香港発!新興イヤホンメーカー「FAudio」その魅力をご紹介していきます!


「FAudioはいいぞ」

FAudioの音が好きすぎて、一時期そんなことばかり呟いてました。

かじかじですこんにちは。

 

↑よろしければフォローお願いします!

 

 

FAudioの「Major」や「Minor」の、あの雑味の無い音をなんと表現すべきか。まるでめっちゃきれいな川で取れた天然水を、さらにろ過装置にかけて不純物を一切取り除き、水の純度を限りなく100%にしたかのような音で最高に好きです。

 

今回の記事は、そんな僕の愛するFAudioのイヤホンを、e☆イヤホンで取り扱いのある全8機種一挙紹介していこうと思います!

 

 

 

FAudioとは?

音響設計者とスタジオエンジニアが立ち上げた、香港発の新興カスタムIEMメーカー

FAudioは、2014年にLGエレクトロニクスやボーダフォン、オーディオメーカーの「Miniwatt」などの企業でエンジニアとして経験を積んできたFung Wong氏により設立。設立当初はOEMや技術コンサルタントといった専門性の高い分野にてビジネスをスタートします。その後、数々の音楽スタジオで活躍するミキシング・エンジニアとしての顔も持つ、ブランドの戦略マネージャーKen Lee氏が経営に参加。世界中のカスタムIEMユーザーに対し「リモールド」や「リシェル」といったサービスを開始し、それと並行して新しいバランスド・アーマチュア型ドライバーの設計開発を大手BAメーカーのKnowles社や中国のBAメーカーと行い、世界中のクライアントに対して、技術面から新しいソリューションを提供し続けてきたバックグラウンドを持ちます。2016年には、FAudioブランド初のカスタムIEMラインナップ「KFシリーズ」をリリース。他社とは異なるユニークなサウンドデザイン、ハイ・コストパフォーマンス、コンテンポラリーなカスタムIEMデザインなど、高い独自性が高く評価された事で、FAudioのメーカーイメージをアジア圏でより強固なものにしました。FAudioのビジョンは「人々が望む正確な音を追求し、イヤホンを通じてそれをカタチにする」ことです。彼らのスローガンは、「Your Sound・Our Passion」。私たちの情熱が貴方が求めるサウンドを実現してみせます。メーカーHPより引用

e☆イヤホンにて取り扱いが開始した時は、カスタムIEM(オーダーメイドイヤホン)のみ受注受付をしていましたが、現在はユニバーサルモデルもラインナップに加わり、コンシューマー向けにも深く浸透していきました。

 

FAudioの傾向としては、現行ラインナップはダイナミック型やBAドライバー搭載のものなど種類は様々ですが、一貫して自然な音の鳴りで、どんなジャンルでもスムースかつ伸びやかに音を奏でてくれます。個人的にもファンであるメーカーでもあり、e☆イヤホン梅田EST店の店長時代に、個人的な好みでコーナーのひとつをFAudio特設コーナーにしたこともあるほどです。

上記のコーナーは今はなくなっていますが、FAudioの各機種は現在もご試聴頂けます。

FAudioの紹介はここまでにして、全ラインナップを聴いてみましたので、音質レビューとともにご紹介していきます!

 

 

 

FAudio 全機種紹介!

Major

▼商品紹介

FAudioユニバーサルシリーズのハイエンドモデル。10.5mm ダブルレイヤー ダイナミック型ドライバー(ファイバーダイヤフラム + チタニウムダイヤフラム)を搭載。筐体はアルミニウムで、ケーブルは軍需用のクリスタル銅ケーブル(高純度銅ケーブル)。音導管に 「無酸素銅」 を採用し、 素材特有の音鳴りを防ぎ、 原音に忠実なサウンドを出します。使用されている素材が高品質なものばかりで、そのどれもが音質のために余すことなく使われています。

 

▼音質

低域から高域まで、全体域にかけて非常に伸びやかな音を奏でてくれます。FAudioのユニバーサルモデルらしいサラッとした雑味のない音で、バイオリンからボーカル、シンバルまでどこまでも高域を上に上に伸ばしてくれます。のちほどご紹介します「Minor」と比べると、低域の量感が多く、ジャズ・バラード・クラシックだけでなく、ロックやポップスまであらゆるジャンルに対応できるバランスの良いチューニングです。ハイエンドモデルで伸びやかで雑味の無いクリーンな音を求めている方にイチオシです。

 

 

 

Minor

▼商品紹介

10mm ベリリウムコーテッド・メディカルファイバー素材 ダイナミック型ドライバーを採用し、ドライバーチューニングを担う 3つのアコースティックチャンバー(T.B.A.C)が搭載されています。イヤホン筐体内の空気の流れをコントロールすることによって、搭載したダイナミック型ドライバーのポテンシャルを最大限に引きだします。筐体にはアルミニウム合金が使われており、音導管はステンレススティール製。響きの良い音を奏でます。ケーブルは「Silver Plated Litz Cable(銀メッキ銅導体)」が採用されており、より純度の高いサウンドを奏でます。

 

▼音質

雑味のなさで言えば、FAudioの中では一番グレードが高いと感じました。「Major」と比べるとやや低域の量感が少なく感じますが、その分高域の伸びがより際立つようになり、完全にろ過された水かのようにサラーーーっとした音を出してくれます。どんな音でもキレイになりがちなので、ロックやメタルなど、激しく歪みのあるサウンドとは相性がやや悪いですが、その分ボーカルやアコギ、ジャズ、バイオリンソロなど、とにかく高域が伸びる楽曲との相性が恐ろしいほど良いです。エントリーモデルの「Passion」と比べると、低域の量感は多く、ザラつきがないため、一貫してバランスの良いサウンドを楽しめます。

 

 

 

Chorus

▼商品紹介

こちらは上記2機種とは異なり、バランスド・アーマチュア型ドライバー(BA 型ドライバー)を3基(Low x 1, Full range x 1, High x 1)搭載した日本向けの限定モデル。「True Crossover Technology (T.C.T)」と名付けられた独自のチューニング手法を用い、リスニング上もっともきれいなクロスオーバーを形成し、正確なサウンドを伝えます。こちらも「Minor」同様、アルミニウム合金筐体が使われており、音導管はステンレススティール製。ケーブルは「Silver Plated Litz Cable(銀メッキ銅導体)」が採用されており、より純度の高いサウンドを奏でます。

▼音質

「Chorus」はご紹介した上記2機種と比べると、音の傾向も大きく異なるイヤホンです。高域の伸びやかさが無くなった分、パワフルで厚みのある中域が出るようになり、太めのギターサウンドとの相性が良くなりました。アーティストで例えると、「ASIAN KUNG-FU GENERATION」や「ELLEGARDEN」との相性が良さそうです。カスタムIEM版「Chorus」と比べると、筐体の素材が異なる分、高域がややスムースな印象を受けます。カスタムIEM版とは金額は大きく異なりますが、音質は同等か、好みによってはこちらのユニバーサルモデル版のほうが良いと感じるかもしれないので、特に装着感やデザイン、オリジナル性にこだわりが無ければ、こちらのユニバーサルモデルでも良いかもしれません。

 

 

 

Passion

▼商品紹介

FAudioユニバーサルシリーズのエントリーモデル。独自に開発した 9mm径のダイナミック型ドライバーを1基採用し、こちらのPassionにもトリプル ・ アコースティックチャンバー構造が採用されています。筐体にはアルミニウムが採用され、音導管にはステンレススティールサウンドチューブを搭載。ケーブルには「Black Jacket Silver Plated Litz Cable(銀メッキ銅導体)」が採用され、しなやかで柔軟性ののあるケーブルとなっています。

▼音質

FAudioブランドの中で唯一3万円台で購入できるエントリーモデル。上位機種の「Minor」や「Major」と比べると、やや雑味はありますが、同価格帯のイヤホンと比べると、雑味の無いキレイな音です。低域の量感がすくなくスッキリとした音のため、重低音が効いているノリの良いポップスやEDMとの相性はやや悪そうですが、その分、ボーカルや弾き語り、ジャズ、弦楽器を多用したクラシックなどとの相性が最高です。

 

 

 

FAudio カスタムIEMラインナップ

SYMPHONY

FAudio SYMPHONY

▼商品紹介

7 ドライバー【Low x 2, Full Range x 1, High x 2, Super High x 2 】搭載のFAudioカスタムIEMシリーズ、フラグシップモデル。独自のチューニング技術 「True Crossover Technology(T.C.T)」 を採用した、 FAudio の最高峰モデルです。 究極のリファレンスサウンドを求めているミュージシャンやエンジニア、 オーディオファイル向けに開発され、 全帯域において 素晴らしいサウンドステージを奏でます。

 

▼音質

7BA搭載ということもあり、音の密度と情報量、解像度はFAudioのイヤホンの中で一番高いように感じます。ユニバーサルモデルの「Major」とはまた違った傾向で、伸びやかな高音というよりは、パワフルでせり出すような高音といったところでしょうか?女性ボーカルが特に前面にでやすく、R&Bなどの力強いボーカルとの相性が良さそうです。ロックを聴くと、ギターの表現力がすごく、中域の厚みがたっぷりありつつ、歪ませた音の中でも1弦1弦聴こえてきそうなほどの解像度の高さがあります。いずれもボーカルやギター、ピアノなど中域の描写が非常に上手です。

 

 

 

HARMONY

FAudio HARMONY

▼商品紹介

バランスド・アーマチュア型ドライバー(BA 型ドライバー)を 5 基搭載する日本向けの限定モデルです。  独自のチューニ ング技術 「True Crossover Technology(T.C.T)」 を採用し、 音源が本来持つ 「音情報」 を余すことなく再現 する事に加え、 よりディープな低音を再現できるドライバーを採用した事で、 生き生きとした、 パワフルで雄大なサウンド レンジが特徴的です。

 

▼音質

「SYMPHONY」より2基ドライバーが少なくなった分、少しスッキリとした印象を受けます。中域のふくよかさが薄くなった分、高域が伸びやすくなったような気がします。ロックで聴くと「SYMPHONY」だとギターの音を聴きがちでしたが、「HARMONY」だとシンバルやハイハットの音がよく入ってくるようになり、気持ちの良い炸裂音を奏でてくれます。楽曲によっては少し刺さるかもしれません。高域寄りの音が好みなら、こちらの「HARMONY」がおすすめです。

 

 

 

CHORUS

FAudio CHORUS (2)

 

▼商品紹介

バランスド・アーマチュア型ドライバー(BA 型ドライバー)を 3 基搭載する日本向けの限定モデルです。 独自のチューニ ング技術 「True Crossover Technology(T.C.T)」 を採用し、 タイトでスピード感のある低域をベースにジャンル を問わない安定したサウンドで完成させています。

▼音質

先述の通り、ユニバーサル版の「Chorus」と音質が異なります。ユニバーサルモデルはアルミニウム合金筐体のため、少し高域に響きが加わり、伸びやかな音を出しますが、こちらのカスタムIEM版「CHORUS」は響きが無くなった分、より中域の厚みをパワフルにだしてくれます。3BAのため各帯域のバランスも良く、元気がよくて聴きやすい音作りです。ロックやポップスとの相性が良さそうです。

 

 

 

SCALE

FAudio SCALE

▼商品紹介

FAudioのラインナップで唯一のハイブリッド型。異なる 2 基のドライバーを搭載した Scale には、 バランスド・アーマチュ ア型と直径 8mm のダイナミック型の 2 種のドライバーをそれぞれフルレンジで搭載させ、 これまでとは異なるコンセプトで 独自のサウンド・デザインに仕上げています。 加えて、 独自のチューニング技術 「True Crossover Technology (T.C.T)」 を採用し、 それぞれのドライバーが本来持つパフォーマンを最大限に引き出し、 2 ドライバーのイヤホンとは思 えない雄大なサウンドスケールを実現しました。

▼音質

ハイブリッドドライバーということもあり、FAudioのラインナップの中では、一番ドンシャリ傾向のように感じますが、かなり上品なドンシャリです。FAudioらしいさらっとした高音と、迫力はありつつも他の帯域をマスクしない輪郭がわかりやすい低域。そして楽器隊には負けないパワフルなボーカルのアンサンブルがとても気持ち良いです。完全にリスニング向けのチューニングで音楽を心地よく聴かせてくれます。エントリー向けのカスタムIEMの中では特にコストパフォーマンスが高いのではないでしょうか?

 

 

 

FAudio でおすすめのイヤホンは?

筆者がおすすめするFAudioのイヤホンはこちら!!

 

Minor

minor

おすすめの理由はこちら!

・7万円台ながらも、ハイエンドイヤホンに匹敵する高音の伸びの良さ

・女性ボーカルや弦楽器との相性が最高

・自然すぎるが故の唯一無二のサウンド

なんといっても、この「Minor」の雑味の無さすぎる音に感動しました。スムース&クリーン!歪みのある音エレキギターの音でさえもキレイに鳴らしてくれます。7万円台ではありますが、10万以上するハイエンドイヤホンに匹敵するかのような高域の伸びやかさがあり、女性ボーカルや弦楽器との相性は最高です。女性アーティストの弾き語りは良すぎて鳥肌がビッシリ立ちました!ここまで自然な音のイヤホンは中々無いので、自然すぎるが故に「Minor」にしかこの音を出せないと思わせるような個性を感じました。

 

 

 

 

SCALE

 

FAudio SCALE

おすすめの理由はこちら!

 ・カスタムIEMの中では手に届きやすい価格帯

・厚みのあるパワフルな音でバランスもちょうど良い

・コストパフォーマンスが高い

FAudioの中では唯一ハイブリッド型の「SCALE」ですが、ハイブリッドらしい厚みのあるパワフルな音を出しつつも、ハイブリッドらしくない刺さりのないバランスの良い音も出してくれます。聴いていて激しめながらも「ちょうど良い」と思わせてくれるような音作りです。カスタムIEMの中では比較的手が届きやすい価格設定で、ハイブリッドドライバーを搭載している機種も珍しいです。ロック・ポップスなど中域に厚みのある激しめの楽曲と相性が良いです!

 

 


以上!FAudio全ラインナップのご紹介でした!

これらのイヤホンはe☆イヤホン各店にてご試聴頂けますので、ぜひ店頭にてご体感くださいませ!

店舗ページはこちら

 

ではe☆イヤホンよりかじかじがお送りしました!

かじかじ
e☆イヤホンマーケティング担当。元梅田EST店店長。オーディオ歴12年。オーディオ販売歴9年。父親歴2年。オーディオに使った額は総額100万近く。 趣味は音楽鑑賞と夏フェスです。 好きな音楽:RADIOHEAD/Bonobo/Aphex Twin/People in the box/星野源/青葉市子/BUMP OF CHICKEN ロックやエレクトロニカ、チルが好きな超雑食派です。 愛機:Westone WST-ES60/Lime Ears Aether/Apple AirPods Pro /Noble Audio Falcon
  

この記事を読んだ人におすすめ