いてみたところ、ボーカルが少し明瞭になったように感じました。まるでフォーカスが当たっているようで、曲によっては濃く感じるかもしれません。

 

 

続いてMulti-Plugを4.4mmへ変更しDAPへ繋い聴いてみたところ、

明らかに中音域が精細に鳴っているのがわかりました!

 

スマートフォンのときのような濃さはなくボーカルが立体的で見晴らしよく感じます。特にアコースティックギターの音が艶めかしく聴こえたのでフォークソングアメリカンカントリーなどおすすめです!!

 

変換プラグ等に比べるとMulti-Plugは筐体が小さくプレイヤーの端子周りがスッキリするのでとても取り回しが良いです。また、使わないプラグはキャリングポーチに入る大きさで持ち運びもコンパクトなのが個人的には嬉しいポイントです。

 

総評すると、めっちゃ便利で音も満足なプラグでした!!

DAPからスマートフォンへの切り替えもササッと行えますし、よく使うイヤホンやケーブルをこのMulti-Plugに変えてしまうだけでとてもマルチに使えます。プレイヤーを複数台お持ちの方はぜひMulti-Plugを試してみてはいかがでしょうか!!

 

Multi-Plugの取り付けはe☆イヤホン クリニックで承っております。

 

技術料金¥7,000-(税込) + パーツ代金

でお取り付けいたします!!

 

宅配・店頭どちらでも受付しておりますので、ぜひぜひお気軽にご利用・ご相談ください!

 

↓↓ カスタマイズのご依頼はこちらから!! ↓↓

 

Multi-Plugはe☆イヤホン全店舗及び下記ページよりお買い求めいただけます。

 

 

「Multi-Plug Female単体ではプラグとしてご利用いただけません。各種Multi-Plugと併せてご用意下さい。

 

 

 

オーディオ製品のお困りごとや修理・カスタマイズはぜひe☆イヤホンクリニックまでご相談くださいませ!!

 

以上、あしたかでした〜

またのブログでお会いしましょう〜

 

アシタカ
e☆イヤホン日本橋本店。クリニック担当。 オーディオの他にキャンプ・ゲーム・サバゲー・カメラetcと趣味で出来ています。
  

この記事を読んだ人におすすめ