イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンです。

 

 

皆さま、スマホ使っていますか?

 

 

自分の好きな音源や動画を見たりゲームをしたりなどなど、スマートフォンを通して音を聴くということは少なく無いはず。

もはやスマートフォンとイヤホン・ヘッドホンを接続して音を聴くということはもう当たり前のことですが、機種によってはヘッドホンジャックがなかったりワイヤレス接続にも対応してたりと選ぶ際に気をつけるべき要素が実は結構あります。

 

 

と、言うわけで今回の記事でご紹介させて頂くのは

 

 

スマホでイヤホンを使うときに気を付けたいこと。

 

 

 

付属イヤホンに満足していないか?

FUZOKUHINN

 

付属品のイヤホンが悪いというわけではないですが、実はイヤホンって沢山の種類があります。毎日30分は音楽を聴いているというお客様なら、年間182時間ぐらい音楽を聴いていることになります。

その膨大な時間を、お好みの見た目お好みの音で聴いていただきたいなとしみじみ思うのです。

小さなことですがイヤホンを変えると音が変わります、音が変わると、音楽が変わります。音楽が変わると世界が変わる、とちょっと大げさですけど、そんな気がしてるんです。ぜひ、お好みのイヤホン≒音楽を見つけていただきたいです!

 

 

 

オススメはこちらのコーナー!専門店スタッフ6人の総合的な意見を反映させました!

画像をクリック!

5000円以下のイヤホンおすすめ特集!

5000円以下のイヤホンおすすめ特集!

 

 

 

マイク、ボタンは対応しているか?

3ボタン

購入時には対応表を必ずチェックしてください!ボタン付きのイヤホンのプラグには、大きく分けて、2種類あります。「OMTP」か「CTIA」の2種類です。かなり割愛いたしますが、プラグの極性配列が異なっていて「CTIA」がジャックがついているiPhone用、「OMTP」がスマホ用、になります。スマホによってはOMTPでも対応していない場合があります。片側の音が聞こえない、マイク、ボタンが使えない場合があります。メーカー公式サイトなどの対応表を確認してから購入するのが無難です!

 

iPhoneにオススメのイヤホン特集

画像をクリック!

iPhoneにオススメのイヤホン特集

iPhoneにオススメのイヤホン特集

 

 

 

そもそもイヤホンジャックが無い?!

 

 

iPhone7以降の機種や一部のAndroid搭載機種では、スマートフォンにはそもそもイヤホンジャックが無い機種が存在します。

大きく3つの方法があります。1つは「AirPods」などの完全ワイヤレスイヤホンや、ワイヤレスに対応した製品を使用すること。2つ目は「Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」を使用し、従来のイヤホンのプラグを変換する方法。3つ目はLightningコネクタやUSB接続に対応したイヤホンやイヤホンアンプを使う方法です。

 

詳しくはこちらのページもご参照ください

 

Lightning対応イヤホンの一例

radius HP-NEL31R

 

 

 

 

 

定番の完全ワイヤレスイヤホン

 

ケーブルから開放される完全ワイヤレスイヤホン

 

 

 

 

 

 

左右のイヤホン自体も無線で通信する完全ワイヤレスイヤホン。
国内ではフルワイヤレスやトゥルーワイヤレスなどとも呼ばれ、2015年の登場以来進化が目覚ましいカテゴリーです。

e☆イヤホンでも売れ筋の製品が多く、様々な価格帯やデザインや機能など幅広い製品をお取り扱いしております。

売れ筋のカテゴリーなだけありコンテンツも充実しているのでぜひ一度ご覧いただければと思います。

おすすめ完全ワイヤレスイヤホンのアイキャッチ画像

 

【2020年3月】女性におすすめ! 可愛い #完全ワイヤレスイヤホン 5選!

 

 

【#レビュー】#完全ワイヤレスイヤホン × ノイズキャンセリング 5機種比べてみました!

 

 

 

 

カバーにぶつかっていないか?

 ケース

スマホ、といえばおしゃれなケース!僕も木製のケースや、ジュラルミンのメタルケースを使っていました。ここで注意したいのは、ケースにイヤホン接続部はどのくらい空いているのか、という点です。ストレートプラグのほうがいいのか、L時プラグのほうが接続しやすいのか?また、場合によっては刺さらないこともあります。そんな場合は、無線、Bluetoothにしたほうがいいのか?など、ケースとの相性も気にしておきたいポイントです。

 

 

 

 

ライフスタイルにあっているか?

 

 

音楽を楽しむライフスタイルは様々です。例えば、電車移動の多い学生さんなら音漏れ防止のために遮音性の高いカナル型が良いでしょう。スポーツに使うことが多いのであれば防水性の高いスポーツモデルや、ビジネスシーンでの通話が多い場合でしたら、車移動中でも通話可能な片耳のBluetoothイヤホンがいいでしょう。実際にイヤホンを活用するシーンをイメージすることが大切です!

 

 

遮音性の高いカナル型

TOP_banner

エントリー向け定番のカナル型イヤホンfinal E1000

 

 

 

 

 

スポーツモデルで運動を音楽を楽しむ

画像をクリック!

スポーツモデルで運動を音楽を楽しむイヤホン特集!

スポーツモデルで運動を音楽を楽しむイヤホン特集!

 

運動しても外れにくく汗や水しぶきにも強い

SONY WI-SP600N

 

 

 

 

作業中の通話に便利なBTヘッドセット

TOP_banner_wihead

 

ビジネスモデルの定番メーカー製

Plantronics Voyager 5200

 

 

 

 

またワイヤレスイヤホンではこんなにコストパフォーマンスの高いモデルも

 

 

 

TaoTronics TT-BH07

 

 

【最終値下げ!】Tao Tronics TT-BH07が2,200円で買える!【2,990円から26%OFF!】

 

 

 

 

 

 

 

 

インピーダンスは高くないか?

抵抗値 

インピーダンスとは抵抗値のことで、かなりざっくりとした言い方ですが、一般にこの数値が高いと音量がとりにくい、プレイヤーの音量を上げなければならない、ことが多いです。スマートホンで使うイヤホンの目安としては32Ω程度なら問題ないと思います。スマホ用を謳っていないイヤホンには高インピーダンスなイヤホンが存在します。そこまで過敏に気にしなくてもいい部分ではありますが、知っておくとイヤホン選びの参考になる数値ではあります。

 

 

 

ケーブルをスマホに巻き付けていないか?

 故障の原因

スマホユーザーの皆さまはイヤホンを使っていないときはどうしているのか?まさかスマホに巻き付けている?イヤホンをスマホに巻き付けていると断線の原因になります!僕も今年で5年ほどeイヤホンにいますが、イヤホンの断線の多くの原因は、プレイヤー、スマホへの巻き付けなのです。イヤホンを使用しないときは、専用のコードホルダーを使うか、ケースに入れて保管して断線を予防してください。僕の知り合いには、ケーブルの細いX10を購入してから何年も断線させないで大切に使っている人もいます。専門店といたしましては、末永く、故障なしでイヤホンをご愛用いただきたいですね。

 

 

 

実はケースも沢山種類があります。一つ用から沢山のイヤホンを一気に収納できるケースまで、e☆イヤホンではお客様の使い方やニーズに合わせて豊富な種類からお選びいただけますよ!!

 

 

一つ用のイヤホンケース

musashino LABEL イヤホンケースmini

 

 

 

一気に沢山収納できるケースもありますよ!!

musashino LABEL ポータブルオーディオバッグ

 

 

 

 

 

【#レビュー】#musashinoLABEL ポータブルオーディオバッグの魅力をレビュー!

 


 

 

 

いかがでしょうか?「スマホでイヤホンを使うときに気を付けたいこと」でした!皆さまのご機嫌な音楽生活を応援しています!

以上、最後まで読んで頂いてありがとうございます。イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンがお送りいたしました。

 

 

  

この記事を読んだ人におすすめ