Yoji

ゼンハイザー IE80S ついに発表!

ついにこの時がやってきました!

音質を調整出来るイヤホンとして、ライトユーザーからプロユースまで幅広い支持を得ているゼンハイザーカナル型イヤホン「IE80」の次世代モデル「IE80S」がついに発表されました!

IE80同様にハウジングに音質調整用のネジがあり、好みの音質にカスタマイズできる汎用性の高さが、幅広い層から人気を得ている秘密です。IE80Sが1台あるだけで、通常のリスニングからスタジオモニターまで用途に合わせたセッティングが思いのままですね。

IE80S汎用性の高さは天下一品!

自分好みの音質にカスタマイズできるイヤホン、それは「IE 80 S」

単なるイヤホンという枠組みを超えた存在。それこそがこの「IE 80 S」と言っても過言ではないでしょう。

IE80S_画像2

プロオーディオの使用用途を意識して、左右の認識性も良くなっています。右側に「赤」のストレインリリーフが採用され、見た目でパッと左右認識できるようになっています。コンシューマーユースのみならず、プロオーディオでの使用もキッチリ考えられた作りですね。ゼンハイザーが想定する汎用性の高さをうかがい知ることができますね。音を楽しむことのみならず、モニターとして「音を見る」ことまで想定したイヤホン。それこそがこの「IE80S」の素晴らしさの一つと言えるでしょう!

IE80Sのスペックと付属品

再生周波数帯域は10~20,000Hz、インピーダンスは16Ω、感度は116dB。ケーブル長は約1.2mで着脱可能です。地味に大きな変更点として、プラグは「L型」から「ストレートタイプ」に変更されています。

IE80S_画像3

交換用イヤーチップの種類は、標準タイプ、ラメラシリコン製、Comply製の3種類で、それぞれS/M/Lサイズが付属しています。

IE80Sの特徴

プロユースと民生機との良いとこどりの音質カスタマイズド・イヤホンです。解像度の高い素直な音質をベースに、よりリスニングに振った迫力のある音質から、よりモニターに振ったストレートな音質まで、驚くほど自然に再現します。高いレベルで音質チューニング可能なイヤホン、素晴らしい使い勝手の良さと音質を実現しています。

音質カスタマイズド・イヤホンIE80S

音質カスタマイズという新しい楽しみ方を提案したIE80のアップデートモデルIE80S。ゼンハイザーが世に提案する「本物の音質とは何か?」その答えの一つが「音質カスタム機能」を持つイヤホンであることは間違いありません。シチュエーションやリスニングスタイルに応じたパーソナライズが可能なイヤホン。それこそが脈々と受け継ぐIE80シリーズの血統と言えます。一子相伝の最新モデルIE80Sは、その流れを引き継ぎ、状況に応じたイヤホンの使い方をそのものに切り込んだイヤホン。そのスタイルはすなわち「真の汎用性イヤホン」の名を名乗るにふさわしい存在と言えるでしょう。

音質レコメンドするイヤホンとして大注目のIE80S。

2017年10月26日発売予定!

発売日をお楽しみに!

 

→ ゼンハイザーのイヤホン一覧はこちら

 

 

よーじ
e☆イヤホン秋葉原店勤務!

業界足掛け15年の経験を活かして、皆様に最新情報をお伝えできればいいな~なんて日々感じています。
個人的に好きなヘッドホンはMDR-CD900STとK240Studio。
イヤホンはエティモのER4Sが好みです。

単に良い音という視点だけでなく「いかに心を掴むか」にフォーカスし、心に響くイヤホン・ヘッドホンを紹介していきたいな~なんて、日々、思っています!

よろしくお願い致します。

この記事を読んだ人におすすめ