皆様こんにちは!eイヤホン海外事業部のすずきです!

 

この度、EMPIRE EARSより、大好評にて発売から3周年を迎えた「Legend X」の3周年記念モデルとして、日本限定でLegend X Anniversary Editionが登場致します!

 

 

Legend X Anniversary Edition

 

 

Legend X Anniversary Edition (Universal Fit) e☆特価 ¥257,000-(税込)

 

 

 

 

日本限定発売」&「限定デザイン」&「20台限定」にて

 

 

 

4/22(木) 本日より発売となります!!

 

 

 

 

■全く新しいフェイスプレートデザイン

 

「Legend X Anniversary Edition」はLegend Xの発売から3周年を記念したアニバーサリーモデルです。
 
「Anniversary Edition」は日本限定の特別なデザインを冠しています。
 
同じく日本限定モデル「Japan Gold Edition」との最大の違いは「Anniversary Edition」は限定20台のみの生産であること。
 
フェイスプレートには「Ruby」と名付けられたミラー素材を、ロゴにはシックで落ち着いた「Black Full Wing」を採用しました。
 
全世界で日本のみの20台限定販売となる「Anniversary Edition」は、究極のサウンドはそのままにプレミアム・デザインとして登場しました。
 

 

 

■グラミー賞受賞エンジニアと共同開発

 

Legend Xは、Taylor SwiftやLil Wayneなど有名アーティストのミキシングを手掛け、グラミー賞を受賞したエンジニア、Jeremiah Adkins氏と共同で開発されました。

彼の専門知識によって、アーティストが意図したものを忠実に再現するように考案、設計、製作されました。

 

 

■synX Crossover Technology

synXは、ドライバーごとにそれぞれのオーディオ帯域を指定することができるスーパーチャージ型クロスオーバー技術です。

これによりミックスエンジニアとオーディオファイルは、ミキシング・コンソールやオーディオ・プレーヤーでイコライジングする場合、ドライバーを完全に制御することができます。

 

 

■A.R.C Technology

 

BAドライバーは明快でクリアなサウンドを提供する一方で、歪みやピーク、不要な振動を起こしやすい弱点があります。

これを解決するために、独自のコーティング技術として研究開発したのが「Anti-Resonance Compound(ARC)Technology」です。

不要な共鳴を吸収するための減衰器として機能しながら、内部をより堅牢にします。

 

 

■ハイブリッド技術

パワフルな低域の表現力と最大限のクリアなサウンドを実現するために、Legend Xは5基のバランスドアーマチュアドライバーとサブウーファーにダイナミックドライバーを2基搭載しています。

 

 

■Weapon IX

ダイナミックドライバーには高い出力、正確なダイナミクス、そして至高のサウンドを提供する「Weapon IX(W9)」を採用。
 
これは、EMPIRE EARSが約2年間かけて研究開発を行い、まるでスタジオモニターのような迫力のあるサウンドを奏でます。

 

 

■専用のBAドライバー

BAドライバーにはLegend XのためにKnowlesとSonionが開発をしたドライバーを採用しています。
 
さらに、NASAが開発をした磁性流体技術を採用し、ピークを減衰させ振動を低減させることにより、驚くほどクリアなサウンドを提供します。

 

 

■付属ケーブル「ALPHA-IV(A4)」

 

ALPHA-IV(A4)は独自の26AWG UPOCC Litz Copper導体をマルチサイズ撚り線で構成した4芯のハンドクラフトプレミアムケーブルです。
 
太い導体が低音と中音をスムーズに伝える一方、細い導体は信号の伝送速度の違いによってクリアな高音域を表現します。
 
異なる太さの導体を組み合わせたマルチサイズ撚り線デザインがA4の強みです。

 

 

■スペック

 

10-WAY synX クロスオーバーネットワーク(10-way synX Crossover network)

 

● 2 × 次世代 9mm WEAPON IX (W9) サブウーファー

● 5 × バランスドアーマチュアドライバー(proprietary balanced armature driver)

 

2 – Sub-Bass
2 – Mid
1 – Mid/High
1 – High
1 – Super-High
 

 

レビュー

 

 

『 デザイン 』

 

 

先ず目につくのは、鏡面仕様の赤いフェイスプレートです。

Ruby」と名付けられたアニバーサリーモデル専用のフェイスプレートは、深みのある赤色が特徴です。

 

また、そこへ主張の少ない「Black Full Wing」のロゴを採用することで、ゴールドフェイスプレート+ゴールドロゴの「Japan Gold」に比べ、全体的に落ち着いた雰囲気と高級感のあるデザインに仕上がっています。

 

 

 

『 音質 』

 

 

既存のLegend Xからのサウンドの変更はございません。

全帯域押し出し強く非常にエネルギッシュな音が特徴で、一聴してサウンドクオリティの高さを感じる完成度の高さは正に「Legend」の名に相応しいモデルだと感じます。

 

その中でも、特に特徴的なのが低域の鳴り方です。

2基のダイナミックドライバーを搭載しており、チューニングが非常に上手いと感じます。

左右上下に立体的かつ高解像度な低域で、「広がり」「弾み」「沈み込み」これらをいとも容易く表現出来る実力を持っています。

また、これらを表現しながらも、曇りや濁りを感じない解像感も併せ持っており、これらどれか一つを特徴に持つイヤホンは数多く存在しますが、全てを備えたイヤホンは貴重だと思います。

 

低域の存在感が強いモデルですが、決して中高域も負けていません。

上記の特徴を持つ低域を持ってしても、全体としてのバランスは決して破綻していません

ボーカルは少し近めで生々しい鳴り方をします。

エッジは立っておらず、柔らかく滑らかなボーカルで刺さりは感じません。

 

全体のバランスとして間違いなく”リスニング寄り”の機種ではありますが、表現力に秀でている為、声や楽器の音を「聴き取る」目的でも満足いただけるサウンドに仕上がっています。

 

 

 

『 総評 』

 

「Legend X」発売3周年を記念した「Anniversary Edition」は、『専用デザイン』&『日本限定発売』&『20台限定』と限定尽くしとなっています。

デザイン&サウンドともに非常にクオリティの高い本機、「Legend X」を検討していた方にはもちろんのこと、この機会に「Legend X」の存在を知ったという方にも非常にオススメ出来るモデルとなっております。

また、この機会に「Legend X」を知った方には、試聴のみでも構いませんので、是非一度は聴いてみていただきたいイヤホンです。

 


 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

デザインも音質もプレミアムな本機、ぜひともご検討ください!

 

以上、海外事業部のすずきがお送り致しました!

 

e☆イヤホン海外事業部スタッフ。愛機はJH機が多めです。自社商品に密な関わりを持つスタッフとして、自社商品の最新情報やより深く濃い情報をお届けしていきます!
  

この記事を読んだ人におすすめ