WF-1000XMシリーズ新機種!ノイキャン性能や音質もレベルアップと新機能搭載

 

 

皆さんこんにちは!

e☆イヤホンPR部のうらやんです!

 

待ちに待ちましたこの時を!SONYが誇るノイズキャンセリング対応完全ワイヤレスイヤホンが更に進化!

 

 

SONY WF-1000XM4

SONY WF-1000XM4

 

▼SONY WF-1000XM4 BM ブラック e☆イヤホンWEB本店価格 ¥33,000‐(税込)

▼SONY WF-1000XM4 SM プラチナシルバー e☆イヤホンWEB本店価格 ¥33,000‐(税込)

 

 

6月25日(金)発売予定!!

 

 

完全ワイヤレスイヤホン最高峰のノイズキャンセリング機能を誇り、大人気の名機「WF-1000XM3」の発売から約2年!

新機種の『WF-1000XM4』遂に登場します!

 

 

 

WF-1000XM3から更に進化したポイント

 

 

  • 更に進化したTWS最高峰の音質とノイズキャンセリング
  • イヤホン形状にこだわり、装着安定性を高く設計に!
  • 高音質コーデック「LDAC」に対応
  • DSEE Extremeを搭載
  • 防滴性能IPX4を搭載
  • 急速充電機能が10分の充電で90分から、5分の充電で60分に!
  • ワイヤレス充電Qi規格に対応!

 

レビュー動画はコチラ!

 

 

 

 

世代が一つ新しくなるごとにここまで進化するものかとSONYの製品には毎回めちゃめちゃ驚かされます。

早速製品の詳しい情報を掘り下げてご紹介していきます。

 

新生代の統合プロセッサV1搭載!進化したノイズキャンセリング

風ノイズまでもも低減できる進化した統合プロセッサV1を搭載。低音域から高音域に至るまで、広い帯域で耳に届くノイズを減らし、WF-1000XM3よりも更なる静寂がご体感できるとのこと。

新しく独自開発したノイズアイソレーションイヤーピースを採用することで、遮音性能が向上しました。独自開発のポリウレタンフォーム素材を使用することで、主に高音域のノイズを減衰させます。物理的にもしっかり遮音することでさらなるノイズの軽減効果が特徴です。

 

 

ハイレゾ音源をワイヤレスで

待望の新機能!SONYが独自開発したハイレゾ対応コーデック「LDAC」に遂に対応いたしました。LDAC対応機器との接続することでハイレゾコンテンツの原音の細かい表現まで忠実に再現された高音質でお楽しみ頂けます。

 

 

ハイレゾ級の臨場感をもたらす「DSEE Extreme」

 

そしてCD音源や圧縮音源をハイレゾ級の高解像度な音質で楽しめる「DSEE Extreme」を搭載しております。

AI(人工知能)技術により、リアルタイムに楽曲の情景を分析し、最適にハイレゾ級の高音質にアップスケーリング。圧縮により失われた音源本来の周波数特性をより高精度に再現することで、臨場感あふれる高音質をお楽しみいただけます。

 

 

360 Reality Audio 認定モデル

 

360 Reality Audioは、全方位に広がる音に包まれるような新たな音楽体験です。ソニーの個人最適化対応の認定モデルでは「Headphones Connect」アプリであなたの耳の形やヘッドホンの特性に最適化することで、よりリアルな臨場感をお楽しみいただけます。

 

 

 

あらゆる環境下でクリアに音声を届けるマイク性能

4つのマイクとセンサーを最適に制御し、高度な音声信号処理を行う高精度ボイスピックアップテクノロジーにより、騒音下でも声をクリアに届けます。ビームフォーミング技術と骨伝導センサーにより、口から発された声と頭蓋骨の振動で伝わる声の両方を捉え、声をどんな騒音下でも正確かつクリアに集音します。

 

 

 

突然の雨やスポーツ時も安心

「WF-1000XM4」で遂に、防滴性能IPX4を搭載しました!突然雨が降ったり、スポーツをして汗を書いたときも安心してお使いいただけます。

 

※本体のみ。本機の音導管(音出口の筒部)、通気孔、マイク穴(2か所)を除く

 

 

 

装着感へのこだわり

WF-1000XM3よりもイヤホン本体と耳の接触面を増やすような形状設計「エルゴノミック・サーフェース・デザイン」を採用しました。

耳の複雑な凹凸にも干渉しにくい形状になっており、快適にご使用いただけます。

 

 

 

つけたまま、会話ができる「スピーク・トゥ・チャット」機能を搭載

 

を装着したまま、会話ができる新機能「スピーク・トゥ・チャット」を搭載。

音楽を聴いている最中でも、話したいときに声を発するだけで音楽再生を一時停止し、外音取り込みモードに切り替え、手を使うことなくヘッドホンをしたまま会話が始められます。ヘッドホンが装着者の声を振動検出により周囲の音から区別・認識し、スピーク・トゥ・チャットが起動します。

 

 

 

長時間使用するときも安心のバッテリー性能

ノイズキャンセリングONの場合は、本体のみで8時間、ケースで16時間なので、最長約24時間の音楽再生が可能です。

ノイズキャンセリングOFFの場合は、本体のみで12時間、ケースで24時間なので、最長約36時間の音楽再生が可能です。そして5分充電で60分使用可能な急速充電に対応しています。

 

※完全ワイヤレスモデルはケース充電含む。コーデックはAAC。DSEE Extreme/イコライザーの搭載モデルはOFF設定時、またその他機能は全て初期設定時。

 

 

 

ワイヤレス充電対応

置くだけで充電ができるワイヤレス充電Qi規格に対応しています。

※ワイヤレス充電器は別売りです

 

 

スペック一覧

ヘッドホン部(一般)

ヘッドホンスタイル: 完全ワイヤレスインイヤー
型式: 密閉, ダイナミック
ドライバーユニット: 6mm
マグネット: 高磁力ネオジウムマグネット
ハイレゾ:〇(ハイレゾワイヤレス)
質量(g): 約7.3 g x2
防滴・防水:〇(IPx4)
充電ケース :開閉検出 〇
充電時間:約3時間
本体への充電回数: 2
質量 (g): 約41 g
外形寸法 (mm) :約40 x 67 x 30 mm

 

トークマイク部

型式:MEMS
指向特性: 全指向性
アクティブヘッドホン部(一般) 

DSEE HX:〇(DSEE Extreme)
電源: Li-ion
充電時間: 約1.5時間
クイック充電:(10分充電/60分以上の連続音楽再生可能) ●
連続音楽再生時間(クイック充電時): 5分充電時 約1時間再生
充電方法: USB充電(ケース使用)
電池持続時間(連続音声再生時間) 最大8時間(NCオン) / 最大12時間(NCオフ)
電池持続時間(連続通話時間): 最大5.5時間(NCオン) / 最大6.0時間(NCオフ)
消費電力: 3 W
Bluetooth 
通信方式: Bluetooth標準規格 Ver.5.2
出力: Bluetooth標準規格 Power Class 1
使用周波数帯域: 2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
対応Bluetoothプロファイル: A2DP, AVRCP, HFP, HSP
対応コーデック: SBC, AAC, LDAC
対応コンテンツ保護: SCMS-T
伝送帯域(A2DP): 20Hz-20,000Hz(44.1kHz sampling) 20Hz-40,000Hz(LDAC 96kHz sampling 990kbps)

 

 

 

 


 


▼SONY WF-1000XM4 BM ブラック e☆イヤホンWEB本店価格 ¥33,000‐(税込)

▼SONY WF-1000XM4 SM プラチナシルバー e☆イヤホンWEB本店価格 ¥33,000‐(税込)

 

今回ご紹介させて頂いたSONY 『WF-1000XM4』は6月25日(金)発売予定です!!

e☆イヤホン全店で試聴機をご用意する予定です。ぜひ一度お試しください。

 

今後、e☆イヤホンではレビューや比較など詳しい情報をお届けできればと思っておりますので、お楽しみに!

 

以上PR部のうらやんがお送り致しました!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

うらやん
eイヤホン日本橋本店PRスタッフ 和歌山出身シンガーソングライターとして活動してます。 オリジナル曲をレコーディングする中で音に興味を持ち、 生楽器を使ったバンド系の音楽を好んで聴く傾向にあります。 J‐POP、一昔前の音楽好きです。オーディオ勉強中です。 オリジナル曲はストリーミング配信してるのでぜひ聴いてください!
  

この記事を読んだ人におすすめ