りょう太 - バナー

皆さんおはこんばんちは。

e☆イヤホンのりょう太です!

 

Q.ハイレゾ音源をiPhone、iPad、iPod touchで聴くには?

A.再生用アプリが必要!

なぜ必要かと言うと、アップルのスマートデバイスに標準で入っているミュージックアプリはハイレゾ音源の再生(しいては格納)に対応していないからです。

 

そしてそのハイレゾ音源再生用アプリの多くが有料であることをご存知でしょうか。

しかしそんな中、あまり大声では言えませんが「無料」のアプリがあることをご存知でしょうか。

そう、あまり大声では言えませんが、「無料」のアプリの存在です。

 

 

IMG_0045-min

 

◼︎無料でハイレゾ再生 ELECOM Hi-Res Music Player (ハイレゾオーディオプレイヤー)を App Store で

こちらがその「無料」で使えてしまうハイレゾ再生アプリ。

アプリの名前からして「無料でハイレゾ再生」なので隠しようもなく無料であることが溢れ出ています。

確かにダウンロードには課金の必要がなく、「ダウンロード後にアプリ内課金があるんじゃ…」と疑ってみたものの…

 

IMG_0046-min

 

192kHz/24bit音源もネイティブ再生。

上原ひろみさんのMove(192kHz/24bit)もネイティブ再生できてしまいました。(外部機器で確認済み)

このエレコムのアプリ、同社の「ハイレゾを持っと手軽に楽しんでほしい」という思いが込められています。

 

今のところイコライザなどの機能は持っていないものの、予めデバイスのミュージックライブラリに格納されている非ハイレゾ音源も再生可能で、少しばかりの広告は表示されるものの本当に無料で利用できてしまいます。

 

今後はDSD音源の再生対応などを有料アップデートなどで予定しているそうですが、iTunesから取り込んだCD音源と、96kHz/24bit、192kHz/24bitなど主流のハイレゾ音源しか聴かないユーザーにとっては無料で使えて、かなりありがたい存在ではないでしょうか。


 

ハイレゾは「アプリ」だけでは聴けません。

iPhoneなどの外部に接続するDACが必要になります!

 

・DACとは

Digital to Analog Converter=デジタル-アナログ変換回路のこと。デジタル音源をアナログに変換するためのもので、ハイレゾ音源を聴くためには対応したDACが必要になります。

 

iPhone、iPod、iPadにももちろんDACは搭載されているのですが、残念ながらハイレゾの変換には対応していません。

まずはそれらデバイスに接続可能なDACが必要になります。

色々とあるのですが…実は最近価格破壊級にリーズナブルな機器が発売されました。

 

20151205-PC052303-min

 

ロジテックのハイレゾ対応DAC内蔵アダプタ

 

▼アダプタのみ-logitec LHP-AHR192-

▼アダプタ+ハイレゾ対応イヤホンセット-logitec LHP-CHR192-

 

この製品、エレコムの子会社ロジテックが開発したiOSデバイスのLightning端子に接続するだけで使えてしまうリモコン型DAC/アンプです。ポータブルヘッドホンアンプ、略してポタアンとも呼べるでしょう。

 

この製品、アダプタのみの価格で16,170円、エレコムのハイレゾ対応イヤホンとのセットでも24,810円(2015年12月現在の価格)というリーズナブルな価格でありながら、192kHz/24bitまでのハイレゾ音源再生に対応しています。アンビリバボー。

現在同等の価格で、更に他に変換アダプタなどを一切必要としないダイレクト接続だけで192kHz/24bitに対応している製品は他にありません

 

20151207-PC072326-min

リモコンとして使える

DAC/アンプと言っても、形状はリモコン。再生、停止、曲のスキップ、音量調整などの操作ができます。

筐体は手に持つと思いの外ずっしり。それもそのはず剛性と電気特性に優れたアルミの削り出し。最も厚い部分で4.5mmもあり、頑丈かつ不要振動を抑えた音質的にも優れた構造になっています。

 

 

20151207-PC072328-min

上部にはヘッドホン端子とホールドスイッチ

リモコン型なので、不意の誤操作を防ぐためにホールドスイッチも搭載しています。

 

 

クリップ-min

裏面には固定用の回転式クリップ

こちらもアルミ製。回転式で90度ごとにカチッと固定される仕組みです。

カバンの紐、ポケット、ネクタイなどにも簡単に固定できます。

 

 

20151207-PC072323-min

ケーブルの長さは約60cm

アダプタのケーブル長さは約60cm。一般的なイヤホンのケーブル長の半分。

 

「ハイレゾ音源を聴くために」というと大がかりなシステムが必要になるのかと身構えてしまいがちですが、ハードウェア的にはこれをiPhoneに接続するだけ。あとはハイレゾ対応イヤホンなり、お気に入りのイヤホンやヘッドホンなりを繋いで聴くだけ。

その上アプリも無料となると、ソフト面ではハイレゾ音源を配信サイトで購入するだけ。このエレコムとロジテックのタッグを利用すれば限りなく低コストで「iPhoneでハイレゾ」を始めることができてしまいます。

 

 

◼︎ハイレゾ対応だけが凄いポイントじゃない!

20151207-PC072334-min

 

ここまで、「いかにiPhoneを使って安くハイレゾ再生環境を構築するか」というお題でロジテックのアダプタをご紹介してきましたが、本当に大事なのはここからです。

 

音質が凄い

192kHz/24bitに対応しているという事実だけでも十分なコストパフォーマンスの製品ですが、使用目的が音楽鑑賞である以上、事務的に「使える」ということだけを評価するわけにもいきません。やっぱり大事なのは音質です。

ロジテックの親会社であるエレコムが最近オーディオ関連に力を入れ、掲げているキャッチコピーが「意外にいい音、エレコム」なのですが、子会社ロジテックのこの製品も正にそれ。意外や意外、意外すぎるほどの高音質。しかもかなり本格的で王道的なオーディオクオリティに達しているのです。

iPhoneの直挿しと比べれば中低域に厚みが生まれ、迫力とディテール感の向上は明らか。高域は明瞭で歪みが少なく、金属筐体の音質的恩恵がかなり大きく感じられました。ハイレゾ対応していること、リモコンとしての利便性もさることながら、音質向上の意図もしっかりと感じられます。

 

ハイレゾ入門をする上でプレイヤーの購入は少しハードルが高いと感じる場合は、手元にiOS機器があるならこのロジテックのDACとエレコムの無料アプリを導入するのが一番近道です。

e☆イヤホン各店に試聴用デモ機をご用意しているので、ぜひお試しください!

 

 

▼アダプタのみ-logitec LHP-AHR192-

▼アダプタ+ハイレゾ対応イヤホンセット-logitec LHP-CHR192-

  

この記事を読んだ人におすすめ