196本もの素線を、立体的に配置された4芯構造で、オリジナルプラグを採用してます

 

 

イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンのPRスタッフうらやんです。

 

 

今回の記事でご紹介をさせていただくのは、ケーブルマイスターによる完全手作業で作られていると言われるブランド「Brise Audio」から新製品です。

 

 

Brise Audio STR7-CONV As-Is 変換ケーブル

Brise Audio STR7-CONV As-Is 変換ケーブル L型

 e☆イヤホンWEB本店価格 ¥14,850‐(税込)

5極4.4mm to L型4極2.5mm

▼5極4.4mm to L型4極3.5mm

5極4.4mm to L型3極3.5mm

▼4極2.5mm to L型5極4.4mm

▼4極2.5mm to L型4極3.5mm

▼4極2.5mm to L型3極3.5mm

▼4極3.5mm to L型5極4.4mm

▼4極3.5mm to L型4極2.5mm

▼4極3.5mm to L型3極3.5mm

 

 

Brise Audio STR7-CONV As-Is 変換ケーブル L型

 e☆イヤホンWEB本店価格 ¥14,850‐(税込)

5極4.4mm to ストレート4極2.5mm

5極4.4mm to ストレート4極3.5mm

5極4.4mm to ストレート3極3.5mm

▼4極2.5mm to ストレート5極4.4mm

▼4極2.5mm to ストレート4極3.5mm

▼4極2.5mm to ストレート3極3.5mm

▼4極3.5mm to ストレート5極4.4mm

▼4極3.5mm to ストレート4極2.5mm

▼4極3.5mm to ストレート3極3.5mm

 

 

 

8月27日(金)発売!!

※こちらはお取り寄せ商品になります。ご了承ください。

 

 

As-Is専用オリジナルプラグ採用

 

As-Isシリーズの為に開発されたオリジナルプラグが採用されています。使い勝手の良さと、音質の良さを両立した設計で、L型プラグとストレートプラグが、それぞれあり、様々なニーズに対応しています。

 

 

 

BriseAudio独自開発のNewケーブルSTR7(Spiral77構造)を採用

 

 

STR7(Spiral77構造)は、音質を犠牲にすることなく、フレキシビリティを損なうことなく、その両立を目指して基本構造と独自のノウハウを投入し開発されたケーブルです。

 

導体には最先端技術が注ぎ込まれた高機能高純度銅が採用されています。4芯構造では196本もの素線を、立体的に配置しており、ポータブル用途で真価を発揮します。

 

※4極Φ3.5mmジャックには3極Φ3.5mmプラグを挿入しないでください。変換後の端子をバランス設計アンプのバランス入力端子に挿入し使用すると相手側の機材を破損する恐れがあるとのことです。

 

 

 

スペック一覧

導体:高機能高純度銅導体
導体構造:Spiral77
絶縁:特殊高機能樹脂
保証期間: 1年

 

 

 

うらやんの気になったポイント

・同ブランドのハイエンドケーブルにも使われている高機能高純度銅が使われ、4芯構造では196本もの素線を立体的に配置されたりと豪華な設計でこのお値段はお買い得です。

 

・音質を損なわずに端子を変換したい方には非常におすすめです。

 

 


 

 

今回ご紹介させて頂いたBrise Audio 『STR7-CONV As-Is 変換ケーブル』は8月27日(金)発売です!!

こちらはお取り寄せ商品になります。ご了承ください。

 

 

以上PR部のうらやんがお送り致しました!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

 

 

  

この記事を読んだ人におすすめ