はいどうも!!!

テンション高めなけんさんです!

いやー、いいですね!いい朝だ!

なぜこんなテンションが高いのかと!!

いや別に寝てないとかじゃないですよ?( ・´ー・`)

なぜならね、、、

良きヘッドホン、、、出るんです。

そう!出るんです!!!

付属品も一緒にな!!!

 

 

さぁ!それがこちらあああああ!!!!

 

 

ULTRASONE Edition 15

 

 

ULTRASONE Edition15レザーイヤーパッド

 

 

いやー、こちら噂には聞いていましたよ!

先日のヘッドホン祭りで展示があったとの事で姿は確認していましたが、

いつ出るのか、いつ聴けるのかとソワソワしてました!

 

 

そしてついに!!!

発売日情報が解禁です!!!!!

 

そしてその気になる日程は!!!

 

 

12/20(水)発売!!!

 

 

しかも!!!

 

 

秋葉原店にて取り扱い決定いたしました!!

 

 

さて、ここで一旦呼吸を整えまして、

ULTRASONEのHPから簡単な製品情報のご紹介!

 

 

■Edition 15

 

S-Logix™ EX のテクノロジーを存分に発揮する開放型ヘッドフォン開発は、かねてからの宿願でした。
2013 年の Edition5, Edition12の 発売から 4 年の歳月を経て、開放型ヘッドフォンの常識を打ち破るべく、Edition15 は生み出されました。

 

最大の特徴は、ULTRASONE がこれまで培ってきたノウハウと、それらを昇華させた革新的なハイブリッドテクノロジーを搭載している点です。

 

Edition15はULTRASONEが提案するオープンタイプ・ヘッドフォンの新たなリファレンスモデルです。

 

・開放型ヘッドフォンのフラッグシップモデル
・新設計【GTCドライバー】ゴールド/チタン それぞれの特質を最大限に活かしたハイブリッド・ドライバーの採用により、これまでの常識を打ち破るサウンドを実現しました。
広大な空間イメージの中で、拡散し薄まることのない高密度な音場、
緩みないフォーカスでサウンドステージに明瞭に定位する音像をご体感ください。

 

・アメリカンチェリーウッドとステンレススチールのハイブリッドハウジングを採用。
堅牢かつ緻密な木目を持つアメリカンチェリーウッドは、イヤカップの強固なフレームとして最適な素材。ラッカーではなく、敢えて有機素材のワックス仕上げとすることで経年による色、風合いの変化をお楽しみいただけます。
ステンレススチールのプレートには1200もの開孔穴をドライバーポジションから放射状に配置し、音の抜けの良さとデザイン性を見事に両立させています。

 

・ベッドパッドにメリノシープスキンレザー、イヤーパッドにマイクロベロア素材を採用
優しい感触と音質的開放感のあるマイクロベロア素材のイヤパッドに加え、オプションとしてメリノシーブスキンレザーのイヤパッドもご用意。
マグネット着脱方式だから、交換はとても簡単です。イヤパッドによる音の違い、音楽ジャンルやお好みに合わせてイヤパッドを「着替える」発想を提案します。 

 

 

とのこと!!

ちなみに再生周波数帯域は5Hz~48kHz

出力音圧レベルは94dB

ケーブルをいた重量は338g

です!!

 

 

さらに!!なんとこちら!!

ドイツの職人の手作業で1本1本製造されるらしく!

999台の限定生産!!!!

 

 

だそうです!

説明を聞くだけでもいい音鳴らしそうですね( *´艸`)

ただ情報を垂れ流してもあれなので、ここで製品画像を数枚お送りします!

 

 

斜め下から

 

 

横下から

 

 

付属品と一緒に

 

 

ケースと並べて

 

 

 

はい!!かっこいい!!!

正直まだ手元にヘッドホンがないので、音質レビューはしばしお待ちを!

手元に届き次第すぐに音質レビューしますね!!!

 

 

さぁ、説明をすればするほど気になるこの商品ですが!!

改めて最後に発売日のご案内!!!!

 

 

12/20(水)発売!!!

さらに限定生産!!!

 

 

予約受付中です!!!

 

 

さ、解禁ブログにしては長くなりましたが、

これにてお開き\(^o^)/

 

 

それでは~(・∀・)ノ

 

けんさん
はい、どうも!e☆イヤホン秋葉原店在籍!
ラーメンのスープは残す派のけんさんです!
ホールスタッフとして徘徊していることが多いので、
店頭で見かけたら是非声をかけてください\(^o^)/
こう見えて音質は意外と繊細な方が大好きです!
ダンサーもしているのでダンストーク出来る方もお待ちしております!

この記事を読んだ人におすすめ