100px-ameblo-Distinction-neko

 

はろ~こんにちは!

名古屋大須店 ねこ(@eear_neko) です(。・`ω・。)q

 

まめちゃんが少しずつ猫のフィギュアをプレゼントしてくれます。

気づいたらデスクは「ねこあつめ」状態に。可愛い。ねこのお尻が好きです。

 

さてさて閑話休題。

 

アニメやスマートフォン向けアプリケーションゲーム、ボーカロイド・・今やその分野では知らない人はいない、あの方とのコラボレーションヘッドホンが本日発売になります。

pro_kz_01-min

 

 

そう、こちらはKz(livetune)さんとのコラボレーションなのです!

 

Kz(livetune)とは?

ClariS、Tokyo 7th Sistersの楽曲を始め、アニソン、ゲーム、J-POPなどを手掛ける音楽プロデューサー。またDJとしても『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』『COUNTDOWN JAPAN』『ULTRA JAPAN』『超会議』などジャンルの垣根を越えて数多くのフェス、イベントに出演。2016年からは中田ヤスタカ、tofubeats、banvoxらと新たなイベント『YYY』を始動。またlivetune名義では“Google Chrome – 初音ミク篇 -” のCM曲「Tell Your World」、マジカルミライ2015のテーマソング「Hand in Hand」を始め、数多くの初音ミク作品を生み出す一方、SEKAI NO OWARIのFukase、ゴールデンボンバーの鬼龍院 翔など豪華リアルヴォーカリストを迎えた楽曲もリリースしている。

公式ページより引用

 

私自身も大好きな楽曲を数多く手がける音楽プロデューサー。個人的に思い入れのある楽曲はスマートフォン向けアプリケーションゲーム『Tokyo 7th シスターズ』の楽曲SEVENTH HAVEN。

 

TOON WORKSHOPとは?

TOON WORKSHOPとは、ねんどろいどやfigmaといったフィギュアの企画製造販売で知られるフィギュアメーカーのGOOD SMILE COMPANYと、あのLINKIN PARKのDJ、Me.Hahnとのコラボにより誕生したライフスタイルブランド。

 

アニメはもちろん音楽へのこだわりが強い方とのコラボレーションモデル、もちろん音質にも自信が。

先ほどご紹介した楽曲で実際にこちらのヘッドホンを聴いてみました!

 


まさに現代サウンドに合わせたチューニングではないでしょうか。ベースやキックとも呼ばれる低音のアタック感がすごく良いです。

256パーツから作られる繊細な作りで、どんな人にも合わせやすいフィット感を実現している為装着するだけで一番いい箇所で聴けるような気がします。

側圧がかなり優しいので、動き回っての使用はあまりオススメできませんが長時間の使用にはGOODです。

引き締まった力強い低音は他の音を尊重しつつも自分の持っている良い部分をしっかりとアピールしてくれているかのようです。

高音の刺さりも少なく繊細にではないですが細かく表現、十分感じられます。


 

 

 イコライザを連想させるカラフルなグラフィックが本当にかっこいいですね。

3,thp_01kz_front-min

開いた時。

 

4,thp_01kz_front_close-min

折りたたんだ時。

 

7,thp_01_kz_trans-min

従来のモデル同様変形させることができます。

 

こちらは本日より発売開始、e☆イヤホン全店で取り扱いがございます。

唯一無二のデザイン・音質、どこをとってもきっと満足して頂ける、そんな気がします。ぜひ店頭にて一度手に取ってみて下さい( ・◡・ )♪

 

 

↓店舗案内↓

 

それでは!

名古屋大須店 ねこ(@eear_neko でした!

 

じゃあのっ(=^・ω・^=)ノシ

ねこ
どうもこんにちは!プロフィールを開いてくれてありがとうございますv イヤホン・ヘッドホン専門店 e☆イヤホン ねこ です(*´∀`*)ノ.+゚ 「より多くの人にイイ音を楽しんで欲しい」そんな情報をいち早くお伝えします。散歩と自撮りの人。 ◎愛機 ・DAP [ AK100II / AK70MKII ] ・イヤホン [ ER-4P / AZLA / E2000 / E3000 / UM Pro10 / FI-BA-SST25 ] ・ヘッドホン [ CUSTOM ONE PRO / Crusher Wireless ] ツイッターもやっています!【@eear_neko】でぜひぜひ検索・フォローしてください! ※ブログの更新ネタも募集中※ 「こんなものをまとめてほしい」「あの商品のこともっと知りたい」お気軽にお申し付けください!
  

この記事を読んだ人におすすめ