FOSTEX T60RP ついに発表

FOSTEXのプロ用モニターヘッドホンとして人気を博すRPシリーズからついにウッド・ハウジングを採用したモデルが登場。その名は「T60RP」。

 

FOSTEX T60RP

従来の「RPシリーズ」をベースにしながらも、幅広いニーズに対応すべくリスニング向けのチューニングを施した「セミオープンタイプ」のヘッドホンとなります。スタジオモニター等のプロユースから普段聴きのイージーリスニングまで、シチュエーション問わずオールマイティに対応する懐の広さが何と言っても魅力のモデル。高い解像度と広い音場を再現するその音質は「RPシリーズの集大成」と銘打って差し支えない出来栄えです。

アフリカンマホのハウジングを採用したT60RPの魅力

ギターにもよく使われているアフリカン・マホガニー材をハウジングに採用することで、甘く太い音色を実現。コシのシッカリした、いわゆる「まとまりが良い音質」を奏でます。特筆すべきは、ファットながらも適度に引き締まった低音から、芳醇で上質な中音までの表現力。倍音をうまく捉え、結果「甘い」音質に仕上がっているところが特徴です。それでいて、高音の鳴りっぷりはブライトでキレが良く、言葉を変えると、スパイシーかつストレート。甘さと鋭さとを高レベルでミキシングした「仕上がりのバランス感」はもう素晴らしいの一言。フォステクスが持つ「上質の本質」を「音で」見事に表現したヘッドホンの一つと言えます。1台1台の個性が光る「木目のキマり具合」も大変美しく、部屋置きディスプレイ映えするのは嬉しいところ。

T60RPのスペック

セミオープンタイプのヘッドホンで、ドライバーには型番にも刻まれている「RP」(Regular Phase:全面駆動型)方式の平面振動板を採用。銅箔エッチングを施した高耐熱ポリイミドフィルムをベース材とすることで、ダイナミック型とは一線を画する「広い再生帯域と優れたトランジェント」を実現しています。

 

fostex RP

 

ケーブルは着脱可能で、ポータブル用として長さ約1.2mステレオミニプラグ仕様のケーブルと、長さ約3mのケーブル(6.3mmステレオ標準プラグ)が付属します。別売オプションで3タイプ(φ2.5mm、φ4.4mm、XLR)のバランスケーブルもリリースされますので、バランス接続のオーディオプレーヤーやアンプを使う事で、より一層高音質で音楽を楽しむことが可能です。

T60RP まとめ

T60RPは甘美な低中音とシャキッとした高音のハーモニーのバランス感が素晴らしいヘッドホンです。一方で研ぎ澄まされたそのバランスは、より「再生機器の質」を選ぶ機種とも言えます。誤解を恐れずに申し上げますと、優雅で上品な気性と、ジャジャ馬のような激しい気性を併せ持つT60RPは鳴らし込むまでの過程を楽しめる「味わい深いヘッドホン」の一つであると言えます。

 

ケーブルを変えるも良し、アンプを変えるも良し。その「過程」は全部本当だらけ。あれもこれも試して、T60RPを鳴らしてやりましょう!

 

2017年12月中旬発売予定!

発売日が楽しみでなりません!

 

FOSTEXのヘッドホン一覧はこちら →

 

よーじ
e☆イヤホン秋葉原店勤務!

業界足掛け15年の経験を活かして、皆様に最新情報をお伝えできればいいな~なんて日々感じています。
個人的に好きなヘッドホンはMDR-CD900STとK240Studio。
イヤホンはエティモのER4Sが好みです。

単に良い音という視点だけでなく「いかに心を掴むか」にフォーカスし、心に響くイヤホン・ヘッドホンを紹介していきたいな~なんて、日々、思っています!

よろしくお願い致します。

この記事を読んだ人におすすめ