りょう太 - バナー

皆さんおはこんばんちは。

e☆イヤホンのりょう太です!

 

発表会へお邪魔してきました!

20160621-IMG_1681 のコピー-min

Astell&Kern新製品発表会!

むむむ、お姉さんが手に持っているものが気になりますが、発表会で紹介された順を追っていきますね!

 

 

まず発表されたのはこちら!

20160621-IMG_1687 のコピー-min

AK T8iE MkII

Astell&Kernとbeyerdynemicのコラボレーションにより誕生したテスラテクノロジーを搭載した世界初のイヤホンAK T8iEがリニューアルしました。

上の写真で見る限り外観に大きな違いは見られませんが・・・

 

20160621-IMG_1694 のコピー-min

ケーブルが変わった?

そう、旧来機を所有している方ならばすぐにお気づきになるでしょうが、ケーブルが別物になっています。

 

>AK T8iE MkIIは何が変わった?

20160621-IMG_1625 のコピー-min

①ボイスコイルがアップデート

イヤホン本体部分に外観的な変化は見られませんが、内蔵されているドライバーユニットのボイスコイルが「大音量時の的確な駆動の実現」と「更なる低歪化を実現」しているとのこと。

 

 

20160621-IMG_1629 のコピー-min 

②新ケーブルを採用

外観的にも変更されたことがわかるケーブル。新たに銀メッキ銅線を胴体としたものに変更され、更なる高音質化が図られています。

銀メッキ銅を採用し、見た目も少し太くなったことで以前のようなしなやかさが失われたかと言うとそういうこともなく、かなり柔軟性の高いケーブルに仕上がっています。また、耐久性にも配慮されているとのこと。

 

20160621-IMG_1631 のコピー-min

③MMCXコネクターの変更

MMCXコネクターも高精度ゴールドメッキのものにグレードアップされ、抵抗値が従来に比べ低くなり、耐久性も向上しているようです。

予め3.5mmアンバランスと2.5mmバランスの2種類のケーブルが付属しているのは旧来機同様なので、頻繁に付け替える可能性が高い分、端子のグレードアップは嬉しいポイントです。

 

20160621-IMG_1634 のコピー-min

変更点のまとめ

AK T8iE MkIIは999USD、7月発売予定とされていました。日本国内での正式な価格、発売日は今の所未定です。

 

>AK T8iE MkIIまとめ

・ボイスコイルを最適化

・ケーブルのグレードアップ

・MMCXコネクターのグレードアップ

・付属品の内容は変わらず

・ドイツの工場で一点一点ハンドメイド

・999USDで7月発売予定

 


 

続いては気になるこちら!

20160621-IMG_1556 のコピー-min

Astell&Kern AK70

Astell&Kernの最新プレイヤーAK70が発表されました。

まずはぐるっと外観を見ましょう。

 

20160621-IMG_1557 のコピー-min

ミスティミントと名付けられた淡いミントグリーン色

 

20160621-IMG_1562 のコピー-min

ぱっと見はAK240をシンプルにしたような形状

 

20160621-IMG_1570 のコピー-min

AK240っぽい斜め部分は単純な傾斜ではなく緩やかなカーブになっている

 

20160621-IMG_1576 のコピー-min

サイドキーとmicroSDカードスロット

 

20160621-IMG_1583 のコピー-min

底面にはUSB端子

 

20160621-IMG_1577 のコピー-min

上面には3.5mmアンバランス出力、2.5mmバランス出力、電源ボタンが

 

20160621-IMG_1574 のコピー-min

裏面は他の機種に比べるとかなりシンプル

 

20160621-IMG_1587 のコピー-min

AK70は「より身近なAK」として開発されたAK Jrの実質的後継機になります

AK70は、AKシリーズのいかなる世代にも属さない「普及機」として開発されたAK Jrの後継機にあたりますが、独自OSではなくAndroid OSベースとなっています。動作はサクサクで操作感はAK380など現行機と全く同じでした。

DACはAK240などにも採用されていたCS4398がシングルで実装。PCMは24bit/192kHzまでネイティブ再生、DSDは128までPCM変換で再生可能です。

内蔵メモリは64GB。カードスロットはひとつで最大128GBまで実装可能。

あと、実はBluetoothもver4.0に対応しており、シリーズでは今までAK3XXシリーズにしか実装されなかったapt−Xコーデックにも対応しております。これ個人的にいいと思います。

 

USB-DAC機能も搭載されていて、AK Connectにも対応しております。AK Jrからかなりの進歩が見られますね。

 

そして今回一番の衝撃!

20160621-IMG_1655 のコピー-min

USBオーディオ出力に対応

これまでAKシリーズに実装されてこなかったUSBオーディオ出力についに対応!

PCMだけでなく、DoPにも対応。Mojo等のDSD対応DACを外付けすればDSDをネイティブ再生することが可能となります。

 

しかし、なんと・・・

第二世代機、第三世代機もファームウェアアップデートで順次USBオーディオ出力に対応するという発表も!

 

これは嬉しいサプライズ!AK3XX系、AK240系、AK100II、AK120IIも近い将来対応することになります。

 

AK70は599USD、こちらも7月発売予定とされていました。日本国内での正式な価格、発売日は未定です。

 

>AK70まとめ

・AK Jrの後継モデル

・PCMは24/192までネイティブ再生

・DSDは128までPCM変換で再生

・ケースは別売り

・AK240をシンプルにしたようなデザイン

・USB-DAC機能、AK Connect対応

・USBオーディオ出力機能搭載

・Bluetoothがapt−Xコーデックに対応

・光デジタル出力はない!<見落としがち

・599USDで7月発売予定

 

まとめるとこんな感じです。第二、第三世代には全機種搭載されていた光デジタル出力機能は持っていません。これはAK Jrを踏襲していますね。

 

発売日と価格、あとは皆さんがいつ聴けるのか!それが気になるポイント。わかり次第いち早くお伝えしたいと思います!

 

 

↓店舗案内↓

 

  

この記事を読んだ人におすすめ