たっちゃん

 

 

 

こんにちは!こんばんは!たっちゃんでございます!

Twitterはコチラ→@eear_tatchan

 

もうすぐポタフェス2016 in東京ですね!

新製品の展開など沢山あると思いますので

お時間ある方はぜひ遊びに来てください!

(僕は名古屋でお留守番ですが。。。)

 

 

さてさて本題

先週、僕のもとにあるものが届きましたよ!

 

IMG_1123-min

 

そう!さかのぼること3カ月ほど前にオーダーしていた

Vision EarsVE6 X2が届きました~!

 

 

では、今回このVE6 X2をオーダーするに至ったまでの経緯をお話しします。

 

ちなみにこのブログ記事は4月ごろ書いたこの記事の続きです。

IMG_0529

画像クリックで過去の記事を閲覧できます。

 

 

3カ月ほど前に僕が務めるe☆イヤホン名古屋大須店に

カスタムIEM店がオープンしたころです。

 

たくさんのお客様がいらっしゃって皆さんがカスタムIEMをオーダーしていて

 

ヤヴァイ…カスタムIEM欲しくなってきた…ああぁ

 

という感じになっていたんですね。結構辛いんですよ。

名古屋大須カスタムIEM店オープン記念で3日間セールをやっていて、

丁度Vision Earsが特価になっていたので

 

「ああああ!!!もうオーダーしちゃえええええ!!!」

 

とほぼ勢いでオーダーしてしまいました。。。

「買い物はその場のノリ!」というのが僕の思考です。貯金できないタイプですね。

 


 

 

今回カスタムIEMを作るにあたって

やりたいことがひとつだけありました。

 

 

ミラープレートに切り抜きアートワークを入れたい!

 

 

これだけです。

Vision Earsのミラープレートがとても魅力的なのはみなさんご存知かと思います。

 

IMG_20160628_193303

お客様のVE5です。プレートの鏡面にロゴの影が出てきます。

 

丁度1年前ぐらいから始まったオプションですね~

見るたびに「かっこいい!」「綺麗~!」と言ってしまいます。

 

このミラープレートをオーダーしたいがためにVision Earsを選びました。

前回のブログでもお話ししましたが、

もともと作る予定だったVE6 X2を今回やっとオーダーすることにしました!

 

 

そして、僕のもとへ届いたVE6 X2がこちらです!

 

IMG_20160701_130134

L側。グリーンをベースにチョイス。

 

IMG_20160701_130244

R側。明るくなりすぎないブルー調に。

 

フェイスプレートはミラープレートを、

シェルにはグリッターを入れました!

 

実際に手元に出来上がったものを見るまでは

変なデザインになっている気がする…大丈夫かな…」

と思っていたのですが開けてみたらなんとも綺麗な仕上がりに!

 

IMG_1120

R側。切り抜かれた部分からBAドライバーが見えますね!

 

シェル:グリッター G_009 STARLIGHT 

フェイスプレート:カラーミラー M_014 MIRROR DARK BLUE

+アートワーク切り抜き

 

IMG_1119

L側。細かなアートワークも正確に切り抜かれています。

 

シェル:グリッター G_003 GREEN 

フェイスプレート:カラーミラー M_009 MIRROR GREEN

+アートワーク切り抜き

 

IMG_1121

名入れには好きなアニメキャラの名前を…

 

毎度ネタにしている(?)カスタムIEMへの名入れですが、

僕が好きなアニメキャラの名前を入れるようにしています。

VE5→NOZOMI(ラブライブ!より)

CW-L02→saki(咲-saki-より)

VE6 X2→CHIYA(ご注文はうさぎですか?より)

次に作るカスタムIEMは何のキャラの名前を入れようか今も考えています。

(気持ち悪いって言わないで…)

 

それはさておき、

ミラープレートの切り抜きアートワークでは

かなり細かい部分までカッティングされています!!

 

IMG_1114

R側フェイスプレート上部。実際に見てみるとかなり小さく細かい。

 

 

これほんとに凄いんですよ!

名古屋大須店に来店されたら是非見ていただきたいです。

芸術品だと思います!

 

 

 

実際に触ってみて思ったことが1つ

既に持っているVE5と形が全然違う!!!

 

 

IMG_1115-min

シルバー:VE5  / グリーン:VE6 X2

 

同じ人物の耳型なのでベースは一緒なのですが

装着感がまったく違います!!

 

↑の写真を見るとわかるのですが

VE5の方が大きめでVE6 X2の方が少し分厚いですね。

(分厚いのはおそらくミラープレートの影響です)

 

VE5のほうが全体的にシェルが大きいため装着感も全体的にきつめ。

遮音性はかなり高いですが長時間つけるには疲れてしまいます。

対してVE6 X2は装着感は軽めで窮屈な感じは一切ありません。

遮音性は通常のカスタムIEMと変わりませんがVE5と比べるとやや落ちたように感じます。

(といっても個人的には許容範囲内です。)

 

 


 

 

とりあえず、聴いてみた!!

 

試聴環境は長年の愛機AK100と

そろそろ買い替えたいと思っているSONY XPERIA Z3

 

Vision Earsに限らず、カスタムIEMは普通のイヤホンと比べても

音圧感度が高いため、非常に音が取りやすいのです。

店頭でよく「スマホでも音取れるんですか?」と聞かれるのですが

実はまったく問題ありません!!

(機種によるところもありますが…)

 

ただ、良い音で聴くならプレイヤーやアンプはあったほうが

高音質化を図ることが出来ますよ!!尚良しといった感じです。

 

 

音質的にはかなりフラット

どの音域が出っ張ることもなく引っ込むこともないイメージで

全体的に音には硬さがあり、キレ感が気持ち良いです。

音の粒がとても小さく、解像度がとても高いですね。

広がりもあるので聴き心地はよいのですが

しっかり聴きこもうとすると疲れやすいかもしれないです。

 

音場の表現としては前と上下左右にかなり広がりが感じられます。

真後ろまでは感じづらいですがかなり広い範囲をカバーしています。

カスタムIEMにしてはかなり音場表現に長けていると思います。

 

 

 

聴き比べてみた!!!

 

まずはVE6 X2の試聴機→実機の変化

・少し低音域が増える。

・広がりはほぼそのまま。

・上下の広がりが感じやすくなる。

 

ユニバーサルモデルからカスタムIEMになることで

遮音性や装着感が良くなるのはもちろんですが

以上の3点が変化として見受けられました。

 

低音域に関してはこもる感じはなく

バスドラやベースが聴き取りやすくかつ

スピード感溢れる低音域になりました。

聴き取りやすくなったことで、

爆速レスポンスの低音域が楽しめます!

 

前後左右の広がり感はそのままに、

上下定位が感じとりやすくなりました。

カスタムIEMには珍しい、広がりの楽しめる機種だと思います。

 

お次は僕の愛機“VE5”と聴き比べます。

 

音場の広さでは圧倒的にVE6 X2が優位に立ちます。

VE5は実機になるとかなり音場が狭くなる印象で

どちらかというと奥行き感の強いイヤホンだと思います。

定位感と解像度もVE6 X2のほうが高く細かい音を正確に聴くことができます。

 

こんなに書いているとVE5は音が悪いように思われるかもしれませんが

そうじゃないんです!!!

 

 

VE6 X2を一言でいうなら

自然

という感じです。

嫌味がなくすっきりとしたイメージが強いです。

 

対してVE5

スピード感

という印象。

とにかく聴かせ上手というかVE5ならではの味があります。

ボワつきの少ない低音域がキレ良く「ダンッ!」と鳴り

高音域は光るように、でもキレイに伸び、ボーカルが目の前で歌う。

そんな「THE リスニングサウンド」なのがVE5なのです。

VE6 X2とは完全に別物なのです。

 

VE5の試聴機はかなりすっきりしている印象が強いのですが

実際にカスタムIEMになると結構ゴリゴリ感が増します。

試聴の際は耳の奥までしっかり入れ込むのがポイントだと思います。

 

そんなこんなで思うことをばーっと書いていきましたが

VE5もVE6 X2もどっちも好きです。はい。

 

 

 


 

 

さてさて、こんな感じで書いていきましたVE6 X2のレビューですが

いかがでしたでしょうか??

 

デザインはともかく、

音質のレビューだけでも読んでいる方の商品選びに役立てばと思います。

 

あと最後に言わせてください。

 

 

 

VE5とAK70は

相性がばっちりすぎる!!

 

 

AK70を買おうと思った瞬間でした。

ではでは、名古屋大須店のたっちゃんがお送りいたしました!!

 

 

↓店舗案内↓

たっちゃん
こんにちは!こんばんは!たっちゃんでございます! お店では新品商品やカスタムIEMを中心にご案内しております! fhánaが好き。 #eイヤ写真部 見習い。 プレイヤー:AK380 イヤホン:UE900、SE215SPE ヘッドホン:Q701、K545、T50RP mk3 カスタムIEM:VE5、CW-L02、VE6 X2、MH334 「アニソンって何だろう…?」と考えて未だ答えが出ないのが悩みです。
  

この記事を読んだ人におすすめ