ども、けいちゃんです。

 

ゴールデンウィーク 終わってしまいましたね。

というか今年も1/3が終わってしまいましたよ!早い!

6月は僕の誕生日なんです(まだ5月ですが)。ついに30代にのります。

早かった20代ライフでした…。

気がついたら夏も終わってるんだろうなぁ(遠い目)

 

さて、来る5月13日(日)は #eイヤ名古屋大須店 にて大試聴会を開催!

アレが気になる!コレも気になる!

国内代理店Mixwaveの新製品 大試聴会!!

 

取り扱いブランドもチョー豪華。

順番にご紹介していきます。

 

□64 Audio

<A4t>

旧A4の後継機。

BA型ドライバー4基搭載、Tiaテクノロジー、apexテクノロジー採用

 

<A6t>

旧A6の後継機。

BA型ドライバー6基搭載、Tiaテクノロジー、apexテクノロジー採用

 

<N8(ネイト)>

旧A8の後継機。

ベーシスト「ネイザン・イースト氏」のシグネイチャーモデル。

ハイブリッド型 8ドライバー搭載

 

ネイザン・イースト氏はスティーヴィー・ワンダー氏やエリック・クラプトン氏らと数々の著名人と共演するベーシスト。

 

僕らにとって耳なじみの楽曲といえば、

■Get Lucky / Daft Punk

こちらの楽曲にもベーシストとして参加。

一度は耳にしたことがある方も多いんではないでしょうか。

そんなベーシストのシグネイチャーモデル。

聴くっきゃないでしょ!

 

 

□Beat Audio

<Wireless Cable(ブラックカラー/試作機)>

 

<Azurite>

銀線ベースの独自の合金導体を採用。

注目の新作ケーブル!

 

 

□Campfire Audio

こちらも注目のステンレススチール筐体イヤホン!

<COMET>

シングル バランスド・アーマチュア型ドライバー

ケーブル素材にはRemote Litz Copper Cable(銅線)を採用。

国内予想価格は24,800円(税別)前後。

個人的にイチバン気になるイヤホンでっす!

 

<ATLAS>

ADLC 10mm ダイナミック型ドライバー

ケーブルにはPure Silver Litz Cable(銀線)を採用。

国内予想価格は152,700円(税別)前後。

同ブランドのVEGAとの違いも非常に気になりますね!

 

 

□FAudio

新規ブランド「FAudio」とは…!

FAudioは、OEMや技術コンサルタントを含むオーディオ機器に関する研究開発を経て、2014年に音響設計のエンジニアとしてLGやVodafone、Miniwatで10年以上活躍したFung Wong氏により設立されました。
その後2015年、ツアーギタリストであり、S3 Music Studio、Zoo Music Studio、Baron Pro Studioでミキシング・エンジニアをしていたKen Lee氏がファンダーとしてFAudioに参加し、ワールドワイドでビジネスを展開し始めます。

設立当初は世界中のカスタムIEMユーザーに対し「リモールド(アップグレード)」や「リシェル」といったサービスを提供しつつ、それと並行して新しいバランスド・アーマチュア型ドライバーの設計開発を大手BAメーカーのKnowles社や中国のBAメーカーと行い、世界中のクライアントに対して技術面から新しいソリューションを発信し続けました。
その後2016年に発表したFAudioとしての処女作「KFシリーズ」は、他社とは異なるユニークなサウンドデザイン、高いコストパフォーマンス、独自のカスタムアートワークなど、高い独自性が業界内で高く評価された事で、FAudioのメーカーイメージをアジア圏でより強固にします。

FAudioのビジョンは「人々が望む正確な音を追求し、イヤホンを通じてそれをカタチにすること」です。
私達は多くの人々から称賛される、私達にしか作ることができない製品を業界のリーディングカンパニーとして作り続けたいと誰よりも情熱を持ち続けています。

 

そんな新進気鋭ブランドの放つイヤホンは全7機種!

【ユニバーサルIEM】

・Passion 9.5mmメディカルファイバーダイナミックドライバー(35,000円前後)

・Minor 10mmメディカルファイバーダイナミックドライバー(72,000円前後)

・Major 10.5mmダブルダイヤフラムダイナミックドライバー(120,000円前後)

 

【カスタムIEM】←Mixwave共同開発モデル!

・Scale ハイブリッド型(1BA+1DD) (66,000円前後)

・Symphony 7BA搭載(173,000円前後)

 

【ユニバーサルIEM/カスタムIEM】←Mixwave共同開発モデル!

・Chorus 3BA搭載(ユニバーサル:55,000円前後 / カスタムIEM:86,000円前後)

・Harmony 5BA搭載(ユニバーサル:87,000円前後 / カスタムIEM:134,000円前後)

 

ユニバーサルIEM・カスタムIEMでの展開です。

Mixwave営業担当M永氏チューニングイヤホンもあるとか!?

こちらも絶対に試すべし!!

 

 

□qdc

<Anole V3>

異なる4つのサウンドを持つ、qdcの新モデル!

qdcはサウンドだけでなく、イヤホン本体の仕上がりがとても美しいのも人気の秘密。

 

 

ということでババッと告知しました、5/13開催の名古屋試聴会。

実はまだまだ出展企業様があるのです…!

これからの告知を見逃すなー!?

けいちゃん
e☆イヤホン名古屋大須店スタッフです。 【愛用イヤホン】 Heir 10.A / UE11pro / 1964-Qi / SE215SPE-A 音楽趣味以外にも自転車、カメラ、ゲームをたしなむ程度に足をつっこんでます。何事もカタチから入るタイプ。 故に万年金欠である。
  

この記事を読んだ人におすすめ