ども、けいちゃんです。

 

いよいよ2018年も終了間際、皆さん 何か締めくくりのイベントとかありますか?

こないだ東京でめちゃめちゃ雪が積もったよねぇ!?…って考えると2月のお話ですね、早いもんです。

僕はというと12月に開催される「バイクロア8 秋ヶ瀬の森」を楽しんで、師走を乗り越えようと思います。

埼玉県は秋ヶ瀬公園で開催される大人と子供の自転車の運動会「バイクロア」

自転車・キャンプ・キャンプ飯・音楽を一度に楽しめる完全に俺得なイベント。

現地で見かけた方はソッとお声かけいただければ(笑)

 

 

 

 

さて本題へ!

 

 

 

みなさん、Digital Audio Player、通称DAP・音楽プレイヤーは何を使ってますか?

今となっては価格も様々。

1万円~40万円を越えるようなものまで多彩にあります。

 

 

iPhoneの方はApple Musicなどスマホでストリーミングアプリを使ってる という方も多いハズ。

でもちょっと待って。その音楽、これから紹介するDAPで再生することでもっとイイ音になりますよ?

 

 

ということで!

eイヤホン名古屋大須店 コンシェルジュのけいちゃん(@eear_kchan)が選ぶ!

「この冬、音楽プレイヤーを買うならコレだ!4選」をお送りしまーす!

 

 

eイヤ名古屋大須店 コンシェルジュが選ぶ、音楽プレイヤー4選

 

SONY NW-A55

 

ここがオススメPoint!

小型でも侮るなかれ!安定のSONYサウンド

多彩な使い方!Bluetoothレシーバーとしても使用可能

手が出しやすい価格のDAP

 

 

今回紹介するなかでも一番安価で、初めてのポータブルオーディオに激推しなDAP。

見よ!このサイズ感!

お出かけ前にポケットにIN! コンパクトでどこへでも持ち運べる

この大きさなら普段の生活でカバンに入れておけるので、いつでも手軽に音楽を持ち運べます。

 

小さいだけじゃなく、音質もちゃんとしてるのがSONYクオリティ。

音の厚みと解像感を上手く両立した「楽しいサウンド」はスマホと比べても違いがしっかりわかります。

 

あとこれ面白い使い方がありまして、「Bluetoothレシーバー」として使えちゃいます。

【 スマホ ー[ワイヤレス]→ walkman ー[有線]→ イヤホン/ヘッドホン 】って使い方ですね。

ということはスマホに入っている音楽や、動画の音声をwalkmanクオリティで楽しめちゃうってこと!

walkmanにはSONY独自の高音質アンプDSEE HXが採用されているので、この恩恵はかなり大きいですよ。

 

何度も言うけど、初めての方にまずオススメのDAPです!

 

 

 

 

SONY NW-ZX300

 

ここがオススメPoint!

エントリーモデルからの買い替えに最適、納得できるクオリティ!

上位機種にも劣らない圧倒的なサウンド!

男女問わず選びやすいデザイン!

 

 

はいきた!これも定番のwalkman!

こっちは 既にDAPを持ってるけど、買い替えたい!という方にオススメ。

 

さっきのA55と違うのは音質だけにあらず、この4.4mmバランス出力。

ZX300で4.4mmバランス これはぜひ一度試してほしい

バランス出力を説明すると、ものすご~く長くなっちゃうので今回は割愛しますが、

このZX300、バランス出力は上位機種のNW-WM1Aにも匹敵するほどのサウンドを誇ります。

これがホントにすごい。

 

もちろん4.4mm端子で使用するにはイヤホンのケーブルをかえたり、イヤホン/ヘッドホン自体をかえないといけないけど、それでもかえてみる価値は十分にあります。

 

音質は、僕が思うにはかなりフラットめ。

かつ聴き疲れのしにくい滑らかなリスニングサウンド。

上品なフランス料理ってイメージでしょうか。 (僕は食べたことないですけど)

 

あとは、こういう趣味って男性が多いのですが 女性が持ってても違和感のないデザインはさすがですよね。

ほんとに音もデザインも上品なDAPです。

 

 

 

IRIVER SR15

 

ここがオススメPoint!

圧倒的な声の表現力!

ハイエンドモデルにも迫る、抑揚のあるHi-Fiサウンド!

携帯性と音質の高次元での両立!

 

DAPを語るうえでIRIVERはやっぱり外せない。

僕がeイヤホンで働き始めた時にはすでに Astell&Kern シリーズが業界で大流行していました。

 

SR15は新しいシリーズ A&norma のスタンダードモデル。

小型サイズながら他のハイエンドモデルにも迫る音質を両立していて・・・!!

いい時代になったなぁと思います。

 

ところでこのSR15、

画面が斜めに向いているのも特徴。

 

これにも理由があって、左右どちらの手で握ってもしっかりグリップする使いやすい仕様なんだとか。

絶妙な角度で配置されたディスプレイ 確かに持ちやすい

 

 

後にもう1点 IRIVERのDAPを紹介しますが、どちらも2.5mmバランス出力端子を備えています。

これもさっきと同様でケーブルなどかえる必要がありますが、出力アップなど恩恵がしっかりと感じられます。

 

特に注目したいのがSR15は「声DAP」と呼ばれるほどボーカルの帯域が聴き取りやすく、厚みのあるサウンドに仕上がっているところ。

アニソンとかとにかく声を聴きたいんだ!って方は一度お試しを。酔いしれちゃってください。

 

 

 

IRIVER SP1000M

 

ここがオススメPoint!

IRIVERの最上位モデルSP1000をこの価格&このサイズで実現!

言わずもがな最高クラスの上質なサウンド!

最初からこれを買っておけば、後で他のDAPに買い替える必要もありません!

 

新しい趣味を始めるとき、2パターンに分かれると思います。

1つ目が「どんなもんか試す意味でエントリーモデルを買ってみる」

2つ目が「エントリーモデルに満足できなくなって買い替えるにきまってる!なら最初からハイエンド1択!」

SP1000Mは 最初からハイエンドモデルをお求めの方 にまずオススメしたいDAP。

 

最上位モデルのSP1000と比べると、正直なところSP1000がやっぱり上だとは思いますが、ほぼ同じレベルのサウンドを持ちながら約9万円の価格差があります。

この9万円をイヤホン代に回せると考えると非常にトータルバランスの優れた組み合わせが見つかるはず。

SP1000Mの背面 ブルーカーボンとA&ultimaのロゴが所有欲を満たす

 

 

あとはSP1000はやっぱりDAP界の最高峰のモデルなんだけど、重いのがネック。

SP1000が約390g に対して、SP1000Mは約203g

倍近い重量差があります。

 

SP1000Mを最初から買っておけば、これから先にDAPを買い替える心配も必要ないと思います。

 


 

 

今回はこの4機種をご紹介しました!

2018年、頑張った自分にご褒美 でもいいですし、プレゼントに最適なパッケージもあります。

eイヤホン名古屋大須店では、このブログで紹介した4機種を一気に試聴できる特設コーナーがあります!

悩んでいる方の参考になればこれ幸い。

 

けいちゃんでした~

けいちゃん
e☆イヤホン名古屋大須店スタッフです。 【愛用イヤホン】 Heir 10.A / UE11pro / 1964-Qi / SE215SPE-A 音楽趣味以外にも自転車、カメラ、ゲームをたしなむ程度に足をつっこんでます。何事もカタチから入るタイプ。 故に万年金欠である。
  

この記事を読んだ人におすすめ