bannar_kitton1

 

こんにちはー。

秋葉原店からドイツに出張中のきっとんですー!

 

そうです!ドイツにいるんです!ベルリンですよ!じゃあまにーですよ!母国に気候が近くてウキウキルンルンのきっとんでございますよ!(

 

いやードイツいいです。ごはんおいしいし、涼しいし、何より僕の身長が普通に見える!!!

 

まあ冗談は置いときまして、今回の出張のメインイベントはコチラ!

IFA

IFA2015!!

IFAとは…ドイツで一年に一回開催される大規模な家電見本市です。

ヘッドホンなどのオーディオの他にも冷蔵庫や、パソコンなどありとあらゆる家電がずらりと並びます。とてつもなく広くて目的地に着くまでにへとへとになります笑

 

さてそんなIFAから今回はbeyerdynamic X Astell&Kernブースをご紹介いたします!

top

もうトップ画像見ていただいたらわかりますよね。

 

今回の目玉といっても過言ではないと思います!

 

AK T8iE!!

AKT8iE

ひゃー!かっこいい…!

 

こちらのAK T8iEはiriverのAstell&Kernとのコラボモデルで世界初のテスラテクノロジー搭載カナル型イヤホンとなっております!

 

ちなみにテスラテクノロジーとは…従来のヘッドホンの磁気の収束密度の倍以上の収束密度(1万ガウス以上)を持っている磁気回路のことです。

 

こちらのAK T8iEはbeyerdynamicの代名詞でもある、テスラヘッドホンの特徴であるリング型のマグネットを約1/16に小型化して搭載しています。

基本的には大型のT1やT5pに搭載されているそのテスラテクノロジーをイヤホンに詰め込んだというから驚きです。

そして今回のIFA2015で世界初展示ということでブースには常にたくさんの試聴ご希望の方がいらっしゃいました。

 

外観は三角形のような形で金属のつやつやとした質感が特徴的ですね。色は少しクロームっぽいシルバーのような色をしています。

ドイツ-1-55

Astell&Kernのプレイヤーと最適化させるためにAK T8iE はケーブル着脱式になっています。端子はシンプルにMMCXなのでリケーブルもしやすそうですね!

また、2.5 mm 4 極プラグの AK バランス用ケーブルが標準付属しています。

 

そしてこちらのAK T8iEは装着感の向上のために、ハウジングの形状や、ステムの形状にもこだわっています。

特にステムの形状は独特で、オーバル型(楕円形)になっています。

ドイツ-1-48

この形状が耳穴の形状に近いため、ストレスなく快適につけられる一つの理由になっているそうです。

 

このステムの形状に合わせてイヤピースもデザインされていてさらに独特な形状をしています。

ドイツ-1-47

末広がりのような形状でどことなく帽子みたいな形をしています。

 

ちなみにbeyerdynamicの開発チームの間では「The Darth Vader’s Hat(ダースベイダーの帽子の部分)」と呼ばれているらしいです(^^;

 

実際に装着してみると金属の筐体の重さがあるにも関わらず、耳にあまり干渉せず快適な付け心地でした。

 

ドイツ-1-45

こちらがそのドライバーです。大型のヘッドホンに搭載されているものとかなり形が似ているので本当に小さくしたんだということがわかります。

比較までに最上位機種のT1 2nd Generationのドライバーがこれです。

ドイツ-1-50

 

本当にすごい技術だなあと感嘆させられます。

 

では、実際に聞いてみます!

世界初ということもあって緊張します…笑

t8ie-1ooii

試聴環境はAK100II直差しでバランス接続とアンバランス接続で試しています。

試聴音源:Nirvana/Smell Like Teen Spirit,宇多田ヒカル/Beautiful World,Muse/Panic Station

 

まず思ったのは、本当にダイナミック一発?ということ。

全帯域に渡って淀みなく滑らかに鳴ってくれます。beyerdynamicのヘッドホンを聞いているかのような硬質で、煌びやかでありながら滑らかに鳴らすところはテスラドライバーならではと感じました。

またダイナミックドライバー一発なので低域は少し量感があります。ですが輪郭がキッチリ定まっているので野暮ったさはありません。ベースの弦を弾くような楽曲でもぼわつかず、まとまりがあります。バランス接続にした際にはそれが色濃く出てくれるので個人的にはバランス接続が好みでした。

また、従来のダイナミック型イヤホンに比べて高域の伸びやバランスの良さは特筆すべきものがあり、今までにない新鮮な表現力に終始感動していました。

音場はそこそこの広さで、疲れないぎりぎりの広さといったところ。リスニングにはもってこいのいい塩梅でした。

 

製品として恐ろしいほどの完成度と洗練されたサウンドステージに純粋に欲しいなと思える素晴らしい製品でした。

予想価格が999€(日本円でおおよそ13万円)と少し高めな値段設定でしたが十分にその価値はあると思います。

日本に上陸した際はぜひ一度聞いてみていただきたいですね!

 

さて、メインのAK T8iEがやっぱり人気の様でしたが、その他に一点気になった商品があったのでご紹介いたします!

 

その名もずばりA2!

A2-top

こちらはbeyerdynamicのヘッドホンアンプA1の後継モデルです。

全体的には天板の模様以外ほとんどデザインは変わりませんが、大幅なパワーの向上と全体的なサウンドの見直しがされていました。

A1に比べて、中低域のフォーカスがびしっと決まり、全体的に音場が広くなった印象でした。

また天板にbeyerdynamicのロゴの切り抜きが新しく入り、中の基盤が透けて見えます。どうやら中にLEDライトが入っているようでオレンジ色に光っていてなかなかかっこよかったです。

a2

会場が明るく少し反射してしまっていますが、見えますでしょうか…?

価格などはまだ決まっていないとのこと。コチラも今後に期待大ですね!

 

さていかがだったでしょうか?

まだまだ面白いブースや商品がたくさんありそうです。

明日もじっくりまわって探してみます!(^^)!

 

次のIFAレポートもお楽しみに!

 

ではではドイツに出張中のきっとんがお送りしました~

 

ばいばいっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

この記事を読んだ人におすすめ