大先生

どうも、僕です。

 

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

 


 

さて、今回は新製品のご案内。

 

皆さんはBriseAudioの『UPG001』というケーブルをご存知でしょうか。

もともとプログレードのケーブルを作っていた同社が、

そのノウハウを活かしたイヤホン・ヘッドホン用のリケーブルとして発売。

同社のハイエンドケーブル『OSAFUNE』などのシリーズを支える線材を用いて、

大変高いパフォーマンスを発揮するケーブルとして人気を博しています。

 

そんな『UPG001』が今宵、装いも新たに再登場。

早速ご紹介致しましょう……。

 

はいドン!!

 

Brise Audio

UPG001Rh+

MMCX / 2pin

3極3.5mmφ / 4極2.5mmφ / 5極4.4mmΦ

mmcx_35

画像はMMCX端子、3.5mmステレオミニプラグモデル。

 

 

 

 

 

 

 

こ……これはー!?

 

『UPG001』を基に、各種変更を施した限定モデル『UPG001 Rh+』が登場。

以前のポタフェス仙台でも展示されていた本機種ですが、

末尾に刻まれた『Rh+』の文字は何を意味するのか?

早速紐解いて参りましょう。

 


 

この『Rh+』モデルの大きな特徴は3つ。

 

○ ロジウムメッキプラグを採用

○ コア素材に広帯域非磁性特殊積層電磁波吸収材を採用

○ 耳かけ部に特殊処理を施したチタン製ワイヤーを採用

 

な……なんだか凄そう!

ひとつひとつ詳しく見ていきます。

 

 

 

○ ロジウムメッキプラグを採用

プラグにはロジウムコーティングが施されたプラグを使用。

構成される部品の材質にも気を配っているとのことで、

確かにこの曇りひとつ無い光沢からもその品質が窺えますね。

 

 

 

○ コア素材に広帯域非磁性特殊積層電磁波吸収材を採用

続いてはこちら。

半ば早口言葉のようなこの素材ですが、

これは同社のフラッグシップケーブル『MURAKUMO』にも使われており、

UPG001のサウンド特性をそのままに、空間の静けさを一層高め、

艶やかな高域明瞭さが強化されているとのこと。

情報量も多く、音楽の再現性が非常に高い仕上がりであるそうです。

ただでさえその生々しいサウンドには驚かされていたUPG001.

いかほど変化するのか、こちらも細かい変化ながら目が離せません!

 

 

 

○ 耳かけ部に特殊処理を施したチタン製ワイヤーを採用

そして最後はこちら!

今まで通常販売されていたUPG001には耳かけ部のワイヤーが無く、

公式ストアからのオーダーでのみオプションで付けることが出来ましたが、

今回の『Rh+』では標準でワイヤーが搭載されています。

mmcx_wire

装着性と音質評価の双方の視点から検証した結果、

特殊処理を施したチタン製ワイヤーを採用。

細かなところもしっかりと抜け目なく作りこまれています。

 


 

以上、UPG001 Rh+のご紹介でした。

 

こちらは本日からe☆イヤホン全店取り扱い開始となります。

 

また、こちらのオーダー受付期間は部品入手の関係上2017年5月末まで

もしくは、予定販売数終了までの限定販売となります。

 

お買い逃がしの無いよう、ご検討くださいませ!

 

 

 

 

 

 

 

 お相手は大先生ことクドウでした! それではまた次回。


↓店舗案内↓

 

 

自社レビュー_bn_0201-0228

だいせんせい
e☆イヤホンPRスタッフのだいせんせいです。
e☆イヤホンTVパーソナリティ。
http://abemafresh.tv/e-earphone

実力にそぐわぬ大層なあだ名なので、名前負けしないように頑張ります。
アイドルマスターとゲームのサウンドトラックが好き。

▼愛機
カスタムIEM:UE Pro RR
イヤホン:IE800 / IE80 / IE80S / MDR-N3 / LOLA, etc.
ヘッドホン:HD700 / MDR-1Rmk2 / MDR-MA900 / HD25, etc.
プレイヤー:AK300 / AK100mk2 / D-NE730

この記事を読んだ人におすすめ