大先生

どうも、僕です。

 

皆さん、ルービックキューブは好きですか?

僕は学生時代もっぱらカシャカシャ回しており、

今でも考え事が煮詰まったりすると遊んだりします。

一応調子がいい時なら40秒くらいで全面が揃えられたのですが、

最近はもう、ブランクでダメダメかと思います。

そもそも40秒なんてのがスピードキューブの世界では遅すぎるほどです。

そんな僕が使っていたモデルは『Zhanchi』というモデルで、

今でこそ主流ではないそうですが、当時はスタンダードなモデルとして人気を博し、

滑らかな回転と、柔軟な挙動が使いやすいキューブでした。

最近だとMoYuというメーカーのものが人気だそうで、

これからキュービストになる方は是非チェックしてみてほしいところですが、

いかがお過ごしでしょうか。

 


 

さて、今回は新製品のご案内です。

 

本日発売。

 

Witch Girlシリーズで人気を博すAROMAより、

超弩級のイヤホンケーブルが登場致しました。

 

それがこちら……。

 

はいドン!!

 

AROMA

Thunderer Wand Shanti

WitchGirl12_Shanti

 

こ、これはー!!

 

すこぶる高い。

そんなハイエンドたる要因を見て参りましょう。

 


 

まず、ケーブル中央に印字されたメーカーロゴ。

AROMAのものではありません。

そう、皆様お馴染み、日本ケーブル界の雄……WAGNUS

 

そしてこちらのケーブルの監修は、

オーディオ評論家として名高い野村ケンジ氏を起用しています。

 

2.5mm4極プラグのバランス接続用ケーブルで、イヤホン側は2pin端子

 

ここまで言えばもうお分かりの方もいるかと思いますが、

このケーブル、かつてのWitchGirlシリーズでも発売された、

各モデル専用設計の2.5mmバランスケーブル、

Icicle Wand Sera』、

Flaming Wand Karine』の意匠を継いだケーブルなのです!

 

 

Thunderer』は『雷鳴』。

Wand』は『魔法の杖』などの意味で、

Shanti』はサンスクリット語で『平和』などの意味があります。

 

12ドライバーを駆動するパワーを受け止めるべく設計された、

フラッグシップ級ケーブル』とのことで、

元の音色はそのままに、より鮮度感解像度感に優れた描写が可能になるようです。

 

いわば雷鳴の如くパワーがあり、魔法のようなチューニングで、

どこまでも安らぎを与えてくれるケーブル、といったところでしょうか。

WitchGirl12をお使いであれば、ぜひ試してみたいところですね。

 

ちなみに本モデルも過去モデルと同じく、

WitchGirl12とのセット販売がございます!

 

 

ケーブルの分の価格がちょっとお得になっておりますので、

至高のハイエンド環境を一気に揃えたい方にはこちらもオススメです。

 

以上、お相手は大先生ことクドウでした! それではまた次回。


↓店舗案内↓

 

 

自社レビュー_bn_0201-0228

大先生
e☆イヤホンPRスタッフの大先生です。
e☆イヤホンTVパーソナリティ。
http://abemafresh.tv/e-earphone

実力にそぐわぬ大層なあだ名なので、名前負けしないように頑張ります。
アイドルマスターとゲームのサウンドトラックが好き。

▼愛機
カスタムIEM:UE Pro RR
イヤホン:IE800 / IE80 / MDR-N3 / LOLA, etc.
ヘッドホン:HD700 / MDR-MA900 / MDR-1Rmk2 / HD25, etc.
プレイヤー:AK300 / AK100mk2 / D-NE730

この記事を読んだ人におすすめ