新年あけましておめでとうございます。

 10906527_616047198523491_6622069360478465936_n

今年も宜しくお願いします。

おはようございます。

こんにちは。

こんばんは。

 

秋葉原店のなかたくでっす!

今週も生産終了の名機をご紹介したいなと!

 

まずはコチラのご紹介!

_DSC0257-min

僕の愛機でもあるSONYのDJヘッドホンMDR-Z700DJ!!

簡単なスペックは…

再生周波数帯域が5~30,000Hz

インピータンスが24Ω

密閉ダイナミック型

…スペック上はごく普通なDJヘッドホンですが…

 

音の張りが素晴らしい!

メインとなるクラブミュージックとの相性は抜群に良いですが、ロックや歌モノも音の歯切れが良いので聴き取りやすく、ノリもイイです。

さらにポタアンで出力を上げると

もっとよくなります!

特にオススメはDENONの新型ポタアンDA-10との組み合わせ。

DA-10独自の中高域にあるアクセントが際立ち、よりノリがよくなります。

コードがカールコードな為、ポータブルしやすくはないですが、折り畳みが出来て遮音性も非常に高いので持ち運びたくなるヘッドホンです。

 560155_580233912104820_7521348318689808974_n

また、中古だと1万円以下で買えるので

コスパが高いのも魅力!

 

続いてご紹介するのは…

_DSC0263-min

ポタアンの王様

『VorzAMP』

その中でも希少性の高い『Pure II Japan Limited edition』をご紹介!

名前の通り、日本限定モデルとなります!ホワイトのボディがカッコイイですね!

三段のゲイン調整がついており、お持ちのイヤホン・ヘッドホンのインピータンスや感度に合わせて使いやすくなっています。

 

音は非常にクリア!全体的にドライな音作りで、高域の煌びやかな表現が素晴らしいです。

暑苦しくならない程度に、中低域も前への押し出しが強くなるので立体的に聴こえ普段の音との違いに驚かされます。

アコギがメインの曲は弦1本1本を弾く音が明瞭で不自然にならない程度にクッキリし、アコギ特有の箱鳴り感も表現されておりカッコイイ!

また、乾いたスネアの音や、ハスキーな女性ボーカルも非常に艶やかです。

_DSC0270-min

空間いっぱいにシャープな音を拡散してくれるので、ヘッドホンだとAKGのK550らへんが相性良さよう!

というか聴いてみたら、やっぱり良かった!!

高域の伸びが圧倒的です。

 

そしてハイゲインにしてもノイズが乗らない!!!!

アナログでmini-miniで繋いでもクリアに聴こえてしまうほどに、質の高いアンプです。

このドライでクリアな音…

欲しい。。。。

前回紹介した光城精工のポタアンとは違った良さが…

 

 つづいて!

 こちら!!

_DSC0252-min

SENNHEISERのHD580

開放型ヘッドホンの超人気シリーズの中の生産終了モデルです。

_DSC0254-min

独特の色とデザインで、この時点で魅力的!

側圧はちょいと強めですが、ベロアパッドなので痛いとは感じませんでした。

HD598やHD650のように耳の収まりが良いのもポイント高い!

 

音はいい意味で細かすぎず、聴きやすい!

高域から低域までまんべんなく音が出ており、やや毛羽立ちのある温かい音が良い雰囲気を作ってくれます。

SENNHEISERの開放型らしく、抜け感も低域のボリュームも両立させた聴きごたえのあるヘッドホンです。インピータンスが300Ωと高めなので、しっかりとした据え置きアンプと組み合わせて使って頂きたいです。

 

…なにやらこのHD580には限定モデルが存在するそうです!

 

 

最後にコチラ!!

_DSC0272-min

 MONSTER CABLEのbeats OE studio(以下、『旧タイプ』)!!

超人気ヘッドホンシリーズbeatsが、まだMONSTER CABLEの中のプロジェクトの一つだった頃のモデルです。

後継機としてはbeats by Dr.Dreからbeats OV STUDIO V2(以下、『V2』)というモデルが出ており、とても人気の高いモデルです!

デザインを比べると…

_DSC0275-min

V2(青い方)と比べて似ていますが全体的に角ばっている印象です。ちなみに僕は旧モデルの方がデザインは好きです。

装着感は、V2の方がパッドが微妙に大きいように感じます。そのせいもありフィット感はV2の方が良いと感じます。

このモデルは新旧どちらのモデルもノイズキャンセリング機能が搭載されています。

現行のV2はUEB充電が必要となりますが、

旧タイプは↓のように電池式!

_DSC0276-min

 遠出の際はこっちの方が都合が良い方も多いのではないでしょうか!?

 

気になる音の違いは、旧モデルが思い切りの良い低音型なのに対して、V2は比較的中高域も意識したバランスの良い音になっています。

クラブミュージックがメインだ!って方には旧モデルを

なんでも聴きたいんだ!って方にはV2がオススメです!

 

来週は、秋葉原な企画のブログになるかも!?

楽しみにしててくださいね☆

 

↓お時間あればコチラもどーぞ!

【名機が沢山】生産終了モデルを追え!!【e☆イヤ中古で】

【名機が沢山】生産終了モデルを追え!!その2【e☆イヤ中古で】

 

↓お店に来れない方はコチラをチェック!

【中古商品在庫リスト】

 

ではでは、秋葉原店のなかたくでした!!

 

 

 

 

  

この記事を読んだ人におすすめ