たっちゃん

 

 

皆さん!こんにちは!こんばんは!

e☆イヤホン名古屋大須店のたっちゃんでございます!

Twitterはコチラ→@eear_tatchan

 

 

明日はとうとうポタフェス in東京ですね!!

会場に行かれる方はぜひ楽しんでください!イベントもいっぱいですよ~!

 

【#ポタフェス秋葉原】ついに明日! ポタフェス参加の準備はいいか!?【あと1日】

 

ではでは、早速新製品の情報をお伝えいたします!

 

 

Lotoo × ENIGMA ACOUSTICS

Dharma D200

 

※PAW GOLDは付属しません。

 

 

シングルダイナミックドライバーの唯一にして最大の利点は、構造がシンプルで済むことです。

帯域幅の狭いドライバーユニットを使い周波数特性を上と下に伸ばそうとすればするほど、

ドライバーの数は多くなり、ネットワークは複雑さを増してきます。

もし、1つのドライバーで可聴域をカバーできるのであれば、ドライバーの数を増やす必要はないのです。

そして構造がシンプルで済むということは、それだけ自然で楽器本来の音がそのまま味わえるということになります。

しかし、それだけドライバーに対する要求は厳しくなってきます。

特に、ドライバーのサイズが限られるイヤフォンにおいて、たった1つのドライバーで可聴帯域をカバーし、なおかつ耐入力も満たすというのはいままで実現困難でした。

ENIGMAcousticsはDharma D200のために、シングルダイナミックドライバー構成に耐えうるドライバーを1から設計製造しました。

また、Dharma D200はシングルダイナミックドライバーを生かすために様々な工夫を用いています。

例えば、リケーブル対応ではなく、あえてユニット直出しの銀銅ハイブリット導体によるケーブル。

これは2pinやMMCXなどのコネクタを用いてしまうとケーブルの太さに制約ができてしまい、Lotoo, ENIGMAcousitcsの要求するサウンドが出せないためです。

大口径ドライバーヘッドフォン、マルチドライバーイヤフォンにはそれぞれ名機と呼ばれる製品があります。

しかし、シングルダイナミックドライバー構成のイヤフォンでは名機を冠するにふさわしい製品が今までありませんでした。

LotooとENIGMAcousticsはDharma D200がそのような製品の第1号になると自負しております。

 

メーカー資料より引用

 

 

との事です!

こちらの製品は正式な販売日は7/17(月)だったのですが、

なんと!7/15(土)より

先行販売となります!!!

ポタフェス会場でも聴けるのでしょうか…?

気になる方は、Lotoo製品取り扱いのトップウイングさんのブースか、ENIGMA ACOUSTICS製品取り扱いのメースさんのブースで試聴出来そうですね!ぜひ!!

 

イメージ画像がオシャレですね…!!

 

以上!新製品情報でした!!

 

 

 

それでは、明日明後日のポタフェス東京楽しんでくださいね~!!!

ではでは、名古屋大須店のたっちゃんがお送りいたしました~!

 

 

 

たっちゃん
こんにちは!こんばんは!たっちゃんでございます! お店では新品商品やカスタムIEMを中心にご案内しております! fhánaが好き。 #eイヤ写真部 見習い。 プレイヤー:AK380 イヤホン:UE900、SE215SPE ヘッドホン:Q701、K545、T50RP mk3 カスタムIEM:VE5、CW-L02、VE6 X2、MH334 「アニソンって何だろう…?」と考えて未だ答えが出ないのが悩みです。
  

この記事を読んだ人におすすめ