おはようございます。

みなみなです。

二日目も晴天の中行って参りました。

どこも高級感溢れすぎて回りを見渡してしまう…

CES2019視察レポート!2日目!

2日目は別会場のベネチアンホテル ラスベガス会場に向かいました。

内装がとてもゴージャスでした。(ちなみに、ゴンドラのあるエリアには行けませんでした。)

 

オンキヨー&パイオニア


注目が高かったゲーミング『SHIDO』

パッド内部に阿吽の文字。

デザインは渋いようなでもポイントで派手な部分のあり絶妙。

ヘッドバンド部分は驚くぐらいしなやかで側圧もきつくなく

長時間の使用も問題無さそう。

とにかく興奮が止まりませんでした。

 

ビジネスユースの参考出品として、首掛けスピーカー、ワイヤレスレシーバー、コイン型のAI ユニットなどがありました。

 

ノルウェーのDJ KYGO(カイゴ)がプロデュースするイヤホン・ヘッドホンも展示。
こちらは日本未発売のようです。

 

 

MASTER & DYNAMIC(マスター・アンド・ダイナミック)

大理石のような見た目が人気のMW07。

コラボは残念ながらみれませんでした…

金色に輝く一台が…。

マイケルジャクソンが…。眩しい…!

 

 

 

 

 

AVIOT(アビオット)

ねこさんにお会いしましたぁぁぁぁあ

そして新たな3機種について教えて頂きました。

 

『TE-DO1d』

モバイルバッテリーとしても使用可能

イヤホン単体で8時間再生

モバイルバッテリーとして使用できるのは嬉しい機能です

 

『TE-BD21f』

カメラのレンズのようなデザインでお好きな方は多いのではないでしょうか

そしてそして。BA2機、DD1機のハイブリット型

TWSでハイブリットだって…。

 

『WE-BD21b』

こちらもBA2機、DD1機のハイブリット型

連続再生時間が24時間とめっちゃ長い。

aptX-HD対応で高音質での再生が可能

 

どの機種も期待が高まる…

 

 

 

Comply(コンプライ)

愛用している方も多いComplyのブースでは

TRUEGRIP PROが展示されておりました。

200~600シリーズのイヤピースの軸に対応しているTWS用のイヤピースです。

Complyで装着感爆上げして安定したフィット感で楽しめますね。

 

 

 

Technics(テクニクス)

テクニクスといえばターンテーブルが主流ですが、別室にワイヤレスヘッドホンがありました。

 

ノイズキャンセリング機能が三段階で調節可能

使用するシーンに合わせて調節することができます。

完璧に外音を遮断するのは…

と考えている方もいると思うのでその機能は嬉しいですね。

デザインはシンプルですがマットな感じが高級感ありますね。

 

 

audioquest(オーディオクエスト)

こちらは正に「超ハイエンド」極めるなら電源周りからって感じがしました!

 

 

Skull Candy(スカルキャンディ)

この日は一旦、ベネチアン会場を離れシーザーパレスホテルに移動してスカルキャンディの展示会に伺いました。

 

CMO(チーフマーケティングオフィサー)

Jessica Klodnicki (ジェシカ・クロドニッキ)氏

Skull Candyブースでは日本未発売の『Push』が展示してました。

メタリックグリーンのカラーは一見派手なように見えますが

実物は深みのあるカラーでした。

装着感は良好。そして軽い。

Skull Candyらしい、低音がしっかりとした迫力サウンド

低音好きにはたまらない1台だと思います。

 

 

 

2日目まとめ

やはりワイヤレス製品が熱いですね。

その中でもゲーミングヘッドセット【SHIDO】

LEDはついていないので光ることはないですがそれがまた良かった。

トゥルーワイヤレスでもハイブリットの機種まで登場して進化は止まりません。

 

 

 

 

当日のツイートをまとめたブログはこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【#CES2019】ラスベガス会場視察!1日目まとめ! #JBL #SOUL #Klipsch #SHURE #Jabla #AKG #SENNHEISER #Razer

 

【#CES2019】ラスベガス会場視察!2日目まとめ! #オーディオテクニカ #beyerdynamic #SHIDO #DENON #RHA #COMPLY #AVIOT

 


 

 

 

みなみな
渋谷TSUTAYA店の人です。
  

この記事を読んだ人におすすめ