超コンパクトの重量わずか6gで、スマホが高音質な音楽プレイヤーになるDACです!

 

 

イヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンのPRスタッフうらやんです。

 

 

今回の記事でご紹介をさせていただくのは、音響機器や、コンピュータ周辺機器を作っている日本のブランド「radius」の新製品です。

 

VGP 2021企画賞を受賞したポータブルDACアンプ「RK-DA50CK」の後継モデル、「RK-DA60CK」のご紹介です。一見Type Cからヘッドホンへの変換ケーブルに見えますが、小型ながら様々な機能が詰まっています!

 

詳しくご紹介しましょう。

 

 

radius RK-DA60CK

radius RK-DA60CK e☆イヤホンWEB本店価格 ¥8,250-(税込)

 

 

10月中旬発売予定!!

 

 

 

「RK-DA60CK」の大まかな特徴

  • Synaptics社製の高品質チップ 「CX31993」を搭載
  • PCM最大32bit/384kHz音源の再生に対応
  • 省電力かつ音の再現性の高いG級ヘッドホンアンプ
  • 高純度の単結晶銅銀メッキケーブルを採用
  • これ一つで、スマホの音楽を高音質で楽しめる

 

 

 

特徴①Synaptics社製高品質チップ 「CX31993」

  • 「CX31993」とは、最大32bit/384kHzの出力が可能な優れたチップで、広いダイナミックレンジ、低歪み、高い周波数応答特性を示すとのことです。また、「CX31993」は単体でUSB入力からヘッドホン出力までの信号処理を行うため、このチップを採用する事によって効率的な基板設計と小型化が可能になり、コンパクトな筐体形状を実現したとのことです。

  • 接続されたイヤホン・ヘッドホンのリモコンの有無、マイクの有無を接続時に判別する機能が備えられており、様々なイヤホン・ヘッドホンとの接続が可能です。また、チップに内蔵されている制御インターフェースにより、PCやスマートフォンでのリモコンによる動作が可能なうえ、イヤホンのマイクを最大24bit/96kHzにて入力できる機能も備えています

  • 信号レベルが低い時には電源電圧を落としてヘッドホンへ供給する電力を抑え、信号レベルが高い時には電源電圧を上げてより多くの電力を供給してくれるG級ヘッドホンアンプが備わっています。接続したイヤホン、ヘッドホンに最適化された電源を使用することで出力の音量に問わず常に高品質な音楽を聴くことができます。

 

 

 

特徴②ハイレゾ音源再生に対応、再現性の高いオーディオ特性

  • CD音源(16bit/44.1kHz)の約17.4倍の情報量を持ち、PCM最大32bit/384kHzまでの音源再生に対応しています。

  • 「CX31993」を核としたコンパクトで無駄のない設計により、基板上で発生しうるノイズや歪みを徹底的に排除し、再生周波数範囲においても優れた特性を示し、インピーダンスを問わず様々なイヤホンやヘッドホンのポテンシャルを引き出してくれ、radiusの[RK-DA50C]と比較してもより原音に忠実な再生が可能になっているとのことです。

     

 

 

その他の特徴

  • USB Type-Cプラグを採用しているため、接続可能な様々なAndroidスマートフォン、タブレット、MacやWindows使用でき、またバスパワー駆動であるため、製品本体の充電は不要です。

  • 高純度の単結晶銅+銀メッキケーブル

  • USB Type-Aコネクタが付属しているので、PCでも高音質で音楽を再生することが可能。 (※お使いのデバイスによって一部機能がご利用いただけない場合があります)
  • Android Open Accessory プロトコル 2.0の仕様に準拠しているので、リモコン・マイク付きイヤホンの操作機能(ハンズフリー通話、音声アシスタント、再生/停止、音量の上下など)を損なう事なく動作可能です。(付属の変換アダプタと併用しPCでご使用いただく場合は、3極プラグイヤホンをお使いください)

 

 

 

スペック一覧

対応フォーマットPCM:32bit/384kHz
対応USBオーディオクラス:USBオーディオクラス2.0
THD+N:≧0.001% [@Fs=192kHz, 16Ω]
S/N比:<130dB [@A-weight, 16Ω]
再生周波数範囲: 20Hz~160kHz (0dB/-0.5dB)
最大出力:66.8mW+66.8mW (Lch+Rch) [@16Ω]
対応ヘッドホンインピーダンス: 16Ω~600Ω
入力端子:USB Type-C プラグ
出力端子:Φ3.5mm ステレオミニジャック
質量:6g

 

 

まとめ!radius RK-DA50から進化した点

  • Qualcomm社製「WHS9415」からSynaptics社製 「CX31993」チップに変わった!
  • H級ヘッドホンアンプからG級ヘッドホンアンプに進化!さらに省電力かつ音の再現性の高い性能に!
  • PCM最大24bit/192kHzから32bit/384kHz対応
  • 高純度の単結晶銅と銀メッキ単結晶銅のツイストケーブルから高純度の単結晶銅と銀メッキケーブルに!
  • より原音に忠実な再生を実現

 

 

 

気になったポイント

・モバイル端末から高音質でのリスニングが楽しめます。Type Cコネクタを採用されているので、特にandroidからの使用に適しています。

 

・接続したデバイスのリモコンやマイクの有無を判別してくれる機能が非常に便利で、それぞれのイヤホン、ヘッドホンに合った出力で幅広く対応できます。

 

・コンパクトで手軽にスマホやPCからのサウンドをアップグレードできる便利な製品です。

 

・RK-DA60Cとハイレゾ対応のイヤホンやヘッドホンを使えば、ハイレゾ音源未対応のPC・スマートフォンでもハイレゾ音源の再生が可能なところが魅力です。

 

 


 

radius RK-DA60CK(ブラック)e☆イヤホンWEB本店価格 ¥8,250-(税込)

 

 

今回ご紹介させて頂いたradius 「RK-DA60CK」は10月中旬発売予定です!!

e☆イヤホン全店で試聴機をご用意する予定です。ぜひ一度お試しください。

 

 

以上PR部のうらやんがお送り致しました!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

 

うらやん
eイヤホン日本橋本店PRスタッフ 和歌山出身シンガーソングライターとして活動してます。 オリジナル曲をレコーディングする中で音に興味を持ち、 生楽器を使ったバンド系の音楽を好んで聴く傾向にあります。 J‐POP、一昔前の音楽好きです。オーディオ勉強中です。 オリジナル曲はストリーミング配信してるのでぜひ聴いてください!
  

この記事を読んだ人におすすめ