ばな)

こんちは!カスタムIEM専門店のきくちゃんです!

カスタムIEMのよくある質問に答えるシリーズ!(シリーズ化したい)

 

■バックナンバー

一回目【How to カスタム】カスタムIEMとカスタムイヤピースってどう違うの?

 

第二回目の今回は修理編!

カスタムIEMって高額だし壊れたときどうなるの!?

修理できるの?どうすればいいの?というお問合せたくさんいただきます!

ということで今回はカスタムIEMの修理についてご説明いたします!

 

 

■修理受付の方法

基本的に販売店でのお受付になりますのでe☆イヤホンでご注文の場合はe☆イヤホンが修理窓口でございます。お近くの店舗に直接お持込頂くか、郵送の場合はお電話またはメールにて一度ご連絡を頂きカスタムIEM専門店へお送りいただくとスムーズにご対応可能です。

 

●店頭受付の場合

 e☆イヤホン各店店頭に修理品を持ち込み

 ↓

 店頭にて故障個所のチェック、修理受付

 ↓

 メーカーへ発送

 ↓

 メーカーにて修理

 ↓

 メーカーより修理品がe☆イヤホンへ入荷

 ↓

 入荷後お客様へご連絡、お渡し

 

●郵送での修理受付

 e☆イヤホン カスタムIEM専門店へ症状を書いたメモを同封し送付

 (〒101-0021 東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビル1F)

 ↓

 カスタムIEM店スタッフが修理箇所を確認、修理受付

 ↓

 メーカーへ発送

 ↓

 メーカーにて修理

 ↓

 メーカーより修理品がe☆イヤホンへ入荷

 ↓

 入荷後お客様へご連絡、お渡し

 

という修理の流れです!

 

■実際にどこまで修理できるの?

シェルが割れた ⇒ 修理可能

コネクタが折れた ⇒ 修理可能

ケーブルのピンが折れてコネクタに残った ⇒ 本体は修理可能

※ケーブルは基本初期不良のみ対応。この場合、新しいケーブルをお買い求め下さい

フェイスプレートが外れた ⇒ 修理可能

左右の音のバランスがおかしい ⇒ 修理可能

片耳から音が出なくなった ⇒ 修理可能

 

といった具合にカスタムIEMはもともと業務用の機器ですので

基本的に全ての部分が修理可能!業務用機器なのにメーカー保証もついております!

修理費用については作業内容によって異なるため、一度メーカーへ修理に出してからのご案内となります。

※海外メーカーの場合、お見積もりに2週間から1ヶ月程度お時間がかかる場合もございます。

※納期は修正内容にもよりますがおおよそどのメーカーも一ヶ月半から二ヶ月程度です。

 既存品の修理箇所の特定や補修などを行うため修理にお時間がかかる場合もございますので予めご了承下さい。

 

ちなみに!リフィットも同じ手順でお受付することができます!

リフィットの際は、どの辺りが当たって痛みや圧迫感が出る、どの辺りが緩くて音が抜けているなどある程度詳しい症状が必要でございます。

お分かりにならないようでしたらe☆イヤホン各店店頭にてご相談いただけますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

といった具合にご購入頂いた後もe☆イヤホンが完全サポート!

安心してお使いいただけます!

 

だからといって修理は納期もかかりますし、費用もかかる場合があるので修理せずに長く使えるのが一番です!

製品を長く使うためには日々のメンテナンスが大切です!

使用後はクリーニングツールを使って耳垢を除去したり

メガネ拭きのような柔らかい布かティッシュなどで皮脂をふき取ったり

ペリカンケースなど密閉容器に保存するなどが大事です!

 

 

カスタムIEMの詳しいメンテナンス方法については以前ブログに書かせていただきましたのでコチラをご覧下さい!

e☆イヤホンのブログ 【年末一大行事】カスタムIEMのお手入れ方法【大掃除大作戦】

 

またシェルに亀裂が…とかフェイスプレートが浮いてきた…や音がおかしい気がする…などどこか異変を感じた場合は、放置せず早めに修理へ!

放置しているとメンテナンス不備と判断されでメーカー保証期間内でも有償扱いになってしまうこと…

そうなってしまっては悲しいですからね!

せっかくのオーダーメイドで高額な製品ですので大切に長くお使いいただけたらと思います!

きくちゃん
イヤホン・ヘッドホン専門店『e☆イヤホン』カスタムIEM専門店のマルチ雑用。使用機材PLENUE2,AK120Ⅱ,ES80,UE18+PRO,ES60,CW-L02,LZ4,Mashall Monitor,MDR-CD900ST×3,mimibuta,
  

この記事を読んだ人におすすめ