どーも、ムートンです。

今回はいつもの修理ブログではございません!!

 

梅田EST店スタッフによる「今週のコレ聴いて!」ブログ。

ついに私の番がやって参りました。

クリニックスタッフらしくディープな内容でお届けしたいと思います。

 

それでは参りましょう!!

 

今回、ご紹介する機種はこちら!

NUARL NX110A

 

落ち着きのあるカラーのボディーに

鏡面仕上げのアルミにクロームメッキを施したロゴプレートが

 

まぁ、なんともお上品!!

 

装着感も非常に良いです。

 

 

一聴して驚かされるのは

身体の芯まで震えるようなド迫力の低域!!

ついそちらに意識が向きがちですが、じっくり聴いてみると…

 

なめらかで艶があり、粗さを感じさせない

綺麗な中高域

 

まるで、耳元で歌ってくれているかのような

ボーカルの近さ

 

 

 

なにこれめっちゃええやん!!

 

 

 

ただ、私の好み的にはちょっと低域過多だったので、

イヤーピースをスピンフィットに替えてみました。

 

すると低域が引き締まり、魅力を感じていた中高域をより一層感じられるようになりました。

 

 

この組み合わせ、オススメです!

是非、お試し下さい!!

 

 

そして私のイチオシポイント

ケーブル中空構造被覆無酸素銅線が採用されています。

※中空構造とは、中が空洞になっている構造のことです。

 

 

中空構造被覆だったら何が良いわけ??

と思ったそこのアナタ!!

ご安心下さい。

 

 

実際に検証してみました!!

 

 

 

同じ長さのケーブル2本と

同じ長さの口径が異なる熱収縮チューブ2本

 

これらを使って…

 

チューブがケーブルに隙間なく覆っている非中空構造(左)

チューブが縮まりきらず、ケーブルとチューブの間に隙間が生じた中空構造(右)

を再現してみました。

 

 

透明の熱収縮チューブが被覆

黒いケーブルが中の銅線と仮定して

 

ケーブルが鋭角に曲がった時

中の銅線がどのような動きをしているか

 

確認してみましょう!!

 

 

まずは、非中空構造被覆のケーブル

 

次に、中空構造被覆のケーブル

 

同じ屈曲具合でも中に空間がある分、

被覆内の銅線が緩やかに曲がっていることが分かります。

 

つまり、中空構造被覆の方が金属疲労が生じにくく、

断線のリスクを軽減することができます!!

 

音質は勿論の事、末永くご利用頂く為、

耐久性にもこだわり抜かれたこちらのイヤホン。

 

新しいパートナーにいかがでしょうか!!

 

 

 

 

そして…

 

 

 

 

もう、お腹一杯という方もいらっしゃると思いますが

 

最後にもう1機種だけご紹介させて下さい!!

 

 

Jomo Samba Ti tube verstion

 

Low×2、Mid×2、High×4 の8ドライバー構成カスタムIEMになります。

中低域の力強さ!!中高域の煌びやかさを兼ね備えており

アニソンとの相性が凄まじいです。

 

アニソン好き!聴くべし!

 

 

試しに、Petit Rabbit’s with beans「セカイがカフェになっちゃった!」を聴いてみたのですが、

 

 

楽しい♪ 

 

 

見つかりました♪

 

 

 

 

ここで一つ注意点。

 

画像のデモ機では、ノズル部が金属製ですが実機は通常のアクリルになります。

 

その為、デモ機では派手に出ていた中高域が実機になると少し落ち着きます。

 

 

 

そして、私のイチオシポイント

 

なんとこちらのカスタムIEM

付属ケーブルが Effect AudioのAresII

このケーブル 99.99999% という恐ろしい純度を誇る銅線なのでございます!!

 

 

更に…

 

ハウジングの中から見える銅線が見えますでしょうか…

 

ん?この銅線、見覚えあるぞ??

 

AresII やぁぁぁぁぁぁ!!

 

そう!!実は内部配線も AresII 

 

凄まじい徹底ぶり!!

 

これは私、99.99999% ご購入する未来しか見えません!!

 

 

 

ここで、声を大にして皆様に伝えたいことがございます。

 

Jomo Audio は 

オプションが安い!! 

 

例えば、カスタムオーダーを検討した者なら一度は憧れたであろう

WATCH PART

なんと片耳¥7,500-

 

全部紹介してたらキリがないのでオプションに関してのご紹介はここまでにしますが、

興味を持って下さった方は是非、Jomo AudioカスタムIEMのカラー・オプションを覗いてみてください。

 

画面見てるだけで、ご飯何杯でもイケますよ!!

 


 

最後までお読み頂きありがとうございます!!

ムートンのコレ聴いて!いかがでしたでしょうか。

 

次は誰が紹介するのかなぁ~

楽しみだなぁ~

乞うご期待!!

 

 

それでは、また修理ブログで会いましょう!

 

以上、ムートンでした!!

ムートン
梅田EST店修理担当のムートンと申します。いつも線材と戯れている人。 線材がお友達。 趣味はポータブルオーディオはもちろんのこと、ボルダリング・珈琲作り・ゲーム・アニメ鑑賞なども嗜んでおります。
  

この記事を読んだ人におすすめ