骨伝導で聴くTWSイヤホン。周囲の音が聴こえるので、ながら聴きに最適のイヤホン!

 


 

皆さんこんにちは!

e☆イヤホンPR部のうらやんです!

 

 

今回ご紹介する商品はこちら!

 

 

 

earsopen PEACE TW-1

 

 

 

7月30日(木)発売予定!!

 

 

『PEACE TW-1』は、耳タブを挟むように装着し、耳骨に直接振動を送るので、周囲の音が聴こえ、耳の圧迫感や密閉感から開放されます。まるで今居る空間にBGMが流れているような体験ができます。日常生活の「ながら聴き」に最適です!

 

 

 

骨伝導とは!?

骨伝導

骨伝導(こつでんどう)とは、生体内部を伝播する音を聞くこと、またはその方法。声などの生体内部から発生する音を生体表面で計測する方法を指すこともある。

骨伝導は、空気を伝って鼓膜(中耳)を振動させ聴覚神経(内耳)に伝わる(気導音)に対して、声帯などの振動が頭蓋骨を伝わり直接聴覚神経に伝わる(骨導音)ものである。この骨伝導は意図的に起こさずとも日常で常に起こっており、例えば自分が聞く自分の声は気導音と骨導音が合わさったものである。録音した自分の声を初めて聞くと強い違和感を覚えるのは、録音機器のマイクは空気伝導によって伝わる音のみを録音するからである。

Wikipediaから引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AA%A8%E4%BC%9D%E5%B0%8E

 

空気からではなく、肌から音を伝えているような感じですね。

 

 

 

独自のイヤカフ構造

 

コンパクトなデザインが美しいイヤカフは、耳を前後から挟んでしっかりホールドしてくれ、落ちにくく最⾼のフィット感を与えてくれます。

 

 

 

 

⾻伝導イヤホンで⼩型、軽量、⻑時間の装着も快適

 

骨伝導イヤホンの中でも小型で、両耳で重量が約18gと軽量なので、長時間の装着も非常に快適です。

 

 

 

 

 

より⼩さく、よりパワフルに。 BONE AUDIO®

 

さらに進化した独⾃特許技術による⾼性能振動デバイス(earsopen®超⾻導デバイス)と最新のイコライジング技術で⾼⾳から低⾳まで⾳域が広がり、よりリアルで臨場感のある⾳を実現しました。

 

 

 

 

IPX7等級の防⽔設計

 

ランニングをはじめとした汗や突然の⾬などスポーツシーンでも十分に安⼼してお使いいただけける防水機能IPX7を搭載しています。

 

 

 

 

スペック

サイズ本体:約33mm×27mm×30mm
専用クレードル:約70mm×43 mm×36 mm
重量本体:約18g(片耳約9.0)
専用クレードル:約45g
カラー本体:ブラック/ ホワイト
専用クレードル:ブラック/ ホワイト
接続方法:Bluetooth(ワイヤレス)
骨伝導デバイス外径:約10mm
骨伝導デバイス周波数特性:4Hz〜40,000Hz
材質:ポリカーボネイト・エラストマー・ナイロン
電源:充電式リチウムイオン電池
充電時間本体:約1.5時間
専用クレードル:約2.0時間
充電方法:専用クレードル
連続使用時間:約5時間(当社測定規定)
インピーダンス(デバイス):Bluetooth Version:Ver 5.0
Profile/Codec: A2DP,AVRCP, HSP,HFP,SPP/SBC
使⽤周波数帯:2.4GHz帯
同梱品(数量): 保証書、取扱説明書(1)、専用クレードル、充電用USBケーブル

 

 

 


 

通勤、通学時の車内アナウンスを聞き逃したり、ランニング、ウォーキング時に危険を感じたり、テレワーク時に家族や来客者の声が気になったり、そういったストレスを解消してくれるこちらの製品です!骨伝導で音楽を聴く!この快適さを一度体感してみてください。

 

 

 

今回ご紹介させて頂いたearsopen『PEACE TW-1』は7月30日(木)発売予定です!!

e☆イヤホン全店で展開予定です。ぜひ一度お試しください。

 

以上PR部のうらやんがお送り致しました!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

うらやん
eイヤホン日本橋本店PRスタッフ 和歌山出身シンガーソングライターとして活動してます。 オリジナル曲をレコーディングする中で音に興味を持ち、 生楽器を使ったバンド系の音楽を好んで聴く傾向にあります。 J‐POP、一昔前の音楽好きです。オーディオ勉強中です。 オリジナル曲はストリーミング配信してるのでぜひ聴いてください!
  

この記事を読んだ人におすすめ