ゆーきゃん

あ、どうも。

お風呂は好きだがすぐのぼせる

奈良県民ゆーきゃんです。

 

先日16日、17日に開催いたしましたポタフェス・・・

ご来場本当にありがとうございました!!

■ポタフェス秋葉原2017■

 

 

余韻に浸りつつ、毎日駆け抜けるように過ぎていくわけで。

朝の秋葉原っていいんですよね。

 

ハイ本題。

みなさん、本日は何の日でしょうか?

シーラカンスの日?

興味ないない・・・

天文学者、ウォルター=シドニー=アダムス氏の誕生日?

すいませんお初にお目にかかりますお名前すらも・・・

 

ちゃうがな!

発売日でしょ!やっと!!

やっとやっとやっと!!

YATT

発売が延期となり絶望の淵に立たされた人も少なくないはず

 

少なからず

僕自身がその一人

この日を待ちに待ち望んだ一人

 

いくしか・・・っ!

 

買うしか・・・っ!!!

ハイドン!!

 

歓喜

やっと!やっとですよほんまに!!

販売が延期になったと聞いた瞬間

絶望の淵に立たされた気分

でしたが(本当にご迷惑をおかけしました)(しかも何回言うねん)

遂に本日発売開始となりました!!

YAMAHA EPH-100の上位機種、EPH-200の登場でございます!!

このブログを書くために、前回の解禁ブログと同じ服装で出勤しました!

【新製品情報】着脱式になり遂に登場!歓喜!!!YAMAHA EPH-200!!【ご予約受付中/11月末発売予定】

 

ご要望の多かった

「着脱式、MMCX化」

を遂に実現したモデルとなります!

といってもただのMMCX端子ではございません!

端子自体はMMCXですが、その周りを覆う樹脂の部分が特殊な形状をしており

「くるくる回って接触不良になっちゃう」というアルアルを解消したうえ

角度を変えられるというハイテクな仕様に!

また凄いのが

特殊端子を採用しているにもかかわらず、他社製のケーブルと互換性があるという点!

最後におすすめをご紹介させていただきます!

 

お先にサクッとイヤピースのご紹介!

デフォルトでダブルフランジ(2ステージイヤピース)が付属されます!

この装着感がたまらなくいいんですよ・・・

1段目が耳道に沿ってドライバーを耳の奥へ、2段目でしっかり耳に固定するという効果があるとのこと!

以前もご紹介しましたが、イヤピースはEPH-100と変わらず5種類付属します!

ポーチも付属!!

使用感も向上してますね!

 

さてさてそれでは装着感の写真をご紹介

ずぼっっっと耳に刺さるように装着する形となります!

先ほどもご紹介したように、イヤピースが5種類ついており

一番小さいサイズは筐体のサイズとほぼ変わらないくらい小さいので

女性の方にもおすすめです。

 

あ、筐体のサイズってこんな感じ

みぐるみ剥がした状態です。

人間でいうとお風呂に入る前、生まれたままの姿ってやつですよフフフ・・・

僕は今日からこの写真を待ち受けにしようと思ってます。

 

この写真からわかるように、MMCX端子が接触する部分は樹脂に対してもフラットなので

リケーブルが可能ということです!

例えばこれ!

 

 

人気リケーブルランキングNO.1のEFFECT AUDIO AresⅡ cable(MMCX to 3.5mm)と組み合わせるとこんな感じ!

筐体がスマートなため、耳掛け式でも問題なく耳の奥へずっぽし!

EPH-100と比べると若干低音の量感が減ったイメージだったので

個人的に全体をぐっと持ち上げ、濃いめに仕上げてくれるこのケーブルとの相性はかなりGOODでした!

 

あとはこんな組み合わせもありあり

 

最近発売になりました!

金色のコーティングが目を引くBeat-Balance Precious!!

フックがないタイプなので、もともとストレートタイプのEPH-200は問題なく使用可!

低音を持ち上げてくれるPreciousとの愛称もよいです。

 

最後に

改めてレビューさせていただくと・・・

下位機種となったEPH-100の良さである

・歪みの少ない低音

・見通しの良い高域

はしっかり継承されており、相変わらず「BAかな?」

と勘違いしてしまうほどのきめ細かさが本当に素晴らしいです。

今回から抜かりなく再生可能帯域「20-40,000Hz」と表記されており

ハイレゾ対応をドヤってくれております。ありがとうYAMAHA!

変化した点とすれば

EPH-100のような独特なシャリというかサラっとした高域は

少しだけ角が取れたような気がします。綺麗な伸び方は相変わらずですが。

あとは低域の量感が少し減ったように感じますね。

線が細ったという表現ではなく、全体的によりすっきり音が広がるようになった印象です。

ジャンルを授けるとすれば・・・

”やんちゃ上がり系慶応BOY”

とかどーですかね?(かなり適当)

EPH-100からの進化ってそんなイメージなんですけど笑

まーわからへんわ!って方はぜひ直接ご連絡ください。

総じて綺麗系に仕上がったEPH-200は

2017年内終盤に用意されたベストバイ商品

ではないでしょうか!

めっちゃ褒めてる!!

 

ということで!

こちらのEPH-200は

本日より発売開始!

全店にてご試聴、お買い上げいただけますので

年内在庫が無くなってしまう前に抑えちゃってくださいな!

 

ではでは(・ω・)ノ

 

 

ゆーきゃん
ハイドン!!の奈良県民。 麻雀はスポーツです。
  

この記事を読んだ人におすすめ