e☆イヤホンのスタッフによる愛機紹介、今回はWEB本店スタッフ・のっちをご紹介!

 


 

eイヤスタッフが愛用しているイヤホン・ヘッドホンやDAPなどをご紹介する人気企画『e☆イヤホン愛機紹介』のコーナー!

 

 

今回愛機を紹介してくれるスタッフは……

 

のっちです!!

 

 

 

のっち(WEB本店担当)

 

WEB本店でページを作ったり、メルマガを配信したりしてます。

 

Twitterでもちょこちょこと情報発信していますので、よろしくお願いします!

 

 

 

好きなアーティスト・楽曲

宇多田ヒカル / The Weeknd / Robert Glasper / Chick Corea / Madeon / Yasutaka Nakata / L’Arc-en-Ciel などなど

 

JAZZR&Bを中心にエレクトロアニソンまで何でも聴きます!

 

 

 

製品を選ぶときのポイント

バランス重視、様々なジャンルをフラットに聴けるものが好みです。

 

 

 


そんなのっちが使っている愛機はコチラ!

 

SONY NW-WM1A / プレイヤー

 

ひとことレビュー

音質、バッテリー、UIなど、流石SONYと言いたくなるような抜群の安定感使い心地の良さがあります。

 

Macユーザーには曲の転送がやりにくかったり、やや不満なポイントはありますが、トータルバランスに優れた現時点でのWALKMAN最高傑作だと思います。

 

 

 

購入したきっかけは?

もともと5~8万円程度の予算でプレイヤーを探していましたが、いろいろ聴き比べた結果予算オーバーにもかかわらず買ってしまいました。

 

 

 

気に入っているポイントは?

音楽の空気感エネルギーを素直に再現してくれるところ。

 

 

ゴツくて重くて、いかにも良い音出しそうな見た目もGood!

 

 

 

EMPIRE EARS ESR / カスタムIEM

 

ひとことレビュー

非常にバランスが取れた歪みの少ないサウンド解像度も十分で、左右の定位感だけでなく奥行きの定位感までしっかり感じられます。

 

良い音も悪い音も、脚色することなくアウトプットする、まさにリファレンスモニターと言えるシビアな表現力を持ったモデルです。

 

 

 

購入したきっかけは?

リファレンスモニターのカスタムIEMと言えばUltimate Earsの『UERR』が候補に挙がると思いますが、あえてそこを外したかった(笑)。当時、発売されたばかりの新機種だったこともあってこちらに決めました。

 

 

 

気に入っているポイントは?

「フラットなサウンド」をウリにしている機種の中でも、特に低音に重点が置かれているところ。矛盾しているような言い方ですが、決してバランスが偏っているわけではなく、低音が重視される近年のミックスでもしっかり付いてきてくれるレンジの広さがあります。ピアノ、ギターの艶のある音色も個人的にはお気に入りです。

 

 

また、ケーブルは日本ディックスの銀コート8芯ケーブルにリケーブルしており、やや淡白な印象から厚みのある生々しいサウンドへ変化し、解像度も更にグレードアップしました。

 

 

 

AAW AXH / カスタムIEM

 

ひとことレビュー

ダイナミックドライバーが持つ音の厚み空気感を持ちつつも、高域の音の伸びがよく、消え入るような余韻まで鳴らし切ります。

 

滑らかで嫌味のない解像度がリスニングにはぴったりの心地よさです。

 

 

 

購入したきっかけは?

手持ちの機種はモニター系が多かったので、毛色の違うリスニングモデルが欲しかったときに決めました。

 

あと、ハイブリッド構成のイヤホンを持ってなかったので、それも理由のひとつです(笑)。

 

 

 

気に入っているポイントは?

フェイスプレートのアートワーク!カスタムIEMの醍醐味ですよね。

 

 

海外アーティストのイヤモニっぽく、サインを入れたかったんです(ニヤリ)。

 

 

 

SHURE SE846CL-A / イヤホン

 

ひとことレビュー

イヤホンファンにとっては、もう言わずもがなの名機ではないでしょうか? 原音に忠実に、モニターイヤホンとして「信頼できる」サウンドです。

 

某有名音楽プロデューサーが楽曲制作の際にも使用しているだけあって、その実力は折り紙付きです。

 

 

 

購入したきっかけは?

5、6年前にSHUREのSE535の音に衝撃を受け、そこからとにかく色々なイヤホンを価格帯関係なく聴きまくった末、SE846にたどり着きました。

 

 

 

気に入っているポイントは?

自分の中で「基準」となったイヤホンです。決して万人受けするモデルではないですが、ハマる人にとっては一生モノになりえるイヤホンだと思います!

 

 

 

NUARL N6 Pro / 完全ワイヤレスイヤホン

 

ひとことレビュー

2万円以下という価格ながら、完全ワイヤレスの中でもトップレベルの音質だと思います。

 

ここまでクリアな音質ながらも柔らかく、豊かな空間表現を持ったTWSはなかなかありません。

 

 

 

購入したきっかけは?

カラーリングとサウンドがとにかく好みでした。主張しすぎない高級感がいい!

 

 

 

気に入っているポイントは?

デザイン、使い心地が高いバランスでまとまっており、有線イヤホンと遜色ないサウンド。

 

アプリやノイキャンなどの機能はありませんが、今のところ不満に思えるポイントが無いです。

 

 

 

JBL UA SPORT WIRELESS FLASH(Project Rockエディション) / 完全ワイヤレスイヤホン

※商品ページは通常モデル

 

ひとことレビュー

スポーツ向けのイヤホンなだけあって、ガッチリとしたホールド感が頼もしいです。激しく動いても全くズレません。

 

そして、音質は流石のJBL。迫力ある低音クリアな音像が気持ちよく、ロックやEDMとは相性バッチリです!

 

 

 

購入したきっかけは?

ランニングに使えるイヤホンが欲しかったので、アンダーアーマーとザ・ロックとのコラボに惹かれて即決しました(笑)

 

 

 

気に入っているポイントは?

何と言ってもこのいかついロゴ!

 

 

通常のUAロゴもカッコいいですが、ロック様こと「ドウェイン・ジョンソン」とのコラボモデルというだけでトレーニングのモチベーションも上がります(笑)

 

 

 


 

以上、のっちの愛機紹介でした!

 

 

皆さんもぜひ、自分だけの愛機を見つけてみてくださいね!

 

 

 

今回のスタッフ

のっち / WEB本店担当

WEB本店はこちら

スタッフTwitterはこちら

 

 

 

  

この記事を読んだ人におすすめ