ロングセラー製品のWestone Wシリーズが進化。


 

 

日本橋PR部のかわちゃんです。

今回の記事でご紹介をさせて頂くのは老舗イヤホンブランドWestoneが手がける定番のリスニングモデル「Wシリーズ」がなんと長年の時を経てリニューアルされます。

 

 

 

Westone Wシリーズ 2019 Design

 

 

 

2019/4/12

発売予定です

 

 

 

Westone W10 2019 Design

 

 

 

Westone W20 2019 Design

 

 

 

Westone W40 2019 Design

 

 

Westone W60 2019 Design

 

 

Westone   W80 2019 Design

 

 

大きな変更

もともと非常に完成度が高かったWシリーズですが、今回リニューアルで更に磨きが加わりスキのない機種にパワーアップしました。

 

・新Wシリーズ

W80の開発時に成功したハウジングの小型化を他のモデルにも適用
ドライバが複数内蔵されていることが信じられない程コンパクトで快適な付け心地となり、長時間音楽を聴きたくなるデザインとなっています。
また、付け替え可能なフェイスプレートは、従来のプラスチック製からメタル製となり(W40.W60.W80のみ)より強固で重厚感のある仕様へと改良されました。
(W10とW20はプラスチック)

 

 

Westoneといえば補聴器やカスタムIEMを手がけるメーカーなこともあり装着感には定評があります。今回更に筐体が小さくなることにより装着感を更にブラッシュアップ。音楽お楽しむことを妨げない極上の装着感が特徴と鳴っております。

 

・音にも変化が(W40.W60のみ)

 

内部のacoustic(音響)がリファインされたことで、より洗練された高域、豊かな伸び、スムーズなサウンドを実現させました。
元よりWシリーズはリスニングに特化した音作りが特徴のモデルでしたが、より繊細で磨きのかかったサウンドをお楽しみいただけます。

 

 

・付属ケーブルの一新(W40.W60のみ)

リファインされたWシリーズと併せてご利用頂きたいのが、Westoneの新しいケーブル「High-Definition Silver MMCX Andio Cable」です。
銀の含有量を高めたことで減衰率が小さくなり、より繊細な音の伝達が可能となりました。
リケーブル用として1本持っていても損はないこちらのケーブルはW40とW60に同梱されます。

 

 

また、新シリーズには下記の通りBluetoothケーブルも同梱されています。
Westoneのサウンドを有線でも無線でもお楽しみいただけます。

 

 

 

W10/20/40/60

→Westone Bluetoothケーブルが付属

W80 

→Westone Westone Bluetooth Cable Version2

 

 

各モデルごとの特徴

 

 

W10 2019 Design

BA1基を搭載。シングルドライバながらも、特別なチューニングとフルレンジにより、繊細で透明感のあるサウンドを再現。
W80の開発時に成功したハウジングの小型化をW10 2019 Designにも適応。より軽量で快適な着け心地となり、長時間音楽を聞いていても疲れにくい仕様に。

 

 

W20 2019 Design

低域と高域をそれぞれ受け持つ独立した2基のバランスドアーマチュアドライバを搭載。
音域のレスポンスを拡張させたデュアルBAドライバイヤホン。フラットなサウンドで弱めの低音が好きな方におすすめ。
従来モデルに比べてさらに小型化され、気軽に良い音を外に連れ出し、カジュアルなリスニングに最適。

 

 

W40 2019 Design

クワッドドライバ搭載。高精度なドライバの採用に加え、acoustic(音響)の改良により、ハッとする高域・安定した中域・明瞭な低域が感じられ、総体的に非常になめらかで美しいサウンドに。
先進的なクロスオーバーネットワークによる3Wayドライブとの相乗効果で、息をのむほどリアルな音を再現。従来モデルに比べて小型化。

 

 

W60 2019 Design

BAを6基(低域×2、中域×2、高域×2)搭載。acoustic(音響)の改良により、さらに伸びのあるスムーズで洗練されたサウンドを実現。
3ウェイパッシブクロスオーバーネットワークによって、パワフルかつ明瞭でバランスの取れたサウンド。ハウジングはさらに小型化され、より軽量で疲れにくい仕様に。

 

 

W80 2019 Design

高域に4つ、中域と低域にそれぞれ2つのBAドライバを搭載。20khzを超えても全く淀みのない周波数レスポンスを実現。
広い音場と非常に低いノイズレベルで、濃密ながらも全ての音のディティールを正確に再現。音場が非常に広さから、まるでコンサート会場にいるような臨場感。

 

 

 

また合せてWestone純正のMMCX用Bluetoothケーブルも同じくリニューアル!

単体販売もいたします。

 

Westone Bluetooth Cable Version2

 

 

 

同じく2019/4/12

発売予定です

 

 

主な変更点は最新規格「aptX-HD」に対応。解像度が向上し、よりピュアなフルレゾーリュ―ションサウンドをワイヤレスで再現可能に進化しました。

 

加えて充電しながら使用できる「チャージングドック」が新たに付属。本体だけで最大6時間、チャージングドックを併用で最大12時間使用可能です。

 

 

 


 

見た目だけではなくBluetoothケーブルが新たに付属し、モデルによっては音質のアップグレードが行われるという大幅なテコ入れがされたWシリーズ。

発売が非常に楽しみですね。

 

 

以上、最後まで読んで頂いてありがとうございます。

日本橋PR部よりかわちゃんがお送りいたしました。

 

 

かわちゃん
日本橋本店PR部のかわちゃんです!写真を撮ることが大好きなので、写真を通してイヤホンヘッドホンの魅力をお伝えしていきたいと思います!よろしくお願いします(`・ω・´)b
  

この記事を読んだ人におすすめ