SNSのフォロワー800万人を越える世界的DJ兼プロデューサー全面監修のブランド

 


皆さんこんにちは!

e☆イヤホンPR部のうらやんです!

 

今回ご紹介する商品はこちら!

 

SVN Sound by Steve Aoki Neon100

 

 

 

6月5日(金)発売予定!!

 

Steve Aokiとは

本名は、 Steven Hiroyuki “Steve” Aoki(ステ ーヴン ・ ヒロユキ ”スティーブ’’アオキ) 1977年11月30日生まれ。 人気EDMプロデューサー兼DJ。アメリカ ・ フロリダ州のマイアミ生まれ。 父:青木廣彰と母:小林ちづるの間で生まれた日系アメリカ人。
父は日本の有名な実業家であり、 冒険家でもあり、 アメリカの鉄板焼きレストランチェーン「BENIHANA」の創業者としても有名で、 通称「ロッキ ー青木」と呼ばれている。妹(異母兄弟)に、 アメリカのファッションモデルで女優のデヴォン青木がいる。
デヴォン青木は映画「ワイルドスピードX2」や「シン ・ シティ」にも出演している人気女優でもある。

 

世界的有名DJ兼音楽プロデューサーであるスティーヴ・アオキが全面監修した新しいオーディオ機器ブランド「SVN Sound」からワイヤレスオーバーイヤーヘッドフォン誕生。

 

ご紹介していきましょう!

 

 

主な特徴

・高機能ノイズキャンセリングマイク搭載

 

プレミアムヴィーガンレザーイヤークッション 

デュアルレイヤー 

インパクトレジスタントサーキットボード搭載 

ウルトラパフォーマンス40mmポリマードライバー搭載 

バスオプティマイズドサウンドチャンバー搭載 

マルチピボットヒンジでしっかりと耳にフィット

 

 

 

スペック

・Bluetooth:Ver5.0 
・対応Bluetoothプロファイル:HFP/HSP/A2DP/AVRCP 
・最大通信距離:見通し距離約10m 
・電源:DC5.0V 内蔵充電式リチウムイオン800mAh 
・充電時間:約2.5時間 
・電池持続時間(通常音量再生):約25時間 
・LED点灯時電池持続時間(通常音量再生):約15時間 
・自動電源OFF時間:5分 
・マルチポイントコネクション:2デバイスまで 
・パッケージサイズ:200x20x360 mm 
・質量:762g 
・Neonモードは7色対応 

 

 

 


 

 

 

SVN Sound by Steve Aoki Neon200

 

 

主な特徴

・オートペアリング 
・True Wirelessテクノロジー 
・人間工学に基づいたデザインで耳にジャストフィット 
・タッチコントロール機能 
・ノイズキャンセリングマイク

 

 

 

 

スペック

・対応Bluetoothプロファイル:HFP1.7/HSP1.2/A2DP1.3/AVRCP1.6 
・最大通信距離:見通し距離約15m 
・バッテリー(本体):内蔵充電式リチウムイオン50mAh 
・バッテリー(ケース):内蔵充電式リチウムイオン2500mAh 
・スタンバイ時間:約200日 
・電池持続時間(通常音量再生):約5.5時間 
・防水規格:IPX5 
・インピーダンス:32Ω 
・再生周波数帯域:20-20KHz 
・チップセット:Paul603 
・パッケージサイズ:140x140x40 mm 
・質量:255g 
・付属品:バッテリー残量表示機能付き充電ケース 

 

 

 


 

 

SVN Sound by Steve Aoki Future100

 

人間工学に基づいたデザインで耳にジャストフィットする防水対応のスポーツ型イヤホン。

 

・Bluetooth:Ver5.0 
・対応Bluetoothプロファイル:HFP/HSP/A2DP/AVRCP 
・最大通信距離:見通し距離約10m 
・バッテリー(本体):内蔵充電式リチウムイオン 
・スタンバイ時間:約250時間 
・電池持続時間(通常音量再生):約9時間 
・防水規格:IPX7 
・チップセット:CSR QCC3003 
・パッケージサイズ:120x120x50 mm 
・質量:176g 

 

 


 

 

 

 

今回ご紹介させて頂いた3製品はいずれも6月5日(金)発売予定です!!

e☆イヤホン全店で試聴機を展開予定です。ぜひ一度お試しください。

 

以上PR部のうらやんがお送り致しました!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

 

うらやん
eイヤホン日本橋本店PRスタッフ 和歌山出身シンガーソングライターとして活動してます。 オリジナル曲をレコーディングする中で音に興味を持ち、 生楽器を使ったバンド系の音楽を好んで聴く傾向にあります。 J‐POP、一昔前の音楽好きです。オーディオ勉強中です。 オリジナル曲はストリーミング配信してるのでぜひ聴いてください!
  

この記事を読んだ人におすすめ