アイドルグループ「ZOC」のイヤモニオーダーの様子を取材させていただきました! 

 


 

 

 

皆様こんにちは、PR部たにみくです!

 

今回は、カスタムIEM作りの様子を取材させていただけるということでお店に向かってみると……

 

 

 

 

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

え(;_;)♡

 

 

 

 

 

ZOCの皆さまがe☆イヤホンにご来店

 

 

ZOCの皆さまがe☆イヤホンにご来店!!?!

 

 

 

ZOC

 

大森靖子を中心として2018年に結成。 徒弟関係や親子関係を連想させる「大森靖子プロデュース」を否定し、自らをプロデューサー兼メンバー兼同志を表す「共犯者」と位置付けている。「ZOCとは”Zone of Control”の略、ウォー・シミュレーションゲームやシミュレーションロールプレイングゲームで用いられるゲーム用語です。簡単にいえば、ゲームにおける「支配領域」の概念のことです。そこに、常に提唱している「孤独を孤立させない」の意味を持たせ、このユニットにおける「ZOC」とは”Zone Out of Control”とし、孤立しない崇高な孤独が共生する場所と定義します。ZOCは固定したり、流動的になったり、弾性的に様々な形で形成される。そしてZOC は、ZOCが影響を与え受ける全ての存在と繋がって存在します。私はZOCのプロデューサーではありません。 一緒に戦い、一緒に遊ぶ、同じ心に黒い穴の空いた共犯者です。そして、わたしたちZOCの共犯者に、あなたもなってほしい」

 

超歌手 大森靖子

 

引用:ZOCオフィシャルサイト

 

2021年1月にavexよりメジャーデビューし、2021年2月には武道館でのライブも控えている注目のアイドルグループです!

 

 

 

全曲本当におすすめなんですけど、その中でもおすすめの1曲は「ヒアルロンリーガール」。

 

 

この曲、すごいですよね……ロリータ姿で歌っているかわいい女の子たちに、自分の「かわいい」を全肯定してもらえるんですよ……めっちゃ好き。

 

女の子の歯痒い気持ちを歌ってくれる曲も多く、女の子のファンも多い印象です!

 

 

 

個人的に毎日のように聴いていて大好きなZOCの皆さまがご来店ということで、驚き、緊張、嬉しさなどがいり乱れつつもなんとか自我を保ちご案内。

 

 

今回は武道館でのライブに使用する「カスタムIEM」を作りにご来店してくれました!

 

 

 

カスタムIEMとは?

 

カスタムIEMとは、Custom In Ear Monitor(カスタム・イン・イヤー・モニター)の略称で、イヤモニとも略されます。主にステージミュージシャンやサウンドエンジニアが正確なモニタリング(音響の観測)のため、高解像度・高遮音性を追求したモニター用イヤホンのことを指します。

 

自分の耳型(インプレッション)を採取してオーダーメイドで作成するため、耳にピッタリとフィットします。また、本体のカラーやデザインが選べるため、世界に1つだけの自分専用のイヤホンが作成できるのも魅力の1つです!

 

アーティストなどが使用するプロモデルなので、高音質を求めた作りになっています。耳にフィットするため、遮音性も高く、音漏れがとても少ないのも特徴です。

 

 

 

耳型採取

香椎かてぃさん

 

まず初めに耳型(インプレッション)を採取していきます。

(本来はイヤホンの機種やデザインを決めた後、耳型の採取を行います。今回はある程度のご要望を最初にお伺いしていたため耳型採取を先に行っています。)

 

 

耳の中に入れている緑色の物体は、耳型採取専用のシリコンです。これがまた不思議な感覚なんですよね……

 

 

 

西井万理那さん

 

耳型採取にはオーダーしたメーカーや、使用用途によっていくつかの方法があります。今回はステージ上での使用ということで、口を大きく開いた状態に合わせて採取する「バイトブロック」という白いスチロールのものを咥えて採取していただきました!

 

顎関節が下がり、かなりタイトな装着感に出来上がるので、歌手の方や演奏をする方など、ステージユースにはおすすめの方法です。

 

リスニング用として使われる場合は、割りばしなどで顎を固定し採取する方法もございます!

 

 

 

機種選定

 

全員の耳型採取が終わり、次は機種の選定です!

 

機種のご案内は、梅田EST店カスタムIEM担当のばらねちゃん

 

 

ばらねちゃんもZOC好きということで、嬉しさのあまり2人で震えておりました。

 

 

事前にUltimate Earsでのご要望をお受けしていたので今回は、

 

▶︎UE 5Pro

▶︎UE 7Pro

▶︎UE 11Pro

▶︎UE18+Pro

▶︎UE Pro Reference Remastered

▶︎UE LIVE

 

の6機種をご試聴いただきました。

 

 

Ultimate Ears(UE)といえば、コールドプレイやポール・マッカートニーなど世界的に有名なアーティストも使っていて、ミュージシャンからも信頼されているメーカーです。

 

凛として時雨のドラマーでe☆イヤホンアンバサダーでもあるピエール中野さんも「UE Reference Monitor(生産終了品。現在は「UE Pro Reference Remastered」が後継機種として取り扱いがございます。)」を使っていたとおっしゃっていました!

 

 

もちろん、アーティストの方以外にもリスニング用としても人気の高いメーカーです!

 

 

 

巫まろさん

 

ZOCにとって初めてのイヤモニ制作。

 

6機種のイヤホンを聴き比べて「全然音が違う!」と驚かれている様子が印象深かったです。

 

価格はもちろんですが、イヤホンに入っているドライバー(イヤホンの中にあるスピーカーのような役割のもの)の数も様々なので、低域が得意なモデルや、原音に近いようなモニターサウンドのものなどたくさんの種類がございます!

 

 

 

悩まれながらも真剣にイヤモニを選定中……

 

雅雀り子さん

 

 

何度も何度も気になる機種を聴き比べていただきましたが、満場一致で「圧倒的に音が違う(笑)」と決まったが……

 

 

 

「UE LIVE」

 

 

 

Ultimate Earsのフラッグシップモデルで、6つのBAドライバーと1つのダイナミックドライバーに、Ultimate Ears独自の「True Tone Plus」が搭載されている複雑な構成のモデル。

 

音の情報量も多く、濃密なサウンドが「圧倒的」と感じたポイントなのかなと思います!

 

 

 

カスタムIEMの試聴機はe☆イヤホン全店でお試しいただけますので、イヤホンの種類が違うとどのような音の違いがあるのか、ZOCの皆さんと同じ体験をぜひしてみてください!

 

 

 

デザイン選定

大森靖子さん

 

オーダーするイヤホンの機種が決まったので、次はデザイン決めを行います!

 

UEでは「フェイスプレート」のカラーがお選びいただけます。

 

青色の部分

 

 

↓UEのカラーチャートはこんな感じ

 

この中からお好きな色を選んでいただきます。

 

シェルの部分はクリアで統一されているのですが、フェイスプレートだけでもこれだけのカラーがございます。左右の組み合わせは自由!デザイン選定は1番個性が出るところですね!

 

 

 

藍染カレンさん

 

ZOCの皆さんはどのカラーでどんな組み合わせを選んだのか……。

 

 

 

完成品は出来上がり次第、こちらのブログでご紹介させていただきますのでお楽しみに!!

 

 

 

 

eA-R

 

カスタムIEM以外に、カスタムイヤーピースの「eA-R」のオーダーもしていただきました。

 

 

 

eA-Rとは?

eA-Rはハードタイプのアクリル製カスタムイヤーピースです。ユーザーひとりひとりの耳穴のかたちに合わせてオーダーメイドで作ることから、フィット感や遮音性が高いのが特長です。さらに、イヤホン本体のドライバーが発するサウンドをダイレクトに鼓膜へ届けられるため、組み合わせるイヤホン本来の性能を味わいつくせます。

 

愛機のポテンシャルを引き出したい方はもちろん、「耳の穴が小さい」「耳の穴が大きい」などの理由で市販のイヤーピースではフィットしづらい、外れやすいという方にもオススメです!

 

 

 


 

今回は「有線ピヤホン(Hi-Unit HSE-A1000PN)」用のeA-Rをオーダーいただきました。

 

「有線ピヤホン」といえば大森靖子さんの最新アルバム「Kintsugi」のオリジナル特典で、大森靖子さんモデルの有線ピヤホンも作成されています!

 

完全な私物

 

「HSE-A1000PN」のeA-Rは今まで対応していませんでした。しかし12月21日(月)よりeA-R対応機種が増え、有線ピヤホンを含む「ALPEX Hi-Unitシリーズ」もeA-Rに対応!有線ピヤホンをお持ちの方には朗報です!!

 

 

 

 

こちらも皆さんにお好きなカラーをお選びいただきました。

 

eA-Rはオプションでグリッダーやオパール、グラデーションなど色んなカラーや組み合わせが可能です。

 

 

 

 

また、左右をわかりやすくしたり耳から取り出しやすくするためのコードもお好きな色をお選びいただけます!

 

 

 

「eA-R」について詳しくはこちら

 

 

イヤーピースなので耳の中に入れてしまえば見えることはありませんが、自分だけのこだわりとして見えないところを華やかにするのも良いですよね!

 

 

 

eA-R 完成品

 

ZOCメンバーのeA-Rが完成しましたのでご紹介していきます!

 

お忙しいところ、メンバーの4人が完成品の受け取りに来てくださいました!

 

 

 

大森靖子さん

 

本体カラー
L側:オーロラピンク

R側:オーロラピンク

 

左右判別方法(コードカラー)

L側:スワロフスキークリスタル Red
R側:スワロフスキークリスタル Clear

 

 

 

藍染カレンさん

 

本体カラー
L側:SMOKE&RED / Glitter Gold(グラデーションカラー)
R側:SMOKE&RED / Glitter Gold(グラデーションカラー)

 

左右判別方法(コードカラー)
L側:スワロフスキークリスタル Clear
R側:スワロフスキークリスタル Red

 

 

 

香椎かてぃさん

 

本体カラー
L側:BLUE
R側:BLUE

 

左右判別方法(コードカラー)
標準コード

 

 

 

西井万理那さん

 

本体カラー
L側:オーロラピンク
R側:オーロラピンク

 

左右判別方法(コードカラー)
L側:スワロフスキークリスタル Clear
R側:スワロフスキークリスタル Orange

 

 

 

巫まろさん

 

本体カラー
L側:オーロラピンク
R側:オーロラピンク

 

左右判別方法(コードカラー)
L側:スワロフスキークリスタル Black
R側:スワロフスキークリスタル Clear

 

 

 

雅雀り子さん

 

本体カラー
L側:オーロラピンク
R側:オーロラピンク

 

左右判別方法(コードカラー)
L側:スワロフスキークリスタル Black
R側:スワロフスキークリスタル Clear

 

 

 


eA-Rのデザインも個性がでていますね!アイドルだとメンバーカラーがあったりしますが、ZOCの皆さんはそれぞれ直感で自分の好きな色やデザインを選ばれいて「ZOCらしいな!」と思いました。

 

 

 

それにしても「オーロラピンク」の人気がすごい!

 

実はこれ、ZOC特別仕様としてe☆イヤホンラボの方が作ってくれた特別オプションなんです……!好評でよかった……!

 

クリアベースにほわほわしたピンクが混じってるのがかわいいですよね……ただのピンクだけでなく、角度で色も変わるおしゃれな仕組み(?)が施されております!!

 

 

 

eA-Rの対応機種もかなり増えてきているので、お持ちのイヤホンのイヤーピースをZOCのメンバーとお揃いにしちゃいませんか♡!

 

 

 

「オーロラピンク」は反響があれば来年に実現されるかも?なのでお楽しみにしていてください!

 

(同じデザインにする際は、このブログをお見せいただけるとスムーズにオーダーできると思います!)

 

 

 


ZOCの皆さんのカスタムIEMはどのような仕上がりになるのか!完成品が出来上がり次第こちらのブログでご紹介させていただきますので、お楽しみにしていてください!!

 

 

そして!ZOCメンバー全員の直筆サインをe☆イヤホン全店にいただいちゃいました( ;  ; )!!

嬉しいね( ; ; )

 

ぜひお店にいらした際は、ZOCと同じカスタムIEMを試聴し、サインを拝んでいってください!!!

 

 

 

ZOCの皆さん、ご来店ありがとうございました!

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。PR部たにみくでした!


 

※記事中の商品価格・情報は掲載当時のものです。

 

たにみく
PR部のたにみくです バンドおんがくが好きです どうぞ宜しくお願いします
  

この記事を読んだ人におすすめ