小さいけどパワフル&低ノイズなポタアンのご紹介です!


 

 

日本橋PR部のかわちゃんです。

 

今回の記事でご紹介をさせていただくのはiFi-Audioから発売されるxシリーズのポータブルアナログアンプ。

コンパクトな筐体ながら驚きのパワーを秘めた

 

 

iFi-Audio xCAN

 

 

 

2018/12/21

発売予定です

 

 

 

MicroやNanoシリーズよりも、よりコンパクトな筐体に音質と機能をギュギュッと凝縮というコンセプトの「xシリーズ」。

すでに好評発売中のUSB-DAC xDSDに続き、今回はアナログアンプを発表!

小さい筐体サイズながら、なんと片チャンネルあたり1000mWのパワーを実現したデュアル・モノ・アナログ構成。32オームから600オームまでのイヤホン、ヘッドフォンが持つポテンシャルを余すことなく引き出すことが可能です。

 

 

またバランス・Sバランス入出力(2.5mm & 3.5mm)に対応。バランス出力に対応したソース機器の性能を十分に活かすことが可能です。

 

 

加えて目玉機能の一つにBluetooth AAC、aptX、aptX LL接続にも対応!(USBを含む他のデジタル接続には対応しません。)ストリーミング配信サービスにより需要が急速に増加しているスマートフォンとの連携もバッチリです。

 

おなじみの3D+とXBass IIにも対応。本製品もiFi audioらしさが光る魅力たっぷりの製品に仕上がっています!

 

 

製品情報

以下、メーカー様による製品情報です。

 

 

 

片チャンネルあたり1000mWのパワーを持ったデュアル・モノ・アナログ・ヘッドフォン・アンプが基本で、32オームから600オームまでのヘッドフォンのポテンシャルをフルに解き放つことができます。
ますます普及しているバランス型ソース機器とヘッドフォンの利点をフルに引き出すために、バランス&Sバランス*の入力と出力を装備しています(どちらも2.5mmと3.5mm)。
バランス・ヘッドフォン・ジャックを装備しているということは、xCANを使用してLotooのPAW Gold TOUCHやPAW5000、ハイレゾウォークマンなどといったハイエンドDAPの増幅をバランス伝送によりブーストできるということです。
 
 
 
 
*※「Sバランス」についてはこちらをご参照ください→ http://ifi-audio-jp.blogspot.com/2017/10/nano-idsd-bl35mmtrrsq.html
 
 
 
 
 
また、xCANは需要が急速に増加しているBluetooth AAC、aptX、aptX LLにも対応します(USBを含む他のデジタル接続には対応しません)。
スマートフォンやテレビからBluetoothでxCANにストリーミングするので、この場合は配線が不要です。
ヘッドフォンやイヤフォンをxCANにBluetooth接続するだけで、最高のサウンドが得られるのです。
しかもその状態で2.5mmバランス接続も3.5mmSバランスによる接続もできるのです。
 
 
 
 
 
 
iFi audioの特許である3D+®システムはより魅力的なサウンドを生み出し、ステージで演奏している現場にいるような感覚を体感させてくれます。
今回実装された新型XBass II®は、満足度をより高めます。
XBass II®のアナログ式の低域矯正システムが、ヘッドフォンの低音のレンポンスを矯正して、低域上部の帯域により自然なサウンドを生み出します。
 
 
 
 
 
 
 
CyberDriveヘッドフォン・アンプ・ステージは、xDSDと同様、xシリーズの枢軸となる新回路設計です。
この新設計では、フル・アナログ・システムのすべてのパラメーターがデジタル・コントロール下に置かれ、「アナログとデジタルの良いとこどり」を実現しています。このCyberDrive設計は、iFi専用のOV4627超低ノイズFET入力オペアンプと、W990VSTデジタル・コントロール・ステップ・アッテネーターを組み合わせて、新しいレベルの音質を生み出しているのです。
 
 
 
 
さらにxCANは内蔵バッテリー充電用の独立した電源入力(USB Type C)を装備しているので、スマートフォンや再生機器から電力を抜き出すことはありません。
 
 
 
 

仕様

 
 
 
 
 
 
 
入力(ワイヤレス):ESS Sabre 44.1/48k 16-Bit (AAC, aptX, aptX LL and SBC)
入力(ワイヤード):3.5mm (TRS or TRRS S-Balanced*) and 2.5mm (TRRS)
最大出力(3.5mmSバランス):> 3.8V / 45 mW (@ 300 Ohm) > 3.5V / 380 mW (@ 32 Ohm) > 3.1V / 600 mW (@ 16 Ohm)
最大出力(2.5mmバランス):> 7.6V / 90 mW (@ 600 Ohm) > 7.2V / 800 mW (@ 64 Ohm) > 5.7V / 1,000 mW (@ 32 Ohm)
SN比(3.5mmSバランス):> 121dBA (@ 3.8V)
SN比(2.5mmバランス):120dBA (@ 7.6V)
推奨インピーダンス:16~600 Ohm
ゲイン:-95dB〜+ 18db 114dbを1dBステップで調整可能(ボリュームコントロールを使用)
周波数応答:< 2Hz – > 200kHz (-3dB)
再生時間:> 8時間 (charging via USB-C port)
寸法:95 (l) x67 (w) x19 (h) mm
重量:127g (0.28 Ibs)
保証:12ヶ月
総務省技術適合認証:取得済み 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

今回もiFi-Audioらしさがギュギュッっと凝縮された魅力的な製品に仕上がっていますね。

今後も「xシリーズ」は様々な製品を展開していくのでしょうか。非常に楽しみです。

 

 

以上!期待のポータブルアナログアンプ iFi-Audio xCANのご紹介でした。

最後まで読んで頂いてありがとうございます。日本橋PR部よりかわちゃんがお送りいたしました。

かわちゃん
日本橋本店PR部のかわちゃんです!写真を撮ることが大好きなので、写真を通してイヤホンヘッドホンの魅力をお伝えしていきたいと思います!よろしくお願いします(`・ω・´)b
  

この記事を読んだ人におすすめ