ばなー

あ、どうも。

もしあなたが、奈良生まれだった奈良ば?

奈良ギャグ最高!奈良県民ゆーきゃんです。

 

昨晩、ふらりとビールを買いに入った某711さんにて、またまた胸を打たれる商品を発見しました。

jaga 

僕ね、カレーは大好きなんですけど、愛おしいほど好きなんですけど

カレー味のお菓子ってあんまり手に取らないんですよね。

ただこれね、よく見てください”バターチキンカレー”

ね?オシャレでしょ?玄人向けでしょ?さすがじゃがりこ。

まだ食べてないので早く試してみたいです。

 

本題。

前回のこちら!

みなさん見て頂けましたでしょうか???

 

【愛機紹介】イーイヤスタッフが実際愛用しているカスタムIEMを愛をこめて紹介するブログ

 

前回登場したのは

よっしー(大阪日本橋本店勤務,WEB担当)@eear_yossy

かんた(東京秋葉原店勤務,リユース)@eear_kanta

ティーン(東京秋葉原店勤務,リユース)@eear_teen

けいちゃん(大阪日本橋本店勤務,ホール)@eear_kchan

たま(大阪日本橋本店勤務,配送)@eear_tama

りょうた a.k.a ROYTA(東京秋葉原店勤務,メディア事業部)@eear_ryouta

たっくん(東京秋葉原店勤務,eイヤホンアンバサダー)@eear_takuya

ずっきー(大阪日本橋本店勤務,商品部)@eear_zukki

 

と、僕。

ゆーきゃん(カスタムIEM専門店勤務)@eear_youcan

でした。

 

↑名前をクリックするとTwitterページに飛びますので、気になることは直接聞いてみて下さいね!

みんないい人たちなので気軽に答えてもらえますよー!

 

イーイヤスタッフはカスタムIEM使ってるの?

使ってるならどんなの??

というご質問に全力の愛をこめて愛機を紹介するブログでございます!

参考になるとおもいますので、是非ゆるりと読んで頂ければ嬉しゅうございます!

 

さぁ今回はどのスタッフが出てくるのでしょうか!

どどーっといきますよ!

 

前回同様、スタッフ名をクリックするとTwitter個人アカウントへ飛びますので、

気になる製品があれば直接お問い合わせしてみて下さいね!

 

ハイドン!!

 

エントリーNO.1

 

ふくくん(大阪日本橋本店勤務,サポート窓口担当)@eear_fukukun

 

IMG_7425

IMG_4509

body

▼Ultimate Ears UE11Pro e☆特価¥149,800-

 

Lシェル:001 Clear(UEはシェルクリア固定)

Rシェル:001 Clear(UEはシェルクリア固定)

Lプレート:0025 GREEN 

Rプレート:0024 GREEN

 

大阪の総合サポートセンターを担当しているふくくん!

僕がUE7PROを買った同時期にふくくんは11PROを購入していたんですね!

それでは、ふくくんのレビューです!

 

過去の愛機がsuper.fi 5Pro → 10Pro → UE900と、
生粋のUltimate Ears好きであった僕が選んだ念願の初カスタムIEMはこのUE11Proでした。

カスタムIEMのオーダーには時間を掛けました、当然の如く一度の試聴では決めきれません。
結果として決め手となったのが、「音の立体感とハッキリとした低域の音圧感。」
聴いていて「楽しい」と一番感じれた事からです。
これは名機10Proと通じるものがあります。

音質としては濁りのない高品質なドンシャリサウンド。
(エージング前だと少し曇りがち、エージングでバランスが改善されていきます。)

最近の使用としては、地下鉄での短い通勤時間の中、手軽にiPhone直差しが主です。

もちろん、それだけでは表現しきれないスペックではありますが、
短い時間のなかでも音楽に没頭させてくれる、
最高のリスニングIEMだと思っています。

 

とのことです!たしかに、楽しいかどうか、この条件は大事!

福くんに是非直接聞いてみて下さいね!

次!

 

 

エントリーNO.2

 

ゆーきゃん(秋葉原カスタムIEM専門店勤務)@eear_youcan

 

IMG_5045

youcan

youcan-2

▼1964EARS 1964-V6-Stage e☆特価¥136,000-

 

Lシェル:T13 Teal

Rシェル:Amber(過去のカラーモデルの為現在は選択不可)

Lプレート:S5 Black

Lロゴ:L2 Model LOGO (V6をGOLD、StageをSILVER)

Rプレート:S5 Black

Rロゴ:過去のロゴモデルの為現在は選択不可

 

お次は私ゆーきゃんでございます。

いやーーこちらもなかなか愛着のある機種なのですよ・・・。

 

こちらのV6-Stageは僕にとって2機種目のカスタムIEMでした!

とにかく1964EARSはコスパが高い!全モデル、ドライバー数による相場の価格より安いんですよね!

だからという訳ではありませんが、僕がV6-Stageに辿りついたきっかけは

「UE7PROとちがった、低音系のカスタムが欲しい!」という理由がまずあったんですね。あとはカラーが自由に選べるといいなぁ~~(UEはシェルがクリア固定だったので)と。

そこで思い出したんです、そういえばV6-Stageってあれからどんな音になったんやろ??と。

初めて試聴機が来たとき聴いた音は嫌いじゃなかったし、でもなんとなくイメージが湧かなくて結局UE7PROにしたし・・・・気になる・・・。

エージングも終わってるはず、どうなったかな・・・・

めちゃええやん!!!!!!

バランスの良さ、硬すぎず、柔らかすぎない絶妙な音の硬度、低音の量感、レスポンスの良さ、完璧やん!!!

で、オーダーです。

実際カスタムになると、試聴機よりもう少し低音の量感は増えました。

試聴機のバランスより、どっしりと下の方が厚いバランスになりましたね。

ドンドンと楽しいのですが、ちょっとスパイスが欲しいなという方は、銀線系か銀コーティング系のリケーブルだと相性が良いかも!(保証の面であまりお勧めはできないのですが。。)

R側シェルのAmberは特に気に入っていて、もう選べないとなると余計愛おしく感じてしまいます。。。

とにかくいまでも可愛がっているイヤモニです!

 

是非カスタム店に来られる際はお声かけくださいね!お見せいたします♪

次!!

 

 

エントリーNO.3

 

みわちゃん(大阪日本橋本店勤務,ホール) @eear_miwachan

IMG_0059

IMG_0058

▼canal works CW-L71PSTS e☆特価¥178,200-

 

左右シェル:スモーク

Lプレート:スモーク

Lロゴ:CWロゴシルバー

Rプレート:スモーク

Rロゴ:CWロゴシルバー

 

リユース担当から新品ホール担当へ代わったみわちゃんの愛機はこちら!

あまりカラーをいじらず、シンプルなデザインです!

以下、みわちゃんのレビューです!

 

柔らかくも、スピード感やキレを両立させたカナルワークスのフラッグシップモデルです。高域が4発、中域・低域に2発ずつの、合計8発のBAドライバが片側に積まれていますが、昨今の12ドライバなど、数だけを見るとあまり物珍しくはありません。ドライバが多ければいいという考えは持っておらず、8ドライバのカスタムIEMを作ったわけではありません。ハイレゾをより綺麗に、という目的に上でCW-L51aを元に試行錯誤し、8ドライバとなったのがCW-L71です。

私の当時の欲求としては、「聴き疲れのしにくい、優しく大人しいカスタムIEM」を求めていました。
そうなると、やはり目に止まったのはカナルワークスで、一音一音を丁寧に描きつつも、音に柔らかさや刺激がそこまで多くないので非常に聴きやすいのが特徴のメーカーであるように感じていたからです。L51aとL71を検討し、4~5時間ほど聴き比べていたでしょうか。L51aは、L71に対して若干スモーキーな部分を感じるのですが、これがまたいい感じでして、今思うとHD650のような印象に似ているかもしれません。悩んだ結果、CW-L71にしました。高域の綺麗さがL51aと比べ際立っており、その分キャラ立ちしてしまうのではないか。飽きてしまって結局使わなくなるのではないか…と懸念もありましたが、そんなことは杞憂でした。1基あたりの負担が少なくなるので、その分綺麗に鳴りますから、歪み感が少なくなり、キャラ立ちするような、量感が増えた印象はほとんどありませんでした。完成品と試聴機は、どうしても密着感が異なるため、低域が抜けて高域が目立っていたのでしょう。オプションはPSTSを是非付けていただきたいと思います。低域に繋がるところの抵抗が着脱できるようになり、これによって量感を抑えたり、ブリブリにできたりします。時にプレイヤーを替えて、低域がもう少し欲しいやその逆があれば、ササっとお手軽に変えられるこのオプションは是非付けていただきたいと思います。

シェルやフェイスプレートの色で悩んだら、オススメなのが、フェイスプレートをブラック スペシャルフィニッシュをホログラム(多め)で頼むと、夜空のようなハウジングが出来上がるかと思います。シェルは中身が見たければクリア、私はフェイスプレート、シェル共にスモーク、フィニッシュは選択していません。じゃあなんでそれにしなかったの?と言われば、BARKSさんの烏丸編集長のレビューで載っていた画像がこれだったからです。思わず、「しまったぁ…」と声を出してしまいました。BARKSさんのカナルワークスのレビューと言えば、CW-L51aのレビュー記事で、カナルワークスに魅せられてしまった方も多いと思います。私も、実はその一人です。

 

 

超愛がこもってますみわちゃん!ありがとう!

ポータブルオーディオはなんでも好きなみわちゃん、本当に面白いので是非店頭でも声をかけてみてくださいね!

 

次!!

 

 

エントリーNO.4

 

はまちゃん(大阪日本橋本店勤務,Web担当)@eear_hamachan

 

hamada_A1D

hamada_A1D01

hamada_A1D02

▼AAW  A1D e☆特価¥30,900-

 

Lシェル:C11-Smoke Black

Rシェル:C11-Smoke Black

Lプレート:C11-Smoke Black

Rプレート:C11-Smoke Black

LRロゴ:GlossyBlack(Side)

 

実際にバンドもやっているはまちゃんの愛機!

当店で取り扱いのあるモデルの中で最も手ごろな価格のこちらは、初めてのカスタムにはもってこい!

 

□購入した動機
カスタムIEMにしては破格の値段。
あと、僕の誕生日9月8日がたまたまお休みで、
インプレッション採取会が大阪日本橋店であったから、
買っちゃおっかなって。

□レビュー
細かな音の動きや、繊細な表現を求めているわけじゃないので満足してます。
D型らしい、力強さ、シンプルに音圧を感じられる部分が僕の好み。
普段は通勤時に使います。バンドでモニターとして使うことは、
今んとこないです。ライブの規模が小さいですからね。

心配していたのは装着時の痛みですが、ぜんぜん平気でした。
最近気にしてるのは、やっぱり汚れ。
どうしても密着してるのでこまめにクリーニングしてます。

オプションでMMCXコネクタにしたので、
UE900の付属品、コントロールケーブル(青)を使って通話にもA1Dを使うこともあります。

さーやさん(秋葉原店バイヤー)に進められて、
カスタムIEM用オリジナルフェイスプレートに興味津々。
髑髏とかほしいなぁ。

↓↓↓↓↓

【新製品情報】きせかえ工房はじめました。【カスタムIEM用オリジナルフェイスプレート!】

 

 

とのことです!

きせかえ工房が気になっているはまちゃん・・・

それをふまえて次いってみよー!

 

 

エントリーNO.5

 

みなちょ(東京秋葉原店勤務,リユース)@eear_minacho

 

INC_4645

INC_4627

INC_4613

201503

▼JH AUDIO JH16PRO e☆特価¥192,900-

 

Lシェル:Clear

Rシェル:Clear

Lプレート:Clear きせかえ工房プレート(デザインは要相談)

Rプレート:Clear きせかえ工房プレート(デザインは要相談)

 

まるではまちゃんにむけてのどやぁぁ!な笑顔をふりまくのはまだ入社して日の浅いみなちょ!入社時すでにイヤモニを使用していたつわものです!

シンプルなデザインのイヤモニだったため、きせかえ工房さんのサービスが始まるやいなや、すぐさまオーダーしてました。。。

 

僕が何故カスタムイヤホンを作ろうと思ったのは…やっぱりアーティストが使っていたからですね!
dir en greyに憧れて作成しました。(当時の南少年はカスタムIEMを扱っているメーカーが複数あることを知りませんでした…)
その当時私の周りは10proが全盛の時代でして、だったら10proを作ったジェリー・ハービー氏が新たに作ったJH audioで作ればいい音するんじゃないか?
という考えで作りました!当時としてはかなり高額な商品でしたが装着感、音共に好みでしたので後悔はありませんっ!w

音の傾向としましては、試聴機から想像したらドぎつい低音がでるのかなーと思いますが良い意味で変化があります!
実際作成すると低音の再生能力はそのまま、もあもあしていた部分がなくなりよりタイトな仕上がりとなります。
中域も高域もそれに伴い近くに聴こえる様になります。しかし、ただ平面的にならすのではなく音の奥行はしっかりありますので色々な楽器の定位が分かるようになり流石プロ仕様!といえるカスタムIEMだと思います。

着せ替えプレートを作ろうと思った理由としては、もともとフルクリアで作っていて、気分を変えたいなーと思い作製しました。きせかえ工房さんはIEMのフェイスプレートの型をとって作る製品なので、作製している間も使用できる事が最大の強みだと思います。
実際作成してみると凄く細かいところまで作られていて付けているだけで華やかな気分になれます。
音も銀製のプレートをかぶせているので遮音性が上がる為か音がよく聴こえる気が…

 

 

休憩時間を活用してカスタム専門店まで試聴しにくる新人スタッフさん、実は凄く多いのです・・・。みんなすげーな!!!

みなちょも新たなイヤモニを捜索中とのことです。

つぎ!!

 

 

エントリーNO.6

 

まこ(秋葉原カスタムIEM専門店,店長)@eear_maco

 

IMG_0009

IMG_4435

es60blog

▼WESTONE WST-ES60 e☆特価¥168,000-

 

Lシェル:T-14 Translucent/Candy Purple

Rシェル:T-6 Translucent/Chardonnay

Lプレート:Abalone Shell/Passion Purple

Lロゴ:Westone+Model White

Rプレート:Abalone Shell/Sunset

Rロゴ:Westone+Model White

 

カスタムIEM専門店店長のマコは今超絶人気を博しているES60を愛用!

よく二人で「フレックスカナルってやっぱすげーよな」って話をしてます。

てんちょのれびゅー!

 

音質はウォーム系で、ロー寄りのバランスですが、全体的に見てナチュラルなキャラクターです。音場は横長に広く、高さははあまり高くありません。
westoneのカスタムIEMの特筆すべきはフィット感でしょう。
他のブランドのシリコンモデルとは違い、シェルの部分にはアクリル、カナル部分のみシリコンになり、westoneの独自の製法となります。
フレックスカナルは顎関節の可動に合わせ変形するように、設計されています。ですので、顎関節の可動が大きく、耳からイヤホン、イヤモニが押し出されやすい方でも、正常なフィット感を保ちやすいです。
フレックスカナルの変形が大きくなるこで、カナル部分以外でもしっかりと固定するようになってます。
ですので全体的に大きめのフィット感が特徴です。
そして、mmcx端子が新たに採用されましたので、リケーブルも豊富になりました。
ただ注意が必要で、カスタムIEMの場合、個人の耳に合わせ成型します。ですので、mmcx端子周辺の平面が取りづらく、ユニバーサルモデルに比べて接点の遊びが、大きくなります。
ゴミが入りやすく、こまめなメンテナンスを行わないと接点不良になりやすいです。
リケーブルを頻繁におこなわない方には2pinタイプでお作りする事をお勧めします。
westoneのがっちりとした装着感を覚えるとなかなか他のカスタムが使えなくなります。
音質も非常に心地よく、耳に馴染みやすいサウンドです。
お勧めできる機種ですので、一度聴いてみてください。

 

 

リケーブルも豊富で汎用性の高いMMCXを選ぶのか、2pinにするのか・・・僕はちなみに2pinにしましたよ!

そして僕は2pin推奨派です。笑

 

最後はこの方!!

 

 

エントリーNO.7

 

りょうた a.k.a ROYTA(東京秋葉原店勤務,メディア事業部)@eear_ryouta

 

ryota_aya

C

▼須山補聴器 FitEar Aya e☆特価¥124,900-

 

シェルプレート共にカラーはブラックのみ

 

今回のラストを飾って頂くのはりょうたさん。

この笑顔はもはやR18指定、とろんとしてますね。

僕のブログ用という事で、とびきりの写真を用意してくれました、さすがりょうたさん。

イヤモニ複数持ちのりょうたさんには、今回Ayaの良さを語って頂きます。

 

アニソン好きのアニソン好きによるアニソン好きのためのイヤモニ。それがこのAyaです。内蔵されたスピーカーの数やユニットの配置は一切公開されておらず、スペックに囚われず純粋に音を楽しんでほしいという作り手の思いが込められた一品。FitEar製品としては初の3Dプリンター採用製品でもあります。日頃聴く曲の多くがボーカルものなので、相性は抜群。特に女性ボーカルもの、アニソンに限らずアイドルソングやJ-POPなどにも合います。いわゆるモニター的なサウンドとは違い、とても聴き心地の良い音質。カスタムIEMならではの高い遮音性と、マイルドで聴きやすいボーカル好きにはたまらないチューニングでどこでも、どんな環境でもじっくりと好きなボーカリストの囁き、歌声に浸り続けられます…

 

リリースのタイミングでAyaを手に入れたりょうたさんは、最近もヘビーローテーションで使用しているそうです。

フォロワーも多いりょうたさん、是非Twitterでも絡んでみて下さい!

 

 

というわけで、今回のご紹介は以上となります!

いかがだったでしょうか?

別にカスタム店スタッフだけじゃないんですよね、ユーザーは。

WEB担当や中古担当、サポート窓口担当まで沢山いるんです・・・。

気になってた機種を愛用しているスタッフはいましたか?

面白いスタッフばかりなので、是非フォローしてみではいかがでしょうか?

 

実は

まだまだ愛機を紹介していないスタッフは存在します・・・

 

第三弾、こうご期待!!!

 

あとあと!

いよいよ今週となりました、ポタフェスin福岡を記念し、今回もカスタム特価やっちゃいますよ!!

この機会にぜひどうぞ!

こちらから情報をチェック!!↓↓

【#ポタフェス 】福岡でもカスタムIEMのSALEやるよー!【超特価!!】

 

ではでは(・ω・)ノ

 

↓今回紹介したスタッフのTwitterアカウント↓

 

ふくくん(大阪日本橋本店勤務,サポート窓口担当)@eear_fukukun

Ultimate Ears UE11Pro

 

〇ゆーきゃん(秋葉原カスタムIEM専門店勤務)@eear_youcan

1964EARS V6-Stage

 

〇みわちゃん(大阪日本橋本店勤務,ホール) @eear_miwachan

canal works CW-L71PSTS

 

〇はまちゃん(大阪日本橋本店勤務,Web担当)@eear_hamachan

AAW  A1D 

 

〇みなちょ(東京秋葉原店勤務,リユース)@eear_minacho

JH AUDIO JH16PRO

 

〇まこ(秋葉原カスタムIEM専門店,店長)@eear_maco

WESTONE WST-ES60

 

〇りょうた a.k.a ROYTA(東京秋葉原店勤務,メディア事業部)@eear_ryouta

須山補聴器 FitEar Aya

 

 

■カスタムオーダーページ■

 

ゆーきゃん
ハイドン!!の奈良県民。 麻雀はスポーツです。
  

この記事を読んだ人におすすめ