さやバナー

トムヤンクンが好きだよ。さぁやです!

 

■NAMM2016レポート■

【行ってきた!NAMM2016】audio-technica新製品イヤホンEシリーズをレポート!

 

続いてレポートしちゃうよ!

Westoneブースでも新製品を発見!!

S__18186328 S__18186329  

AM PROシリーズ!

S__18186326

こちらは今までになかったアンビエントがついたモデルになります。

アンビエントとは?

カスタムの場合、密閉度があがる反面、自分の声や楽器の音をモニターを通して聴くことになるので耳が詰まったように感じ、違和感を覚えることがあるため、ハウジングに穴をあけてスタジオやステージでアーティストが使用する際に外の音が聞こえるようにし、その違和感を和らげる機能のこと。

 

ラインナップは3種類でAM Pro10,20,30とあり価格はそれぞれ約200,300,400ドルとのこと!

ブースではAM Pro30とドラムとが設置してあり、ドラムを叩いた音と外の環境音が聞こえるかを体験できるようになっていました。

S__18186324

 

今回は特別に自分のプレーヤーに繋いで、AM PRO30を聴かせていただきました。

S__18186323

S__18186325

まず一聴しただけで分かる圧倒的な解像度の高さに驚かされました。各帯域が非常にクリアで分離感がよく、

モニターらしいイヤホンに仕上がっています。アンビエントということと周りで様々な楽器が演奏されていましたので、遮音性に関しては何とも言えませんが、普通に外の音は聞こえ、スタッフの方としゃべることもできました。本格的にステージ用のユニバーサルイヤホンと言えます!装着感、デザイン◎。

日本のアーティストにもどんどん普及していきそうですね!

 

◎それぞれのスペック◎

AM PRO10

ドライバー構成:1BAドライバー

感度:114dB SPL@1mW

インピーダンス:25Ω@1kHz

再生周波数帯域:20Hz-16kHz

AM PRO20

ドライバー構成:2BAドライバー

感度:119dB SPL@1mW

インピーダンス:27Ω@1kHz

再生周波数帯域:20Hz-18kHz

AM PRO30

ドライバー構成:3BAドライバー

感度:124dB SPL@1mW

インピーダンス:56Ω@1kHz

再生周波数帯域:20Hz-16kHz

 

次のレポートもお楽しみに!

さぁやでした!

さらばい!

さぁや
アサヒスーパードライ派、さぁやです。
  

この記事を読んだ人におすすめ