大先生

どうも、僕です。

 

皆さん、FPSは好きですか?

秋葉原店にはゲーミングヘッドホンコーナーがあり、

実際にPS4を用いてFPSゲームが遊べるようになっています。

IMG_5157

ずらりと並ぶヘッドセットたち!

 

かくいう僕はあまりFPSはやらないほうなのですが、

唯一やった覚えがあるのがXboxの「HALO」です。

結局、敵の宇宙人が怖くてやめてしまったのですが、

「ストレッチマン」の怪人に怯えた幼少時代と何も変わってないな、と思います。

いかがお過ごしでしょうか。

 

 


 

さて、今回は新商品のご紹介です。

ポタフェス間近ということもあり、新製品ラッシュですね!

それでは早速ご紹介致しましょう……こちら。

 

はいドン!!

 

Dawnwood GT-36J

dawnwood_gt36j_blog_1

 

 

こちらは、中国のAsia WIN ElectrOnicsという会社によるイヤホンです。

もともとオーディオ関係のODM/OEM(受注製造)を行う企業であり、

大手日本企業との実績も積んでいるメーカーです。

今回は自社ブランド「dawnwood」を立ち上げ、満を持して国内へ上陸。

その自信のほどは? 早速チェックしていきましょう。

 

 


 

dawnwood_gt36j_blog_2

形状はダイナミック型によくある、

対耳珠(耳たぶの上のでっぱり)にひっかけるタイプのデザイン。

パッと見の外見上に大きな特徴がある! というワケではありませんが、

マイク付きワンボタンリモコンなどの現代のニーズもきっちり抑えているあたり、

さすがに「場数を踏んでいるな」という印象です。

 

dawnwood_gt36j_blog_3

コンパクトなプラグも、スマートフォンケース等との干渉が少ないでしょう。

作りのしっかりした収納ポーチもさりげない嬉しさ。

八千円台という比較的安価な値段設定や、カジュアルなデザインからも伺える通り、

流行をキッチリ掴んだ、ライト層への強いプッシュを感じました。

 

事実、この商品は日本限定販売モデルであり、

さらに言うとe☆イヤホン限定販売モデルであります。

もともと存在している海外向けの流通モデルをベースとして、

OFCケーブルなどを用いて日本向けにチューニングしていることからも、

日本のポータブルオーディオブームに向けて本腰を入れていることが分かりますね。

 

 


 

いてみます。

一聴すると高域から中域にかけてはややフラットめな印象。

しかし聴いていると、低音が沈むように響いているのがわかります。

決して振り回すような暴力的な低音ではなく、

縁の下の力持ち的なずっしりした量感を感じる音です。

特にキックの「ずち」という体の内側に打ち付けるような響きが良く、

言うなれば「じっくりノれるサウンド」という感じですね。

ハイテンポなアニソンなどにも向いている音かもしれません。

全体的に主張は強くないながら、非常に丁寧な音作りが感じられます。

 

 


 

お求めやすい価格も相まって、多くの方にオススメしやすい1本になりそうですね!

こちらは本日7/14(木)より予約開始

そしてポタフェス2016東京が開催される、

7/16()より発売開始です!

potafes2016_tokyo_tophead (1)

 

各社の攻勢でうれしい悲鳴がこだまするこの時期、

エントリーモデルに新たな刺客が登場! といった所でしょうか。

ご来店の際には、ぜひチェックしてみてください!

 

今回のお相手は大先生ことクドウでした。それではまた次回!

 

だいせんせい
e☆イヤホンPRスタッフのだいせんせいです。 e☆イヤホンTVパーソナリティ。 →http://abemafresh.tv/e-earphone 実力にそぐわぬ大層なあだ名なので、名前負けしないように頑張ります。 アイドルマスターとゲームのサウンドトラックが好き。 ▼愛機 カスタムIEM:UE Pro RR イヤホン:IE800 / IE80 / IE80S / MDR-N3 / LOLA / TEQUILA 1 / Puresonic, etc. ヘッドホン:HD700 / MDR-1Rmk2 / MDR-MA900 / HD25 / PortaPro, etc. プレイヤー:AK300 / AK100mk2 / D-NE730
  

この記事を読んだ人におすすめ