インナーイヤー型「Liebesleid」とDLC振動板搭載の「KXXS」が登場!

 


 

 

皆様こんにちは、PR部たにみくです!

今回ご紹介する新製品はこちら!

 

 

 

水月雨 (MOONDROP) Liebesleid

2019/10/11発売予定!

 

 

 

独自設計の真鍮削り出し筐体

真鍮削り出しによる美しいデザイン。

独自設計で開発された筐体と精密に作られたポートにより、音場の広さを十分に発揮し、低音域から高音域まで優れたサウンドを実現しています。

 

ダイナミックドライバーには、特製複合材料振動板を搭載し、ロングストロークのために設計された軽質「CCAW ロングボイスコイル」が採用されたことで、リニアロングストロークと高速なレスポンスを維持できるとのこと。

 

 

 

日本限定モデル専用ケーブル

ケーブルは、厚さ8μm銀メッキOFC導体の絶縁体構造。

日本の伝統色をイメージして、赤色と白銀色で表現されています!

 

また、今回は2.5mmモデル、4,4mmモデルも同時発売!

お使いの環境に合わせてバランス接続もお楽しみいただけます。

 

 

 

スペック

タイプ インナーイヤー型
ドライバー φ13.5mm ダイナミック
ハウジング 真鍮削り出し
再生周波数帯域 8-40000HZ
インピーダンス 24 Ω±15%
感度 110dB@1kHz
ケーブル 8μm 銀メッキ 4N-OFC
重量  32g

 

 

 

KXXS

2019/10/11発売予定!

 

入念にチューニングされた「DLC(ダイヤモンドライクカーボン)振動板」を搭載したムーヴィングコイルカナル型イヤホン!

 

 

 

精度の高い鏡面金型加工

成形品をCNC工程で細部まで丁寧に加工し、手動研磨で削り、自動化メッキ処理を経てUVカット層を塗装。
この一連の工程を経て、華やかさと精巧さを兼ね備えたハウジングに仕上がっています。

 

 

 

空気の流れを最適化する内筐体付きのムーヴィングコイルユニット

KXXSのムーヴィングコイルユニットは、空気の流れを最適化する内筐体がついています。
振動板背後の2つの主要な気圧制御位置にそれぞれ穴を開けて同じ小容積内筐体に誘導し、1つのフィルターで制御することで、空気の流れのバランスを取っています 。

 

 

 

DLC(ダイヤモンドライクカーボン)振動板

ダイヤモンドライクカーボンとは、ダイヤモンドに近い特性をもつ非晶質の硬質膜です。
ダイヤモンドに近いヤング率(高硬度)とダイヤモンドより軽い単位質量はムーヴィングコイルに最適で、振動板による分割振動を抑制し、高周波数のレスポンスを向上させることが期待できます。

 

 

 

交換可能な高品質のオリジナルケーブル

KXXSは高品質の銀メッキケーブルを採用。

リッツ処理を経た銀メッキ無酸素銅ケーブルは、普通の銀メッキケーブルより高い耐腐食性を持っています。

特別に作った高透明ポリマーケーブル皮は高い塑性と耐久性を持っており、高い透明度を持ちながらも普通のケーブル皮膜のように柔らかくできています。

本体はカスタムIEM用2pin(0.78mm)のケーブルに対応しているため、リケーブルも可能です。

 

 

 

スペック

タイプ 耳掛け式・カナル型
ドライバー φ10mm ダイナミック
振動板材質 Diamond-Like-Carbon&PEEK
コイル φ0.035mm-CCAW(Daikoku)
ハウジング 亜鉛アルミ合金・鋳込・彫刻・艶出・メッキ仕上げ
再生周波数帯域 20-20000Hz
インピーダンス 32Ω
感度 110dB
許容範囲 ±1dB
ケーブル Litz 銀メッキ 4N-OFC、
2Pin、3.5mm プラグ 

 

 

 


どちらも2019/10/11発売予定です。

e☆イヤホン全店で試聴機のご用意を予定しておりますので、ぜひご試聴ください!

 

Liebesleid

 

KXXS

 

 

 

以上、Liebesleid/KXXSのご紹介でした。

最後までご覧いただきありがとうございます。PR部たにみくでした!


 

※記事中の商品価格・情報は掲載当時のものです。

 

たにみく
PR部のたにみくです バンドおんがくが好きです どうぞ宜しくお願いします
  

この記事を読んだ人におすすめ