NOBUNAGA Labs から3種類のリケーブルとその聴き比べセットが登場!

 

 


 

 

皆さんこんにちは!

e☆イヤホンPR部のうらやんです!

 

 

今回紹介する商品はこちら!

 

NOBUNAGA Labs ほのか/いぶき/ひじり

 

 

 

11月22日発売予定

 

NOBUNAGA Labsといえばリケーブルや、オーディオ用の自作パーツなどを多数手掛けるメーカ。単に音質がいいということに踏みとどまらず高い品質と使いやすさにもこだわった製品をお求めやすい価格で実現しています。

今回は3種類同時発売でしかも聴き比べセットがあります。シリーズ3機種がセットでお買い得になったモデル。これ一つで3つの異なる線材で音の違いを楽しめる欲張りなセットです。

それぞれ一つづつのご紹介なので少し長めですが最後まで読んでみて下さい。

 

 

 

ほのか (Honoka) OFC線3.5mm-MMCX 【NLE-HNK】

明瞭感ある中高域と表現豊かな低域を実現する4芯OFC線採用ステレオミニプラグ対応 MMCXリケーブル

 

 

自然で滑らかな響きを実現するOFC線

1芯あたり0.08mmのOFC線を19本使用。伝送ロスを抑えケーブル本来の能力を発揮します。電気伝導性に優れたOFC線は、低域から高域まで非常にバランス良く、自分で癖のないサウンドを実現します。
また、導体を真円化することで導体自体の柔軟性と耐久性が飛躍的に向上。折り曲げや急激な温度変化にさらされても安定した信号伝達の役割を果たします。

 

 

 

独自技術のSymmetric Braid Matrixを採用

導体のプラス側とマイナス側の撚り方向を対称にして、電気信号の流れを極限までスムーズ化するシンメトリックブレイドマトリックスは、導体同士の電気抵抗の上昇を抑え、低域から高域まで広い帯域の音を伝送することを可能にします。

 

 

 

柔軟で取り回しの良い外被覆

外被には、柔軟性と耐久性に優れたPVCを採用。非常に柔らかく、被覆に擦れた際に発生するタッチノイズを軽減します。

 

 

 

伝送損失を極限まで排除

 

 


電気抵抗の原因となる分岐部分のはんだ接合工程(ジョイント加工)を施さず、ケーブルの編込みピッチを均等化するため、ひとつずつ手作業で編み込み、伝送特性が変化しない理想的な設計を実現。ケーブル本来の特性を余すことなく発揮します。

 

 

 

安定的な電気伝導性を実現する金メッキパーツ


ステレオミニプラグ・MMCXコネクタには、金メッキ処理を施し、接触抵抗を抑え、高い電気伝導性を発揮。また、アルミシェル採用でシンプルながら軽量化と高級感を両立。
さらに、プラグシェルは可能な限り短くすることでスマートなデザインに仕上げています。そして、MMCXシェルには細かなスリット加工を施すことで着脱をサポートします。

 

 

 


 

 

 

いぶき (Ibuki) OFC錫メッキ線3.5mm-MMCX 【NLE-IBK】

 

音の広がりや奥行感を向上し、優れた分離能力を発揮する4芯OFC錫メッキ線採用ステレオミニプラグ対応 MMCXリケーブル

 

 

 

高解像度を実現するOFC錫メッキ線

1芯あたり0.08mmのOFC線を19本使用。伝送ロスを抑えケーブル本来の能力を発揮します。

さらに、錫メッキ加工を施すことで、厚みのある中低域と明瞭な音場定位や奥行き感、柔らかく自然でありながら音の立ち上がりの速い表現豊かなサウンドを実現します。

また、導体を真円化することで導体自体の柔軟性と耐久性が飛躍的に向上。折り曲げや急激な温度変化にさらされても安定した信号伝達の役割を果たします。

 

 

 

独自技術のSymmetric Braid Matrixを採用

導体のプラス側とマイナス側の撚り方向を対称にして、電気信号の流れを極限までスムーズ化するシンメトリックブレイドマトリックスは、導体同士の電気抵抗の上昇を抑え、低域から高域まで広い帯域の音を伝送することを可能にします。

 

 

 

柔軟で取り回しの良い外被覆

外被には、柔軟性と耐久性に優れたPVCを採用。非常に柔らかく、被覆に擦れた際に発生するタッチノイズを軽減します。

 

 

 

伝送損失を極限まで排除

電気抵抗の原因となる分岐部分のはんだ接合工程(ジョイント加工)を施さず、ケーブルの編込みピッチを均等化するため、ひとつずつ手作業で編み込み、伝送特性が変化しない理想的な設計を実現。ケーブル本来の特性を余すことなく発揮します。

 

 

 

安定的な電気伝導性を実現する金メッキパーツ

 

ステレオミニプラグ・MMCXコネクタには、金メッキ処理を施し、接触抵抗を抑え、高い電気伝導また、アルミシェル採用でシンプルながら軽量化と高級感を両立。さらに、プラグシェルは可能な限り短くすることでスマートなデザインに仕上げています。

そして、MMCXシェルには細かなスリット加工を施すことで着脱をサポートします。

 

 

 


 

 

ひじり (Hijiri) OFC銀メッキ線3.5mm-MMCX 【NLE-HJR】

 


解像度を高め微細な音のニュアンスまで表現する4芯OFC銀メッキ線採用ステレオミニプラグ対応 MMCXリケーブル

 

 

 

高解像度を実現するOFC銀メッキ線


1芯あたり0.08mmのOFC線を19本使用。伝送ロスを抑えケーブル本来の能力を発揮します。さらに、銀メッキ加工を施すことで、明瞭な高域とキレのある低域、繊細かつレスポンスの速いサウンドを実現します。
また、導体を真円化することで導体自体の柔軟性と耐久性が飛躍的に向上。折り曲げや急激な温度変化にさらされても安定した信号伝達の役割を果たします。

 

 

 

独自技術のSymmetric Braid Matrixを採用


導体のプラス側とマイナス側の撚り方向を対称にして、電気信号の流れを極限までスムーズ化するシンメトリックブレイドマトリックスは、導体同士の電気抵抗の上昇を抑え、低域から高域まで広い帯域の音を伝送することを可能にします。

 

 

 

柔軟で取り回しの良い外被覆

外被には、柔軟性と耐久性に優れたPVCを採用。非常に柔らかく、被覆に擦れた際に発生するタッチノイズを軽減します。

 

 

 

伝送損失を極限まで排除


電気抵抗の原因となる分岐部分のはんだ接合工程(ジョイント加工)を施さず、ケーブルの編込みピッチを均等化するため、ひとつずつ手作業で編み込み、伝送特性が変化しない理想的な設計を実現。ケーブル本来の特性を余すことなく発揮します。

 

 

 

 

安定的な電気伝導性を実現する金メッキパーツ


ステレオミニプラグ・MMCXコネクタには、金メッキ処理を施し、接触抵抗を抑え、高い電気伝導性を発揮。
また、アルミシェル採用でシンプルながら軽量化と高級感を両立。さらに、プラグシェルは可能な限り短くすることでスマートなデザインに仕上げています。
そして、MMCXシェルには細かなスリット加工を施すことで着脱をサポートします。

 

 

 


 

 

 

 

 

NLE-PLT1-SET(メッキ違い聴き比べセット)

 

NOBUNAGA Labs entryシリーズ3機種がセットになった聴き比べセットです。
ケーブルのぶらつきや耳にかかる重さを軽減合成皮革マグネットクリップの「静寂(しじま)黒」付き

 

 

 

製品の特長

ほのか:明瞭感ある中高域と表現豊かな低域を実現する4芯OFC線採用モデル
いぶき:音の広がりや奥行感を向上し、優れた分離能力を発揮する4芯OFC錫メッキ線採用モデル
ひじり:解像度を高め微細な音のニュアンスまで表現する4芯OFC銀メッキ線採用モデル

 

 

セット内容

・ほのか (Honoka) 1個
・いぶき (Ibuki)1個
・ひじり (Hijiri)1個
・マグネットクリップ::静寂(しじま)黒 1個

 

 

3機種の事について詳しくはこちらから(オフィシャルHP)

ほのか:http://www.wisetech.co.jp/brand/nobunaga/product/honoka/

いぶき:http://www.wisetech.co.jp/brand/nobunaga/product/ibuki/

ひじり:http://www.wisetech.co.jp/brand/nobunaga/product/hijiri/

 

 


 

 

 

こちらの商品は11月22日発売です!

e☆イヤホン全店でお試しいただけます。是非店頭にお越しください。

 

 

以上PR部のうらやんがお送り致しました!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

うらやん
eイヤホン日本橋本店PRスタッフ 和歌山出身シンガーソングライターとして活動してます。 オリジナル曲をレコーディングする中で音に興味を持ち、 生楽器を使ったバンド系の音楽を好んで聴く傾向にあります。 J‐POP、一昔前の音楽好きです。オーディオ勉強中です。
  

この記事を読んだ人におすすめ