皆様こんにちは!eイヤホン海外事業部のすずきです!

 

私は店頭に立つことが少なく、またTwitterのアカウントも持っておりません。

ありがたいことにブログを書かせていただく機会が多いので、こういった場で少しずつ”個性”を発信していければと思います。

因みに、元自作勢です!(ケーブル,カスタム諸々自作してました)

 

前置きも程々に、今回ご紹介するのはこちらの商品。

 

 

 

 

 

EMPIRE EARSの新商品として、

 

「Bravado」&「ESR」MKIIとなって帰ってきました!

 

 

 

今回もユニバーサルモデル並びにカスタムIEMの両モデルでの展開となります。

 

旧モデルとの比較も含め、詳しくご紹介させていただきます!

 

BRAVADO MKII

 

 

BRAVADO MKII (Universal fit) e☆特価 ¥93,500-(税込)

 

BRAVADO MKII (カスタムIEM) e☆特価 ¥117,500-(税込)

 

 

 
次世代のBRAVADO
 
 
BRAVADO MKIIは、次世代のBRAVADOであり、最も売れているIEMの後継機です。
 
次世代のW9 +サブウーファー、独自のバランスドアーマチュアドライバー、デュアル静電ドライバー、およびEIVECとARCの共振緩和テクノロジーを採用されたことにより、よりダイナミックレンジの広い、細部再現力の高いサウンドを提供できるようになりました。 
 
Bravado MKIIは、デザインとパフォーマンスの限界をさらに押し上げるという私たちの執拗な探求を体現しています。 大胆なスタイリング、これまで以上に多くのテクノロジーとパフォーマンスを備えたBravado MKIIは、クラスを破壊する遺産の価値をかつてないほどの高さに引き上げます。

 

スペック

 

■4-WAY synX クロスオーバーネットワーク(4-way synX Crossover network)

 

 

● 1 × 次世代 9mm WEAPON IX+(W9+) サブウーファー

● 1 × バランスドアーマチュアドライバー(proprietary balanced armature driver)

● 2 × プレミアム静電ドライバー(premium electrostatic drivers)

 

1 – Sub-Bass/Bass
1 – Mid
1 – High
1 – Ultra-High
 
周波数特性:5Hz-100kHz
感度:99 dB SPL@ lkHz
インピーダンス:4 Ohms@1kHz
 
 

■上位モデルにも採用されている『WEAPON IX+』を搭載

 

IX+(W9+)ダイナミックドライバーは、精密にチューニングされたバスレフシステムと密閉型ウーファーの画期的な技術を組み合わせることにより、IEMの世界に比類のない低域パフォーマンスをもたらしました。

 

Legend Xに採用されたW9の性能を最高レベルに上げるため、W9+のコイルはより大きな直径を持っています。 W9 +はこれまでの限界を超越しあらゆる場面で息をのむような低音を提供します。

 

 

『BRAVADO MKII』はエントリー機でありながら、BAドライバー×ダイナミックドライバー×静電ドライバーを搭載したトリプルハイブリッド構成に進化しました!

 

 

ESR MKII

 

 

 

 

比類のない細部再現力を持つESR MKII

 

レコーディング、ミキシング、マスタリングにおいて、全ての決定は「真実の音」をベースに下されます。Empire Studio Reference(ESR)MKIIは比類のない細部再現力を備えた、混じりけのない純粋でニュートラルなサウンドを提供するIEMです。
 
ESR MKIIは次世代のESRであり、トリプルバランスドアーマチュアとデュアル静電ドライバーで構成される5ドライバーハイブリッド構成と、EIVECおよびARCテクノロジーによって駆動される完全に新しく再設計された4ウェイsynXクロスオーバーネットワークを備えた最高のスタジオリファレンスインイヤーモニターです。
 
ESR MKIIはEMPIRE EARSで最もフラットなインイヤーモニターであり、音楽、映画、放送制作のニーズを満たすために、録音に忠実なダイナミクス、超高速な過渡応答、高い解像度を提供します。
 
 

スペック

 
 
 

■4-WAY synX クロスオーバーネットワーク(4-way synX Crossover network)

 

● 3 × バランスドアーマチュアドライバー(proprietary balanced armature driver)

● 2 × プレミアム静電ドライバー(premium electrostatic drivers)

 

1 – Low
1 – Mid
1 – High
2 – Ultra-High
 
 
周波数特性:10Hz – 100kHz
感度:111 dB SPL@ lkHz
インピーダンス:3.9 Ohms@ lkHz
 
 
 
 
 
3BA構成とオーソドックスかつ硬派で中庸なサウンドだったESRに、2基の静電ドライバーが加わりました!
 
 
 
 
 

専用フェイスプレートデザイン

 

 

■BRAVADO 専用フェイスプレートデザイン

BRAVADO MKIIは、モデルのサウンドシグネチャを体現する為、全く新しいフェイスプレートデザイン「Deep Field」を採用しています。
 
ハッブル宇宙望遠鏡で撮影された有名な写真にちなみ名付けられたこのデザインは、その煌く表面に宇宙の未知の深さを表現。
まさにハッブル望遠鏡から覗く景色の驚きと感動を提供します。
 
 
 
 

■ESR 専用フェイスプレートデザイン

ESR MKIIはフェイスプレートに特別なデザインである「Brushed Silver aluminum」を採用しました。
 
洗練されたこのデザインは、あらゆる環境に適するプレミアム・フェイスプレートデザインです。
 
 
 
 
 
今回登場する2商品ともに、専用のフェイスプレートデザインが採用されています。
 
なんと、カスタムIEMモデルへも専用オプションとしてご用意がございます!
 
両機種をオーダーいただいた際に、それぞれの専用オプションを無償にてお選びいただけます!
 
 

BRAVADO×ESR 共通のテクノロジー

 

■synX Technology

 

 
 
synXは、パーツを提供するメーカーへの無数の要望と技術により独自の傑作を確立しており、IEM業界においても際立った存在です。
 
超広帯域の8Hz〜40kHzの再生を可能とし、特定の帯域を高精度に指定が出来るEMPIRE独自のネットワーク技術です。
 
 
多ドライバーのモデルを数多く開発してきた「EMPIRE EARS」の基幹技術とも言えるクロスオーバー技術です。
 
多BAからハイブリッドモデルまで、一貫して広帯域かつ非常にまとまりの良い上質なサウンドを実現してきました。
 
 
 

■EIVEC Technology

 

EIVEC(Empire Intelligent Variable Electrostatic Control)は、ESドライバーを完全に制御およびコントロールするために搭載されたEmpire Earsが新たに発見したテクノロジーです。
 
ESドライバーは低電圧設計であるため、5Hz-100kHzの驚くべき範囲を再生可能にしました。
※ESR MKIIにおいては10Hz – 100kHzの周波数帯域となります。
 
各ESドライバーと対応するトランスフォーマーをそれぞれ個別にコントロールし、synXクロスオーバーネットワークに継ぎ目なく統合し、他のドライバーテクノロジーと調和させて目標の周波数帯域の再生を達成します。
 

 

ESドライバーは、EMPIREではValkyrieより採用し始めたドライバーです。
 
歴史としてはそこまで長くないかもしれませんが、EMPIREはESドライバーを制御する技術を独自に開発することで、非常に高い解像度と広帯域を実現しました。
 
 
 
 

■A.R.C.(Anti-Resonance Compound)Technology

 
ARC(Anti-Resonance Compound)は、IEM内の不要な振動や歪みの軽減を実質的に排除する独自のコーティング技術です。
 
ドライバー、クロスオーバー、サウンドチューブなど、適用されるコンポーネントの量を効果的に増やし、内部をより強固にしながら、不要な共振を減衰させるダンパーとして機能します。
 
A.R.C.は音の明瞭さとベースの深さを大幅に向上させ、IEMがより効率的になる技術です。
 

 

旧機種との比較

 

 

旧Bravado & BRAVADO MKII 比較

 

 

『 デザイン 』

 

 

まず目につくのは外観の違いです。

旧版はシェル&フェイスプレートともに全てソリッドブラックカラー、MKIIはシェルは変わらずソリッドブラックですが、フェイスプレートに専用デザイン「Deep Field」を採用することで、ぱっと見のデザイン面での変化が大きいです。

シェルの形状にも変更があり、やや大型化こそしましたが、旧機種よりもカナルが僅かに長くなったことで装着した時の安定感が増しました。

 

 

 

『 音質 』

 

 

両機種を聴き込んでみてサウンド面においては確かな進化を感じました。

旧Bravadoは「1BA+1DD」のデュアルハイブリッドモデルでしたが、MKIIとなり「2ES+1BA+1DD」の4ドライバー・トリプルハイブリッドモデルとなりました。

ダイナミックドライバーもODINやVALKYRIE MKIIへも採用された「WEAPON IX+」を搭載。

旧Bravadoは、全域に渡ってパンチのあるパワフルなサウンドが特徴で、解像度や音の細やかな表現力の面では少々粗い部分がありましたが、それらの弱点を全て克服していると感じました。

静電ドライバー&「WEAPON IX+」ダイナミックドライバーによって、低い音から高い音まで、解像度・情報量に余裕のある出音となりました。
 
 
 
 
『 総評 』
 
 
 
音質・デザイン・ドライバー構成等、旧と比べ大幅な仕様変更がありますが、大まかなサウンドバランスはBravadoの血筋を感じるところで、正に正統進化を遂げたモデルかと思います。
 
「初のEMPIRE EARS」にはもちろんのこと、旧モデルを愛用されている方にも強くオススメできる仕上がりになっています。
 
 
 

 
 
 
 
旧ESR & ESR MKII 比較
 
 
 

『 デザイン 』

 

 

BRAVADO同様にESRもデザイン面に大きな変化があります。

旧ESRは全体がグレーカラーの筐体となっており、少し独特なデザインでした。

MKIIではシェルがソリッドブラックに、フェイスプレートには専用デザインの「Brushed Silver aluminum」を採用しています。

「Brushed Silver aluminum」は無光沢のアルミプレートを使用したフェイスプレートで、シェルのソリッドブラックカラーと相まって非常に高級感のある外観になっています。

シェルの形状、装着感に関してはBravadoの比較と同様のため割愛させていただきます。

 

 

 

『 音質 』

 

 

旧ESRは厚みのある中域を中心とした中庸なフラットバランスサウンドが特徴でした。

High,Mid,Lowの各帯域にBAドライバー1基ずつ、3ドライバーのフルBAの構成でしたが、音の細さを一切感じさせない迫力のある中低域が魅力です。

そこへ、MKIIとなりUltra-Highの帯域に2基の静電ドライバーが搭載され「2ES+3BA」のハイブリッドモデルとなりました。

ぐいぐい来る迫力のある音圧感はそのままに、弱かまぼこ傾向だったサウンドがよりフラットになった印象です。

また、全体のバランスを崩さないくらいの僅かな変化ですが、旧ESRよりボーカルが前へ出ており、この辺りに静電ドライバーの効果を感じます。

旧ESRでは苦手としていた「鋭い音」も表現できるようになりました。

 

 
 
 
『 総評 』
 
 
 
旧構成に純粋に静電ドライバーを2基追加したモデルで、モニターサウンドはそのままに音傾向の変化を感じました。
 
旧モデルが「暖色系」なら、MKIIは「寒色系」なハッキリとしたスピード感のあるサウンドになっています。
 
新たに高解像度なモニター機を探している方に特にオススメのモデルとなっています。
 
 
 

スタッフレビュー

 
 
BRAVADO MKII
 
 
 
 

聴いてまず最初に驚いたのは、ベースラインの震えが力強いグイグイ沈み込むような圧倒的な低域です。
TRAPやHIPHOPなどのジャンルが気持ちよく聞こえました。
強力な低域にも関わらず横に広がり過ぎず上手くまとまっているのもポイントで、しっかりと奥行のある高品位な低域が楽しめます。

 

パワフルな低域が持ち味のBRAVADO MKIIですが、低域に埋もれず中高域がしっかりと分離しているのが第二のポイントです。
しっかりとした分離感が感じられる中高域ながら、音の角が非常に柔らかく聴き疲れのしにくいシルキーな音質に仕上がっています。
個人的に高域が刺さり過ぎるイヤホンは苦手なのでかなり好印象でした。
静電ドライバーらしい柔らかい空気感を楽しめる高域なのではないでしょうか。

 

ボーカルの距離感は若干遠目でコンサートホールから全体を見つめるような印象、サウンドステージは広めでオーケストラなども臨場感たっぷりで楽しめます。

持ち味である低域の力強さや広めの音質が活かされるライブ音源との相性がかなりいいのでぜひ試してほしいです。

 


 
ESR MKII
 
 
 
 

ESR MKIIの低域はやや腰高でタイト、立ち上がりが鋭い明瞭な低域で量感は控えめです。
BRAVADO MKIIがパワー重視なら、ESR MKIIは解像感と透明度重視といったところでしょうか。
個人的にESR MKIIの一番の持ち味は「中域の表現力」だと感じました。
ボーカルラインの距離感は近めで、有機的でかなり自然な聴き心地が素晴らしいです。

 

かなり癖が抑えられたチューニングで、高い解像感と滑らかさをうまく両立した音質に感じます。
少しだけ暖かめですが透明感のある声を楽しめるバランスのいい音質を楽しめます。
しっかりとした高域表現で、音のエッジ自体は柔らかめかつシルキーで聴きやすく「リファレンスモニター」的な音質に仕上がっています。
少しだけ暖かめですが、透明感のある声を楽しめるバランスのいい音質を楽しめます。
また、ボーカル表現の実力と他の帯域とのバランスの取り方が非常に上手いと感じました。

 

ボーカル重視の音質をお求めなら非常にオススメの機種です。

 
 

 
 
EMPIRE EASRから登場の新商品のご紹介、ここまでお読みいただきありがとうございました!
 
ユニバ&カスタムの両展開と、好みのモデルを選べるのは嬉しいポイントですね。
カスタムでは無償の専用フェイスプレート+お好きなシェルカラーを合わせることも。
意匠も音質も進化し、正に『MKII』と呼べるEMPIRE EARSの新ラインナップを是非お試しください。
 
 
以上、eイヤホン海外事業部のすずきがお送りしました!
 
 
e☆イヤホン海外事業部スタッフ。愛機はJH機が多めです。自社商品に密に関わるスタッフとして、自社商品の最新情報や、より深く濃い情報をお届けしてまいります。よろしくお願い致します!
  

この記事を読んだ人におすすめ