ブログバナーこんにちは、マツコです。

本日より発売となりました、Jaybirdの新製品イヤホンのご紹介です♪

JayBirdジェイバード) X2

jabra_X2_6

 

 

 

 jabra_X2_5

アスリートの御用達のJayBird X2が本日入荷致しました。

噂では、羽生結弦選手もお使いになっていたJayBirdの新作なのでございます。

 カラーは6色展開で、デザインもオシャレなので女性にもオススメ。

jabra_X2_2

最近主流になってきました、3ボタンのリモコンマイク付き機能なので、iPhone/iPodユーザーの方は装着したままのボリューム操作や通話も可能。

勿論、スマホでも使用可能ですが、ボリューム操作等、機種によっては使用頂けないものもありますので要注意。

1. 独自の「Shiftコーデック」で驚くべき高音質を実現
Bluetooth標準仕様のSBCコーデックに独自のカスタマイズを施した「Shiftコーデック」を搭載し、有線イヤホンに匹敵するピュアな音質を提供します。Shiftの最大の特徴は、特別な設定不要でペアリングして再生するだけで最高の音質を体験できることです。

2. 連続再生8時間、待機時間250時間を実現した「バッテリーHD」
X2は、最も小さいBluetoothイヤホンのひとつです。その小さなボディに連続再生時間8時間の電池持ちを実現しました。たった1度の充電で1日の音楽と通話に十分なスタミナを持ち、1日に1時間のワークアウトなら1週間楽しめます。イヤホンを使わないときの待機時間は最大250時間なので、久しぶりに持ち出してもそのまま使用することができます。

3. 装着感を向上させた激しい運動でも外れにくい「セキュアフィット」
特許取得済のスポーツイヤークッションが耳のくぼみにしっかりとフィットして、フィットネスやジョギングなど激しい運動でも外れにくい安定したフィッティングを実現しました。 X2は、スポーツとフィットネスのために最高クラスのフィッティングを提供します。また、ワークアウト環境に有効な「ケーブルマネジメントクリップ」も付属します。

4. 専用設計されたコンプライ社のスポーツイヤーチップ
X2のために特別にデザインされた、コンプライ社のワークアウト時にも使える適度な遮音性のスポーツイヤーチップが同梱されています。3サイズが付属しているので、ユーザーの耳に合わせて最大限のノイズ低減、フィット感、そして快適なリスニングを提供します。また、通常のシリコン製イヤーチップも3サイズ付属します。

5. 最新のナノコーティングによる安心の防汗性能
ナノコーティングが施されたX2は、安心の防汗性能を備えています。激しいエクササイズやスポーツ時の使用でも、汗からしっかりと本体を保護します。

6. 通話や選曲操作ができるマイク付きリモコン
3ボタンのマイク付きリモコンが搭載されています。iPhoneやスマートフォンでワイヤレスに通話ができるほか、音量調整などの各種操作にも対応しています。

7. 自分好みを選べる6色のカラーラインナップ
X2は、スタンダードなブラックとホワイトのほか、明るめのライムグリーン、レッド、ブルー、そして深みのあるダークグリーンのカラフルな6色のカラーラインナップから自分好みの色をお選びいただけます。イヤホンの表面には高級感のある艶消し塗装が施されています。

jabra_X2_8

充電は付属されているUSBケーブルで行います。jabra_X2_4

連続再生時間8時間という事で、持ち運びにも便利な上、キャリングポーチも付いているので通勤・通学は勿論、旅先でも活躍頂けます。

 

Jaybird X2のPVもまたまたかっこいいんです!!

 

jabra_X2_1

イヤーピースの種類もとても豊富。

イヤーフィンは特に装着感の向上に繋がりますので、激しいランニングや運動には大変適しています!

実際に、店頭スタッフ・とんぼ君に装着していただきました!

jabra_X2_7

音質は思ったよりもクリアで、重低音重視というよりはバランスの取れたオールマイティーなサウンドでした。

 

本日より、web本店・大阪日本橋本店・東京秋葉原店にて販売中!!

以上、マツコでした○!

マツコ
元e☆イヤホン大阪日本橋本店2F・買取/中古スタッフ。 ドイツへ移り住んでから早1年が経過しました。e⭐︎イヤホンを離れ、2019年5月に渡独。現在は主にドイツ・ベルリンの音楽やアート、ローカルカルチャーを専門に取材、執筆しています。また、自身でドキュメンタリー&カルチャーマガジン「MOLS magazine」を出版し、取材、執筆、編集を監修。現地に蔓延る見えない・聞こえないサインを捉え、ジャーナリズムにスタンダードからアンダーグラウンドまで発信しています。2020年に自主レーベル「MOLS」を設立。YouTube、SoundCloud、BandCampなどのデジタルコンテンツにて、ベルリンで活動するアーティストと携わり、PR、プロモーターとしても活動しています。
  

この記事を読んだ人におすすめ