hamachan-100px-ameblo-Distinction

e☆イヤホンのはまちゃんです!

 

本日は、marantzの据置型のプレイヤーを聴いてみたいと思います!

 

 

marantz(マランツ)とは?

“マランツ”は1953年にソウル・B・マランツ氏が米国にてプレミアム・オーディオ/ビジュアル製品の開発・製造・販売を行うブランドとして設立。1958年発売のプリアンプmodel7、1961年発売のパワーアンプmodel9をはじめ、市場から名機と賞賛される数々のオーディオ/ビジュアル製品開発・販売をしてきました。1968年には日本にてマランツ製品の生産を開始し、開発拠点も徐々に日本に移行。1982年には世界初のCDプレーヤーCD-63を発売、2年後の1984年にはCDという新時代のデジタルメディアを世の中に浸透させるモデルとなったCDプレーヤーCD-34を発売しました。

1991年、民生用では世界初となるCDレコーダーCDR-1を発売。さらにオーディオコンピューターAX1000を発売、室内音響特性の補正や著名ホールの音響特性を再現する音場創生など、現在のAVアンプの礎となる技術を搭載した製品でした。1999年にはスーパーオーディオCDプレーヤーSA-1、さらにホームシアター用DLP®ビデオプロジェクターVP8000の2機種を世界に先駆けて発売。

現在、マランツは高性能ハイファイアンプ、AVアンプ、スーパーオーディオCDプレーヤー、ブルーレイディスクプレーヤー、フロントサラウンドシステムCINEMARIUM(シネマリウム)、ネットワークオーディオプレーヤーなど時代をリードする製品を開発、世界のプレミアム・オーディオ/ビジュアルのトップブランドとして支持されています。

 

Marantz JP

http://www.marantz.jp/jp/pages/home.aspx

 

 

 

marantz ND8006

marantz ND8006

marantz ND8006

 

marantz ND8006 概要

marantz ND8006

marantz ND8006

限りないミュージックソース、すべてをHi-Fiクオリティで

新しい8006シリーズは、ミュージックソースが多様化する現代において、身の回りに存在するさまざまな音源を手軽に、でも高音質で楽しみたいというニーズに応えるためのHi-Fiコンポーネントです。

ND8006は、マランツ初のCDプレーヤーとネットワークプレーヤーを統合した「ネットワークCDプレーヤー」ディスク、ファイル、ストリーミングなどの形態に関わらず、デジタル音源をHi-Fiクオリティで再生することができます。CD、ネットワークオーディオ/USB-A(5.6MHz DSD、192kHz/24bit PCM※1)、USB-DAC(DSD 11.2MHz、PCM 384kHz/32bit)、インターネットラジオ、AirPlay、Bluetooth®に加えてAmazon Prime MusicやAWA、Spotify、Sound Cloudなどのストリーミングサービスにも対応しています※2。

様々なデジタルソースをサポート

様々なデジタルソースをサポート

D/Aコンバーターにはデジタルフィルターをカスタマイズできる「ES9016K2M」を採用し、マランツ独自のデジタルフィルター「MMDF」を搭載。ユーザーの好みや楽曲に合わせて2種類の特性を切り替えることができます。DAC以降のアナログ出力回路にはマランツオリジナルの高速アンプモジュールHDAM®、HDAM-SA2®を用いたフルディスクリート回路を採用。ディテールの情報量が豊かなハイスピードサウンドを実現しています。

※1 DSDネイティブ再生はアップデートにより対応予定です。
  (2017/12/5訂正)
※2 ND8006でAmazon Prime Music、AWA、Spotifyをお楽しみいただくには有料プランのアカウントが必要です。

marantz ND8006 背面

marantz ND8006 背面

 

 

はまちゃんから一言

最も注目してしまうポイントとしては、やはり、その対応コンテンツの多さ!

  • CD
  • ネットワーク
  • ストリーミング
  • AirPlay
  • Bluetooth®
  • USB-DAC
  • USBメモリー

って、ほぼ網羅している点です。

また、ネットワーク機能はハイレゾ音源に対応しており、手軽に音楽を楽しむだけではなく、本格的なオーディオシステムの中心的な役割を果たすことも可能な超万能プレイヤーです。仕様を見れば見るほど、コストパフォーマンスの高さを感じます。

ゲインの切り替えなどの操作はリモコンで行います。

ゲインの切り替えなどの操作はリモコンで行います。

 

 

 

marantz CD6006

marantz CD6006

marantz CD6006

 

marantz CD6006 概要

marantz CD6006

marantz CD6006

CD6006は、プレミアムシリーズでも多くの採用実績があり、使いこなしを知り尽くしたD/Aコンバーター、シーラスロジック「CS4398」を搭載したD/A変換回路、マランツ独自の高速アンプモジュールHDAM®とHDAM®-SA2を実装したアナログ出力回路など、高音質設計を継承しています。

さらに、ヘッドホン出力を強化し、ハイスルーレートオペアンプとHDAM®-SA2型のディスクリート高速電流バッファーアンプを組み合わせた本格的なヘッドホンアンプを搭載。新たに3段階のゲイン切替機能を搭載し、接続するヘッドホンのインピーダンス、能率に合わせて最適なゲインに設定することができます。

marantz CD6006 背面

marantz CD6006 背面

 

はまちゃんから一言

フロントパネルのUSBからiPhone、iPodが接続できる、小粋な機能がついています!ND8006の多機能性には敵いませんが、CDをメインで楽しむならこちらのモデルでも十分に楽しめそうですね!

 

 

marantz CD5005

marantz CD5005

marantz CD5005

 

marantz CD5005 概要

marantz CD5005

marantz CD5005

DAC、メカエンジンを一新。更に進化したベストセラーエントリーモデル。

CD5005 は、DACに上位機種SA8005と同様のシーラスロジック社「CS4398」を採用。数多くのマランツ製スーパーオーディオCDプレーヤーでの採用実績があり、使いこなしを知り尽くしたD/Aコンバーターです。さらに、近傍にクロックを配置することで精度の安定化を図り、豊かな情報量と広大な空間表現を再現します。また、CDのメカエンジンは上位機種CD6005と同様の新型メカエンジンを採用。しっかりと作りこまれた信頼のメカニズムは、ディスクの読み取り制度を高め、高品位な音楽再生に貢献します。

マランツ独自の高速アンプモジュールHDAM® とHDAM®SA2 を実装したアナログ出力回路、高速バッファーアンプを搭載したフルディスクリート・ヘッドホンアンプなど、高音質設計を継承しています。

marantz CD5005 背面

marantz CD5005 背面

 

はまちゃんから一言

兎に角お安い!お安いながらも、その音質の良さは上位モデル譲りのナチュラルなもの。シンプルなCDプレイヤーをお求めのお客様ならば、是非コチラを!

 

 

 

それぞれ聴いてみた!

 

試聴環境

聴き比べの方法としては、音源はCD、アウトプットはヘッドホンを使用しました。

楽曲:

菊地 成孔/南米のエリザベス・テイラー

菊地 成孔/南米のエリザベス・テイラー

菊地 成孔/南米のエリザベス・テイラー
2. 京マチ子の夜
3. 恋の面影
10. ルぺ・ベレスの葬儀

 

 

ヘッドホン:

Double Zero 00-001

 

GRADO PS1000e

 


 

久しぶりに据え置き型のCDプレイヤーをじっくりと聴いて、そのコストパフォーマンスに驚いています。僕は普段はiPhoneでBluetooth接続した上、音楽はストリーミングサービスを利用して聴くことがほとんどです。

先ず、最初に最も安価な『CD5005』

シンプルにCDプレイヤーです。入力はそれ以外にありません。お値段もかなり安価で約2万5千円。CDを音で聴く、それだけが目的なら、これほど適切なアイテムは無いでしょう。ヘッドホンアウトのパワーはどうだろうと思い、GRADO PS1000eでも試聴してみましたが、問題なく十分に出力があるプレイヤーだと感じました。お値段以上のサウンドクオリティです。

次に、『CD6006』

CD5005には搭載されていなかったが3段階のゲイン調整が可能になっています。これにより、ヘッドホンのインピーダンスに合わせた適切な設定が可能になります。ハイインピーダンスなトップクラスのヘッドホンでも十分にお楽しみいただけるパワーですね。サウンド面はCD5005よりも中高音域にかけての粒の細かさ、キメの細かさが感じられます。一枚上手、ですね。また、CD6006には、フロントパネルからUSB-Aの入力があり、USBメモリーや、iPod / iPhoneとのデジタル接続が可能です。値段と機能を考えると、このあたりのモデルが一番需要があるかもしれません。iPhoneを充電しながら音楽が聴けるという点も、気が利いています。

最後に『ND8006』

音が一番いいです。音の幅も、圧力も、十分に広く厚いサウンドです。基本的には自然なテイストがCD5005、CD6006にも感じられるのですが、同じ傾向の中でも頭抜けてND8006が高音質です。もちろん、CD6006にありましたようなゲイン調整も装備しております。1台あれば、家庭のあらゆるソースを処理できる強力なプレイヤーになることでしょう。多機能な部分も魅力ですが、細かな音の再現力も非常に高く魅力的です。音の前後や、遠近を感じられる、そんな空間表現にも長けているプレイヤーだと思います。なかなかこのパワーときめ細やかさはポータブル機では出せないんじゃないでしょうか。

 

久しぶりにじっくりとCDを楽しめました。据え置き型のプレイヤーの恩恵は大きいと実感できる製品です。

 

ご注文は以下のリンクからお受付しておりますー!(‘ω’)



以上!

はまちゃん(eear_hamachan)がご案内いたしましたー!


※記事中の商品価格・情報は掲載当時の物です。

はまちゃん
e☆イヤホン大阪日本橋本店勤務! 身長180cm! 髪の毛は伸ばして寄付する、 へアドネーションしてます! PR担当!SNS・Youtube・ブログ等々です! バンドマンで2017年11月現在はベーシストとして関西で活動中! ベースボーカルもしてます! あんまり知られてませんが、お料理するの好きです☆ 【Youtube】 チャンネル https://www.youtube.com/user/eearphone 【sixteencoins】ってバンドやってます! HP http://sound.jp/sixteencoins/ 自主レーベルはじめました! 【Dreadnoughtus Records】 HP http://dreadnoughtus.wix.com/official
  

この記事を読んだ人におすすめ