93ace0470e2fb8742914f791a0cf2a5a4

 

どうも。

 

いやー、久しぶりにDJモデルのヘッドホンの紹介をさせて頂きます。

 

しかもあのPioneerからのDJヘッドホン!

 

PioneerのDJ機材といえば世界的にも有名なブランドなのです!

 

ここでそもそも、、

 

何でPionner(パイオニア)ってDJで有名なの?

という方になぜこのPionnerが有名になったのか簡単にご説明させて頂きます。

 

従来DJはレコードを使用したアナログターンテーブルをイメージします。

そんな中いち早くデジタルの革命を作り出したのが、、

 

PionnerのCDJなのです!

 

CDJとはCDのデーターを読み込みアナログターンテーブルのように使用できるように回転数の早さを調節が出来き、異なる音楽のピッチ(BPM)を同じテンポで合わせる事を可能にしたものです。

 

ただ、、

 

当時はアンチデジタルのDJもいたり、使い勝手がやや使いにくい部分もあり、多くDJが多くCDJは正直受け入れられる事が難しかったんです。

 

しかしここでDJ界を揺るがすような商品が誕生したんです!

 

それが!

 

CDJ-1000!

 

289947024cdj1000_big

 

これがすべてを変えてしまったといっても過言ではないです。

 

この商品の画期的なところがアナログのターンテーブルでしか出来なかったスクラッチがCDJで可能になったというところ!これにより細かいテンポの調整や遊びが可能に!

 

これにより、新たなDJプレイであったり、DJの幅を広くする事が可能(アナログレコードでしかない無かった音源があるように、CD音源でしかない音楽等もあったため)になったのです。

 

今までの常識がぶっ飛ぶくらいの商品だったんですよね。

これぞ革命的な商品でした。

 

そしてクラブではアナログターンテーブルとCDJ両方置いてあるDJブースが多くなり、その後もPionnerDJの勢いは止まらず次から次へ新商品を出す度に大ヒット!

 

そしてこれは裏話ですが、他のメーカーも実はCDJ等を発売していましたが、PionnerのCDJを支持するDJが多く、いつしかPionnerのCDJが世界のスタンダードとなり、世界中のクラブで置かれるようになったのです。

 

そんな歴史があり、今やDJの機材に必ずと言っていいほどPionnerのDJ機材があり、デジタルDJの先駆けとして今でも絶大な人気があるんですね。

 

ちなみにPioneer DJの歴史の動画がございますのでこちらもぜひチェックしてみてください!

 

Pioneer DJ History (PioneerDJより)

 

 

うん。前置き長いね!(笑)

 

さてさてそろそろ商品のご説明をさせて頂きましょう!

 

そんなPioneerのDJヘッドホンから!

HDJ-2000の後継機種!HDJ-2000MK2です!

 

Pio12 

▼Pioneer HDJ-2000MK2-K(ブラック) e☆特価¥38,660-

▼Pioneer HDJ-2000MK2-S(シルバー) e☆特価¥38,660-

 

それでは見て行きましょう!

 

まずはハウジング部分!

このシルバーのラインがデジタルなロゴみたいですね。

 

Pio

 

イヤーパッドなのですが、正直前のモデルのHDJ-2000も装着感が良かったので、

そこまでの差はないかと。ただ、柔らかく上質なのは間違いないですね。

ヘッドバンド部分もHDJ-2000と比べ全体的にクッション入ってます。

 

Pio1

 

そして今回ビックリした機能がこれ!自動復帰するハウジング部分!

 

Pio9

 

このハウジング部分は自動復帰機構により、回転したハウジング部分が自動的に元の状態に戻るんです!

 

この手を離すとー、、、

 

Pio10

 

元通りー!

 

これはおぁー!ですね!

 

そしてヘッドバンドの形も変更され真ん中がポッコリと。

これにより頭部への負担を減らす事が可能との事。

着けた感じも何となく楽になったかぁ。と感じました。

 

Pio4

 

ケーブルの着脱部分はHDJ-2000と同じ「ミニXLR端子」です。

 

Pio2

 

意外だったところはプラグ部分ですね。

HDJ-2000はストレートだったのに対しMK2はL型プラグに。

これによりDJミキサーの邪魔にならないようにとの事。

 

Pio3

 

折り畳む事も可能です。

しかしこの折り畳み方は個人的にちょっと不安が、、

この折り畳み方にするとハウジング部分にちょっと負荷がかかりちょっと折れそうで若干怖いです。

 

Pio5

 

そして付属品はこちらです。

 

Pio13

 

キャリングケースと変換プラグ。

そしてケーブルが1.6mのストレートケーブルと、、

 

Pio11

 

1.2mのカールコードがついています。

 

そしてHDJ-2000と一緒に撮ってみてみました。

左がHDJ-2000MK2で右がHDJ-2000です。

 

Pio7

 

実はHDJ-2000はステレオとモノラルの切り替えスイッチがありましたが、

MK2では無くなりました。

 

Pio6

 

そしてやっぱりここですね!

 

ロゴに注目!

 

 

Pio8

 

そうです!MK2からはPioneerDJと記載されているんです。

いやー、でも良かったー!PioneerがDJで残ってくれてほんまに嬉しいです!

 

で、、

 

気になる音質ですよね。

 

前のモデルHDJ-2000と比較して聴いてみたんですけど、

音質にも違い出てますね!

 

まずクリアな音質になりました!もちろん低音も出ます!全体的に中高域が晴れやかになり前のモデルよりは透き通った音質ですね。以前のモデルよりも音が前に出やすくなったように感じました。ただ、低音好きな方からするとちょっとゴリゴリっとした感じが若干スッキリしたので、もしかすると気持ち音が軽く感じるかもしれないですね。ちなみにDJモデルのヘッドホンとしてありますが、iPodと直接繋いでも特に十分に音をとれました。

 

ちなみにHDJ-2000MK2の紹介動画がPioneerDJよりございましたので、

こちらもご紹介させて頂きます。

 

 

HDJ-2000MK2は秋葉原店、大阪日本橋店共に試聴機をご用意しております!ぜひぜひ実際に聴いてみてくださいね!

 

ぜひチェックして見てください!

 

たらお
大阪日本橋のイヤホンヘッドホン専門店eイヤホンで働いています。DJやトラック作ってます。あとスケボー好きです。イヤホンやヘッドホン以外にもDJの大会や機材に関してのちょこっとした情報もつぶやきます。宜しくお願いします。
  

この記事を読んだ人におすすめ