まいど!梅田EST店のかわちゃんです\(^o^)/

 

 

本日ご紹介させて頂くのは

発売以来爆発的な人気を誇る定番のイヤホン

Final E3000&E2000の上位機種がついに発売決定です!

その名も…

 

Final E4000 & E5000

 

2018/5/10 発売予定です!

 

 

 

こちらの商品の注目のポイントは

 

 

-MMCX対応E5000はシルバーコートケーブル!

-新たな機構を搭載することにより更に色付けの無いピュアで繊細な音を実現。

-「E5000」は音楽に包まれるような没入感のあるサウンド。

-「E4000」は目の前に迫るリアリティのあるサウンド。

 

今回もモデルごとに異なるチューニングを施しており

お好みに合わせてお選びいただけます!

 

 

ではでは早速詳細情報をチェックしてまいりましょう!!

 

 

 

メーカー製品情報

 

 

 

「E5000」「E4000」は、累計10万本以上の売り上げを記録した大ヒットシリーズ、E シリーズ(E3000/E2000)初の、MMCX 型リケーブルモデルです。「E5000」には「LAB II」や「FI-BA-SST」等の上位モデルで使用している人気のシルバーコートケーブルを採用しています。

 

ドライバーユニット背面の内部筐体には音響レジスターを搭載し、音質の骨格を決める中低域の特性をコントロール。その先に、低域チューニングの要となる L 字に折れ曲がった空間、アコースティックチャンバーを置くことで、低域の量感とクリアさを両立しました。また、E3000/E2000と同様、最新の音響工学、心理学の研究成果を踏まえ、強調した音域を作らないことで、マスキングされる帯域を作らず 、高い解像度を実現。E3000/E2000と比較すると、より色付けの無いピュアで繊細な音に仕上がっています。

 

「E5000」は音楽に包まれるような没入感のあるサウンド、「E4000」は目の前に迫るリアリティのあるサウンドを特長としています。
全ての音域での解像度を高める為に、音圧は低めとなっています。一聴すると大人しく聞こえますが、その繊細さを感じながら、音圧を徐々に上げていくと、心地良くご試聴いただけます。長く使うほどに良さを感じられる製品となっています。

 

 

特長

 

-Eシリーズ初のリケーブルモデル

-人気のオリジナル高純度 OFC シルバーコートケーブル採用(E5000 のみ)

-低域チューニングの要となるアコースティックチャンバーを搭載し、低域の量感とクリアさを両立

-音響工学、心理学に基づいた音作りにより、ピュアで繊細な音を実現

-独自のイヤーピーススウィングフィット機構搭載

-不要な振動を抑える金属削り出し筐体(E5000:ステンレス、E4000:アルミニウム)

-自社開発の MMCX コネクター

-ハイレゾ対応

 

 


 

 

 

E2000、E3000はエントリーながらハイエンドの風格をも漂わせる素晴らしい製品でした。

今回発表されたE4000、E5000はどういった音質なのか非常に気になります。

この価格帯の新たな定番の機種となるか。。。!非常に楽しみです!早く試聴してみたいですね♪

 

また今回はMMCXリケーブルに対応しているところもポイント!リケーブルすることにより音質を底上げしたり、傾向を変えたりと購入後も色々楽しむ幅が増えました。

 

あとあと、Final製品全般に言える事なのですが、デザインがとっても素敵ですね。

シンプルな中に光る高級感。金属削りだし筐体の質感がたまりません。

 

ではでは早速まで読んで頂いてありがとうございます。

梅田EST店よりかわちゃんがお送りいたしました!

かわちゃん
日本橋本店PR部のかわちゃんです!写真を撮ることが大好きなので、写真を通してイヤホンヘッドホンの魅力をお伝えしていきたいと思います!よろしくお願いします(`・ω・´)b
  

この記事を読んだ人におすすめ