EMPIRE EARSより新シリーズ発売!

2月3日より米国【EMPIRE EARS】よりカスタムIEM新シリーズのオーダーが開始されます。今回のオーダー開始されるシリーズはグラミー賞を受賞したミュージシャン、アーティスト、プロのエンジニアと共同開発したモデルとのことで『EPシリーズ』と【Xシリーズ】の2シリーズ7機種がラインナップされます。

※商品リンクはオーダー開始より有効となります。今しばらくお待ちください。

 

 

EPシリーズ

EPシリーズはEmpire Proシリーズの略でモニターサウンドとして最適なシリーズです。ラインナップは3機種。

 

■EVR(Empire Vocal Reference)

ドライバー構成:3BA(1low 1mid 1high)
クロスオーバー:3-Way synX crossover

 

EVRは、EMPIREのエンジニアによって音響設計やネットワーク構成を巧みに製作されています。 洗練された3-Way synX crossoverネットワークにより各音域に振り分けているそれぞれのドライバーにクリーンな電力を注力することを可能としています。EVRは驚くほどタイトで正確なサウンドを誇り、ダイナミックレンジのような周波数特性を備え、スタジオやライブステージの音色を忠実に鮮明に再現します。

 

■ESR (Empire Studio Reference)

ドライバー構成:3BA(1low 1mid 1high)
クロスオーバー:3-Way synX crossover

 

ESRは、スタジオからの要望を直接開発に組み込み、色付けされていないリファレンスサウンドを求めるプロデューサーやエンジニアに向けに調整されたモデルです。
3つの独自ドライバーを備えた3-Way synX crossoverネットワークを備えており、ミックスとマスタリングに必要な明瞭でクリアな音を再現します。ESRは、エンパイアの最もフラットなサウンドのモニターイヤホンです。

 

■Phantom

ドライバー構成:5BA(2low 1mid 2high)
クロスオーバー:3-Way synX crossover

 

Phantomは革新的なモニターイヤホンを開発するために幾度も開発を繰り返しできた結果と言えます。あらゆるジャンルを忠実に再現できるよう精工なバランスで調整された純粋なイヤホンです。

 

 

Xシリーズ

Xrossシリーズは最新鋭の技術クロステクノロジーを搭載。BAドライバーとダイナミックドライバーのハイブリッド型のモデルです。EPシリーズに比べ、BASSがより良いリスニング向けのシリーズです。ラインナップは4機種。

 

■Bravado

ドライバー構成:1Dynamic Driver + 1BA(1low 1mid/high)
クロスオーバー:4-way synX crossover

 

BravadoはこれまでEMPIREの“最高のパフォーマンスを持つデュアルドライバーのインイヤーモニターを作成する”という課題から開発されました。3-Way synX crossoverとA.R.Cという2つの全く異なるドライバ技術を採用しています。クラス最高のパフォーマンスとテクノロジーでエントリーレベルのイヤホン定義を改新します。

 

■Vantage

ドライバー構成:2Dynamic Driver + 1BA(2low 1mid/high)
クロスオーバー:5-Way synX crossover

 

世界中のスタジオやステージでの徹底的なテストを経て、Vantageは最高の明瞭さを誇り、非常に滑らかなインイヤーモニターを実現しました。4-Way synX crossoverネットワークにより、2つのサブウーファーとミッド/ハイドライバーのパフォーマンスを最大限に引き出します。

 

■Nemesis

ドライバー構成:2Dynamic Driver + 3BA(2low 1mid 2high)
クロスオーバー:8-Way synX crossover

 

Nemesisはライブパフォーマンスの精神や感情を通して聴覚を圧倒するという揺るぎない目的のため開発されました。NemesisはEffect AudioのUPOCC LITZ銅線で配線した2つのサブウーファーにより特有の低音を再現し、3つのBAドライバーにより自然で忠実なボーカルとクリアな高音域を引き出します。専門家のために開発されたこの妥協のないパワーと洗練された技術はスタジオやステージでさえ感じたことのない経験を生み出します。

 

■Legend X

ドライバー構成:2Dynamic Driver + 5BA(2low 3mid 2high)
クロスオーバー:10-Way synX crossover

 

LegendXはインイヤーモニターの性能の限界を書き換え、世界的に評価の高いパフォーマンスと妥協のないデザインの新しい時代の体験を提供します。
Legend Xは、業界をリードする最先端技術の7つの独自ドライバーから10-Way synX crossoverネットワークまで、EMPIREの最高技術の結晶です。付属するEffect AudioのAres IIケーブルはLegendXのポテンシャルをさらに引き出す最高の組み合わせです。

 

 

新しい2つの技術を搭載

今回開始される2シリーズ共に最新鋭の技術【synX Technology】【A.R.C.(Anti-Resonance Compound)Technology】を搭載

 

■synX Technology

synXは、ドライバーごとにそれぞれのオーディオ帯域を指定することができる精巧なクロスオーバー設計です。ドライバー間の位相の不一致を排除するために、特定の周波数レンジを操作できます。エンジニアとオーディオ・プレーヤーは、ミキシング・コンソールまたはデジタル・オーディオ・プレーヤーでイコライジングする場合、ドライバーをそれぞれ制御することが可能となります。
【synXの利点】
・ウルトラワイド周波数帯域:周波数帯域は超広帯域の8kHz〜40kHzの再生を可能とします。市場で最もハイエンドのヘッドフォンにも匹敵する並外れた音質と精密さを提供します。
・優れた信号:業界最高レベルの音質を耳に聞こえるようにするために精製された抵抗器、電解コンデンサー、フィルターの組み合わせで、純粋な信号のみを到達させます。
・低歪み:非常に低い歪みは、ミックスのすべてのニュアンスが忠実に再現されることを意味します。

 

■A.R.C.(Anti-Resonance Compound)Technology

A.R.C.は、IEM内で望ましくない振動や共振を実質的に排除する独自のコーティング技術です。不要な振動、歪みを軽減するため、Emprieは磁石とBAドライバーの間に磁性流体を使用しました。ドライバー、クロスオーバ、サウンドチューブなど、適用されるコンポーネントの量を効果的に増やし、内部をより強固にしながら、不要な共振を減衰させるダンパーとして機能します。 A.R.C.は音のクリアさを大幅に向上し、ベースはより深くなり、IEMが全体的により効率的になります。

 

 

取扱いについて

オーダーは2月3日よりスタート

EMPIRE EARS創設者Jack緊急来日による試聴会に伴い

試聴開始は順次準備が整い次第とさせていただきます。

■リンク【#eイヤ秋葉原店】EMPIRE EARSの新シリーズが聴ける試聴会を行います。【#eイヤ梅田EST店】

予定では秋葉原カスタムIEM専門店、梅田EST店は2月5日より試聴開始。その他の店舗は現在調整中です。

 

取扱い店舗は下記を予定しております。

■秋葉原カスタムIEM専門店 ■日本橋本店 ■名古屋大須店 ■梅田EST店

※WEB本店は準備が出来次第、オーダー開始とさせていただきます。

 

 

EMPIRE EARSのカスタムIEM一覧はこちら

以上!カスタムIEM専門店よりきくちゃんがお送りいたしました!

twitterやってます!その他にもカスタムIEMの情報を発信しておりますのでよろしければフォローしてください!

きくちゃん
イヤホン・ヘッドホン専門店『e☆イヤホン』カスタムIEM専門店のマルチ雑用。使用機材PLENUE2,AK120Ⅱ,ES80,UE18+PRO,ES60,CW-L02,LZ4,Mashall Monitor,MDR-CD900ST×3,mimibuta,
  

この記事を読んだ人におすすめ