老舗メーカーCOLORFLYからなんと新しいDAPが発売決定!


 

 

 

日本橋PR部のかわちゃんです。

 

今回もわくわくする製品のご紹介です。

高級DAP黎明期に同時としては革新的、世界初となる24ビット/ 192kHz再生可能なDAP Pocket HIFI C4をリリースしたあの「COLORFLY」の新製品をご紹介いたします。

 

 

COLORFLY U8

 

 

 

 

2018/11/04

発売予定です

 

 

今回の新製品もCOLORFLYらしいデザインが特徴的ですね。緑の本体カラーがとても素敵です。

本製品の魅力の一つはESS社とCOLORFLY社が共同開発したオリジナルDAC「Colofly α」を搭載している点。汎用ではないDACを採用するよりメーカーの意図をより反映しやすい独創性的な設計が可能になりました。

他にもデータをCPUを通さず直接読み出すことにより遅延を大幅に軽減。OSとハードウェアを切り離すことによりより高品位な再生を目指した設計になっております。

 

 

 

製品情報

 

以下、メーカー様による詳しい製品情報です。

 

U8にはColorflyの開発チームが3年間培った研究成果から生まれた新しいオーディオアーキテクチャを使用し、音楽ソース本来の音を全てのユーザーに伝えることをコンセプトに開発されたポータブルオーディオプレイヤーです。

 

 

ESS technology社と共同開発したオリジナルDAC「Colofly α」

 

 

「Colorfly α」は、ESS Technology社とColorflyで共同開発されたハイエンドDACです。「Colorfly α」を左右独立で搭載し、その高精細なハイエンド回路設計は130dBのDNR(ダイナミックノイズリダクション)を実現しました。また、最大32Bit/384kHzのPCMデータと、DSD512(22.5792MHz)のデータ再生をサポートし、クリアで官能的なハイレゾサウンドを、お楽しみ頂けます。

 

 

ATMP Technology

 

U8には、”原音再生”処理を実現する為の、新しいオーディオソリューションが盛り込まれています。ベースとなるオーディオアーキテクチャを改めて見直し最適化しました。再生する際には、一般的なCPUを介す方法ではなく、ストレージから音楽データをダイレクトに取得し、FPGAで直接呼び出しデータストリームの遅延を大幅に軽減する技術を採用しています。 オペレーティングシステムと、ハードウェアの分離は、安定した信号の伝送を保持し音の再現性や、立ち上がりの良さ、きめ細かさ、明瞭さなどあらゆる面でより良い方向に影響しています。

 

JitterKillⅡGeneration Technology

 

U8用にColorflyによって設計されたJitterKiller IIテクノロジーは、超低ジッタクロック水晶発振器です。超低位相ノイズ水晶発振器(Typical)10dB @ 100dBc / Hzは77フェムト秒の基準クロックを持ち一般的に使用されている水晶発振器の2倍に当たる45.1584MHzと49.152MHzの水晶発振器はU8用の特注DE-Jitterチップを使用しています。このチップは、リファレンスレベルのオーディオ回路設計に耐える性能を持っています。

 

 

Flexible Sensor Display to adjust volume

 

従来のメカニカルボリュームのノイズを解消する為にフレキシブルセンサーを搭載したタッチスクリーンへと進化し、C4以来の革新的なボリュームコントローラーとなりました。

 

Ultron Operating System

 

U8は液晶に3.97インチのIPSパネルWVGA 800 × 480の高解像度タッチスクリーンを採用し、Android6.0をベースとしColorflyが音楽再生に特化しフルカスタマイズしたUltron OSは音楽を聴くための快適な環境を提供します。

 

 

スペック

 

 

商 品 名 Portable Audio Player U8
ボディカラー グリーン
接続方式 Bluetooth 4.0(プロファイル:A2DP AVRCP)
Wi-Fi 802.11b/g/n(2.4GHz)
USB DAC
ストレージ 内蔵容量 RAM 2G/ROM 64GB
microSDカードスロット×1スロット (SDHC/XC 最大256GB )
最大出力 130mW
DNR@600RZ 123dBA
THD+N@600RZ -110db(0.0005%)
入力端子 USB TYPE-C 端子(充電・データ転送:MTP-メディアデバイス方式-)
音楽再生 再生サポート DLNA
Bluetooth(コーデック:SBC、AAC)
ファイル形式 DFF、DSF、WAV、FLAC、WMA、MP3、OGG、APE、ISO
サンプリングレート Max support to PCM 8kHz–384kHz(8/16/24/31Bits per Sample)
DSD64–DSD512(1Bit)
注意:上記フォーマットは、ステレオのみをサポートしています.。
イコライザー機能 31+7(PRO)
オーディオ D/Aコンバーター ESS Colorfly α
入力端子 USB TYPE-C 端子(充電・データ転送)
出力端子 3.5㎜ ヘッドホンジャック + OPTICAL + LINE OUT
2.5㎜ ヘッドホンジャック4極(バランス)
画面 3.97型 IPS Touch screen WVGA(480×800 ドット)
ボリューム 静電容量式スライダー (1,3,5ステップ単位変更可能)
対 応 O S Windows XP, Windows 7,8,10 (32/64bit), Mac Os X(10.7以上)
表示言語 7言語(日本語, 英語, 独語、仏語、露語、韓国語, 中国語(簡体/繁体)
電源 バッテリー 3400mAh
充電時間 約2時間 (2A)
駆動時間 通常使用約7時間
充電方法 USB TYPE-C 充電&再生&データ転送、電源オフ時は充電のみ可能
サイズ W:約66× H:約110 × D:約14 (mm)

 

 

 


 

 

Wi-fi機能も搭載しておりDLNAを使用したネットワークオーディオ再生に加えBluetoothにも対応。

しかも使いやすいUIを備えたUltron OSにより快適な操作も可能。機能面もバッチリですね。

 

 

 

「COLORFLY」から数年ぶりとなる新作のご紹介でした。

発売が非常に楽しみですね。

 

 

 

 

以上、最後まで読んで頂いてありがとうございます。

日本橋PR部よりかわちゃんがお送り致しました。

かわちゃん
日本橋本店PR部のかわちゃんです!写真を撮ることが大好きなので、写真を通してイヤホンヘッドホンの魅力をお伝えしていきたいと思います!よろしくお願いします(`・ω・´)b
  

この記事を読んだ人におすすめ